アムンディ・ダブルウォッチ・・・金融業界も、色々と考えてくるね

(2017年10月時点)

リスク限定型との事で安心感があるのだろう、庶民の注目を集めて1000億円を突破した人気のファンド。毎月分配型投資信託通貨選択型投資信託などで庶民を「魅了」する技に長けた金融業界が、金融庁からお叱りを受ける中に「次」を狙うが如く登場させたタイプの投資信託だ。リスクを怖がる初心者投資家に対しては、「ベスト」な選択肢だ。・・・「ベスト」の意味は、金融業界にとってはだが。

アムンディ・ダブルウォッチ


  • これ以上の低リスク投資信託は他には無いと思えるレベル
  • という事は、これほど儲からない投資信託も他には無いと思えるレベル
  • 儲からない投資信託に最大2%の手数料を取られていたのでは、釣り合いが取れぬ
  • 超怖がりな人が試しに投資をしてみたいという場合の選択肢は他にあり


 


投資初心者のハートをくすぐる、「上手」な投資信託


アムンディ・ダブルウォッチには、上手くできた仕組みがあります。それは、基準価額が一定レベルに下落したら、自動的に繰上償還される仕組みになっている点です。下記チャートを眺めれば、繰上償還の仕組みがイメージできます。

まず、基準価額の最高値の90%の価格が、フロア水準(損切りラインとのイメージでOK)として設定されます。基準価額が上がれば、フロア水準(損切りライン)も上がります。ただし一旦上昇したフロア水準は、下がりません。そして基準価額がフロア水準を下回ると、自動的に繰上償還される仕組みです。

アムンディ・ダブルウォッチのフロア水準と繰り上げ償還


基準価額が右肩上がりに上昇を続けていれば運用は続きますが、下がり始めると運用を止めてお金を返却する事になりますから、現場の営業マンは「儲けは無限大なのに対して損失が発生したとしても最小限度に食い止められます」のようなセールストークで、売りまくっているのではないでしょう。

投資をする時、人間は「儲け」る事の快楽よりも、「損失」に対して極度に苦痛を感じることが、行動経済学の調査で分かっています。このアムンディ・ダブルウォッチなる投資信託は、そんな投資家の行動を上手に利用したという点で、実に上手くできているのです。

つまり、「あなたの考えていることなんか、お見通しですよ」と言われているのに等しい投資信託であり、投資経験のない初心者投資家は十中八九、アムンディ・ダブルウォッチに強く惹かれるのではないでしょうか。これを買った、あるいは買おうとしているそこのあなた、相手の思う壺ですよ。

アムンディ・ダブルウォッチの基準価額と純資産総額の推移


その「壺」というのか、投資のカモがワンサカ集まってきた結果、アムンディ・ダブルウォッチの純資産総額こそが、基準価額と違って最高潮の右肩上がりです。資金がこんなにも集まるという事は、・・・あなたではなくて、これを設計した金融機関が大喜びという訳です。



あなたに怖がられないようにリスクは最小、けれどもリターンも最小ですよ


そもそもアムンディ・ダブルウォッチは、どのような投資対象を選んでどんな方針で運用するのか、具体的な中身をチェックしてみます。主な投資対象は、世界の株式、債券、不動産投資信託証券、短期金融資産です。バランス型投資信託になりますね。

投資先は、私ら個人投資家でも直接買い付けができるETF(上場投資信託)になっています。お宝銘柄を探すのでなく、ETFを組み合わせる方針です。

アムンディ・ダブルウォッチの組み入れ上位10銘柄


現在の資産配分は、8割以上が債券です。さらに、ほとんどが信頼性の高い先進国の債券と現金で占めています。かなり保守的なポートフォリオですし、しかも為替ヘッジされて円高リスクも回避されていますから、「とにかく怖そうなものを全部取り除いちゃいました」というような中身になっています。

アムンディ・ダブルウォッチのポートフォリオ


となると、ここから何が言えるのかというと、投資の世界ではリスクとリターンは表裏一体ですから、ここまで極限に近いレベルでリスクを排除してしまうと、全くリターンなど期待できない、という事になります。

あなたが、「リスクは限定的だから、あとは儲かる一方だね」と考えているとしたら、それは妄想に過ぎない事になるでしょう。現実問題として、設定来から基準価額などほとんど上がっていないのですから。

アムンディ・ダブルウォッチの設定来の騰落率


それでも、「2016年1月末の設定から1年半以上経っての3.38%のリターンならば、定期預金よりもマシだ!」とおっしゃるかもしれません。ここが、アムンディ・ダブルウォッチの商品設計の上手いところです。

投資に慣れた人からするとアホらしさの極致みたいな投資信託なのに、初心者から見るとまるで違った世界に見えてしまうのですから、恐れ入り谷の鬼子母神です。

でも、こんなにも価格の上がらないものを買い付けるのに、100万円買うとしたら手数料で2%、2万円も取られるわけです。年利換算でいきなりマイナス2%ですから、私は定期預金の方がマシだと思いますね。これ以外に信託報酬の1.2%が毎年かかる訳で、金融機関が一番喜ぶような設計になっています。



リスクが少ない投資信託はちゃんと存在します、しかも手数料を取られない


当サイト管理人は、投資になれていなくてリスクを極度に怖がる人のための入り口の投資信託として、三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)(愛称:マイパッケージZERO)をお勧めする事が多いです。DC年金とか書いてありますが、普通に誰でも購入できます。

日本債券に75%、先進国債券に20%、短期金融資産資産に5%を配分するインデックス型バランスファンドで、アムンディ・ダブルウォッチと同等程度のリスク・リターン特性を持っているにもかかわらず、投資家が負担するコストなどは、圧倒的にマイパッケージZEROのほうが低くてメリットが大です。

アムンディ・ダブルウォッチの代替えとなる投資信託とのリターン比較

SBI証券 アムンディ・ダブルウォッチ マイパッケージZERO
税抜の販売手数料(%) 2.0% 無料
税抜の信託報酬(%) 1.2% 0.22%
トータルリターン1年 0.75% 0.71%
標準偏差1年 1.71 1.39


ほとんど成績が変わらない中で、アムンディ・ダブルウォッチは買付時に2%のコストを支払うので、圧倒的にインデックスファンドに惨敗する事になります。

手持ちのお金を増やしたいと思って金融機関に相談にいっても、当ファンドのような高コストファンドを紹介されるだけです。そのようなボッタくりファンドを使わずとも、超低コストなバランスファンドをネット証券で買い付ければ、確実にマトモな投資になると思いますね。



アムンディ・ダブルウォッチの概要


購入手数料上限2.0%(税抜き)
信託報酬年率1.2%(税抜き)
信託財産留保額:なし
償還日:2026年9月4日(設定:2016年1月29日)
運用:アムンディ・ジャパン株式会社



アムンディ・ダブルウォッチの購入先


アムンディ・ダブルウォッチは、以下の証券会社から購入が可能です。代替え案として提示した三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)(愛称:マイパッケージZERO)は、SBI証券と楽天証券の2社で、購入が可能です。

手数料1.62%SBI証券楽天証券フィデリティ証券


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方