毎月分配型投資信託とは?

投資信託の運用益を、毎月毎月支払ってくれるファンドの事を、「毎月分配型投資信託」、と言います。この仕組みは便利なので、最近では非常に人気が高いです。



①毎月分配型投資信託とは?

文字通り、毎月運用益(分配金)を支払ってくれる投資信託です。



②お金を使う目的の人が利用する、投資信託です

この毎月分配型投資信託ですが、実は将来の資産形成に不向きです

分配金の支払いと同時に20%の税金がかけられますので、財産づくりが目的の人は、無分配型のファンドを選ぶ必要があります。

毎月分配型投資信託は、毎月一定の資金を、計画的に利用する必要のある人に、非常に適しています

この特徴を活用し、リタイア後の年金生活の補てんを目的として、ファンドを購入する人が大変多いのです。

つまり、このタイプの投資信託は「お金を使う目的」のある人にとって、存在価値があるのです。

(もちろん、購入後にファンドの価格が大きく上がれば、売却する事で利益を手にする事も可能です)


⇒次:分配金はどこから来るのか?

 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方