当サイトとしても「おすすめ」できる証券会社はどこか?

毎月分配型投資信託の購入先は、どこが一番良いのか? 数ある証券会社の中から、選りすぐりの数社をピックアップしています。忌憚のない意見をぶつけていますから、参考にして下さい。


SBI証券(当サイト管理人のメイン口座のその1)

SBI証券の凄さは、総合力にあります。ネットで買える投資信託の本数が、楽天証券と並んでナンバーワンです。管理人の妻が、SBI証券のNISA口座でETFを購入しています。当サイト管理人は、SBI証券の個人型確定拠出年金を使っています。現在タイアップキャンペーンで現金2000円がもれなくもらえます!

SBI証券の評価・解説へ

SBI証券の2000円プレゼント企画



楽天証券(当サイト管理人のメイン口座のその2)

2017年後半以降、利用価値が半端なく高まって、今やSBI証券かそれ以上だと判断できます。特に、楽天スーパーポイントで投資信託が購入できるのは凄すぎて、当サイト管理人も直ちに楽天証券で投資信託の購入を始めました。と言っても、ポイント交換で投資信託をゲットしてますから、事実上無料と言う凄さです

楽天証券の評価・解説へ

楽天証券の投資信託



フィデリティ証券

毎月分配金投信をどうしても買いたいというならば、やむを得ませんから、フィデリティ証券から購入してください。口座開設者は、手数料がかかる投資信託も無料で買い付けができる唯一の先です。間違っても、野村證券とか大和証券などから買ってはいけません。

フィデリティ証券の評価・解説へ



マネックス証券

特にこれと言って大きな特徴がある訳でもないのですが、SBI証券と楽天証券が好みでないという人は、マネックス証券が次点になりますね。

マネックス証券の評価・解説へ


 


これ以降に記した証券会社は、日本の三大証券会社です。ネームバリューは抜群なのですが、投資の事を知らない人が下手に付き合うと、十中八九、カモにされてすってんてんになります。要注意先と言っても良いでしょうね。投資は自分の頭で考えなくてはなりません。



野村證券

天下の野村証券ですから、最強といえば最強です。当サイトが問題視しているボッタクリ投資信託の全てを網羅している証券会社です。カモになるので、出来れば避けたい証券会社です。もちろん、何か目的があって野村と接触するのならば、それはそれで良いでしょうが。

野村証券の評価・解説へ



大和証券

野村証券と並ぶ、いわゆる大手証券会社の一角です。基本的には野村証券と同様に、下手に相手をするとカモられるという点で多大な注意が必要です。

大和証券の評価・解説へ



SMBC日興証券

野村証券に肩を並べる証券会社が、ここSMBC日興証券です。ま、この会社にも注意が必要ですね。

SMBC日興証券の評価・解説へ


 
みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方