株式や債券など、複数の資産に分散投資するタイプの毎月分配型投資信託

バランス型の毎月分配型投資信託、評価・解説

債券、不動産、株式などの投資対象、あるいは日本や海外など、複数のカテゴリーに対して資産を分散したタイプの投資信託です。初心者から経験者まで、幅広い層で利用できます。

カテゴリー分類できないファンドも、ここに記載します。



管理人が、具体的に中身を評価しているファンド

東京海上・円資産バランスファンド(愛称:円奏会)
スマート・ファイブ(毎月決算型)
JPMベスト・インカム(毎月決算型)
日興アッシュモア新興国財産3分法ファンド毎月分配型(ブラジルレアルコース)
アムンディ・USインカム・エクイティ・ファンド(アルティメット・アメリカ))
インフラ関連好配当資産ファンド(毎月決算型)(米ドル投資型)
財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型


バランス型・毎月分配型投資信託の解説

文字通り、複数の資産を分散させる事で、バランス良く投資できるのが特徴です。

ただし、国内外のいずれかに資産が偏っていたり、特定の資産クラス(債権や不動産など)への投資割合が高かったり、ファンドによって中身が大きく変わります。

パッケージ化されていて便利なように見える反面、中身が皆異なるため、意外と選びにくかったりします。

投資対象の資産カテゴリーを自分で選ぶ事が出来ない方に、使い勝手のあるファンドと言えましょう。


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方