アジア好利回りリート・ファンドの今後の評価は?初心者向け解説



明らかな過剰分配である為に分配金利回りが30%を超える時期などあり、猛烈な勢いで資金が集まっている。現在は1000億円超えの人気ファンドに成長。分配金が高い投資信託は人気商品になるための最低条件かもしれない。ただし対象投資先は猛烈に価格上昇が起きているので暴落が怖い。コストも非常に高いために現時点から積極的に投資するのは恐ろしい。

(2014年10月時点)

●総合的に見て、世界のREITに分散投資しているほうがはるかにメリットあり



 


アジア好利回りリート・ファンドを口コミ評価をしてみる

※2013/11~2014/11の成績を元に算出

・運用(価格の上昇含む)利回り19%に対して、現時点までの分配金利回りは18%
・チャートだけで判断すると分配金はぎりぎり健全に見える
・REITからの安定収入が占める割合が、分配金の2割以下である震える現実
・投資先のREITの利回り(実際は5%程度)くらいは把握する努力をするべき
・運用益の積立金もほとんど存在しないので、売却益が出ないと投資原資を取り崩す



アジア好利回りリート・ファンドは、日本を除くアジア各国・地域(オセアニアを含む)の取引所に上場している不動産投資信託(リート)を主要投資対象にしています。

オプション取引為替取引のような複雑な運用手法を採用していない為に、良いと感じます。非常に高額なコスト(信託報酬なんて2%近い)を要求するだけあり、アクティブ運用で運用しているようです。

ですがベンチマーク、参考指数が存在しないために投資信託の是非の判断が出来ない困った状況です。「運用目標が存在しない=どこを目指すのか意味不明」でもりますので、ベンチマークなどが無い投資信託を選ぶ投資家も、目標を失った放浪者ようなものです。

このような状況ですが、2014年11月14日時点の純資産総額は1011億円と資金が急増しています。下記チャートは4/30時点ですが、バブルのような勢いで資金が増えていますね(笑)。理由は簡単で、非常に高水準の分配金利回りでしょう。

アジア好利回りリート・ファンドの純資産推移


一時期は30%近くもの分配金利回り(現在は17%程度)があったので、欲望に駆られた市民が殺到したのだと思います。ですが投資先の利回り平均値は5.8%(この数字自体は高いと思います。)ですから補える訳がありません

実際に内訳を調べると、REITの配当収入が分配金に占める割合は、たったの17%です。2割以下ですからね。かなりの過剰分配です。(詳細は次ページ)

運用益の積立金なぞ存在しないような水準ですから、売却益が無い限り、投資原資を取り崩す事になりますね。

正直、アジアに集中投資するインデックス型のREITが存在しない為に、適切な代替例を提案できないのですが、先進国全体に投資するREITでも十分かと思います。

3年程度の運用成績で見ても良好な結果ですし、そもそもコストが超絶的にカットできる(我々の利益が増える)訳ですから。

この投資信託をセレクトした(あるいはしようとしている)あなた、アジア新興国の不動産市場は上昇する一方だから儲かりそうだと目論んでいるんでしょ?

そのどこから出てきたのか分からないような薄弱な見通しは、他のファンドの運用成績と比べてみることで、ハッキリと間違いだったと分かるかと思います。

アジア好利回りリート・ファンドとSMTインデックスファンドの比較


というか管理人も、まさかアジアのリートファンドが先進国のリートファンドよりも運用成績がヘボいとは、想像していませんでしたよ。

(ただし本来、上記2ファンドはベンチマークが異なるので、比較するようなものではありません。その点は気を付けてください)

タコ足分配を出してるようなアジア好利回りリート・ファンドよりも、SBI証券の投資信託・定期売却サービスを利用してSMTグローバルREITインデックス購入し、配当の範囲内で分配金を得るのが、最も合理的ですね。



アジア好利回りリート・ファンドの概要

購入手数料:上限3.78%(税込み)
信託報酬:年率1.8124%(税込み)(運用管理費用込)
コストが高すぎる!絶対にこれは高すぎだ・・・。

信託財産留保額:なし
分配金の取扱:年12回
資産構成
  SMAM アジア・リート・サブ・トラスト(JPY Uchedgedクラス):99.3%
  現金等 : 0.7%

償還日:2018年9月12日(設定日 2011年9月12日)
運用:三井住友アセットマネジメント株式会社



アジア好利回りリート・ファンドの購入先

アジア好利回りリート・ファンドで分配金を得たい場合、下記の証券会社で購入が可能です。その他の金融機関では手数料がさらにかかる可能性があります。どうしてもこのファンドを買いたいという人は、フィデリティ証券のノーロードキャンペーンを利用すると、手数料無料で買えます。

手数料2.16% SBI証券楽天証券フィデリティ証券野村證券マネックス証券カブドットコム証券


 ⇒関連する記事:アジア好利回りリート・ファンド(トルコリラ)の評価は?

 続き:アジア好利回りリート・ファンドの運用報告書を読み込む
       (やや上級者向けとなります


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方