またか!・・・アムンディ・USインカム・エクイティ・ファンド



りそな銀行が力を入れる新設の専用ファンド。すでにランキング上位に入っており金融機関側の気合が分かる。投資対象を見ると株式以上のリスクを積極的に取るようでリスクを分かっているのか。そもそもコストが驚くほど高いので、投資する価値はまったく無い。
(2015年4月時点)

●新設ファンドの内容が分からない。運用期間の長い実績のある商品を使うべし。



 


なにがアルティメット・アメリカだよ・・・・

アムンディ・USインカム・エクイティ・ファンド(毎月決算型)(愛称:アルティメット・アメリカ)の主要な投資対象は、米国で相対的に高い利回りを獲得する事が見込まれる5つの資産に投資して、安定的な収益の獲得を目指す投資信託です。

アルティメット・アメリカ


高利回り資産の事をインカム・エクイティと呼んでおり(造語?)、好配当株式、リート、優先株式、優先リート、MLP、BDCのそれぞれに投資するようです。

例えば、優先株式や優先リートは議決権がない代りに、高い配当を受け取れます。つまり利回りが高い傾向にあるという事です。

BDCが一番、聞きなれない言葉ですが、主に未上場の中小企業等へ投融資を行う投資法人を示します。この法人に投資するという事ですね。

というかそこのあなた! すでに純資産総額100億円もこの投資信託を買ってるようですが、優先リートとかMLPとか、BDCの事、ちゃんと分かった上で申し込んだんだよね??

 アムンディ・USインカム・エクイティ・ファンド(毎月決算型)(アルティメット・アメリカ)


高い利回りを叩き出すために、そんな投資対象ばかりを選んでるんでしょうけど、BDCとかMLPなんかは、クズ債券であるハイ・イールド債券並の利回りになっている点が、非常に気になります。

特にBDCは、ハイ・イールド債を凌駕する数値ですからね。利回りが高いという事は、それだけリスクが高いという事になります。

アムンディ・USインカム・エクイティ・ファンド(毎月決算型)(アルティメット・アメリカ)の投資先資産の利回り比較


下記のリスク・リターンの図を見ると、MLP、BDC、リートなどの資産が、株式よりも非常に大きなリスクである事が示されていますね。

ただ管理人、下記ではハイ・イールド債券のリスクが過小評価されているのではないかと、疑っています。このような営業資料は、疑ってかかった方が良いです。

だいたいこの図、リーマンショック後に市場が大底を付けてから今までの期間で計測していること自体、何か作為じみたものを感じますよ・笑。

相場の底から投資を始めて、今のような相場の最高値圏まで運用できたこと前提の資料なんて、全幅の信頼を寄せてはいけません。

米国の資産別リスク・リターン比較


このポートフォリオの予想配当利回りは、5%程度のようです。恐らく、過剰分配でも行って分配金利回りを大きく見せて、資金を集めると思います。

金融危機のような有事の際には、想像を絶する価格の暴落が発生するという事は認識しておいた方が良いですね。というか、こんなリスクの高い対象に投資する必要は無いと思います。

アムンディ・USインカム・エクイティ・ファンド(毎月決算型)(アルティメット・アメリカ)の資産別構成比率


繰り返しますが、上記のポートフォリオを見て(特に左)、あなたがこのような投資対象をセレクトする必要性があるのか、胸に手を当ててよーく考えてみて下さい。

一般の投資家にとって、優先株式やらBDCやらMLPなんて、全く不要の存在です。投資の事がロクに分かっていないあなたが、あえてこれを購入しなくてはいけない合理的な理由があるのかどうか、冷静になる事です。

大体こういう複雑怪奇な投資信託は、数年経ってから運用成績を見返してみると、素直に世界中の「普通の」株式や債券に分散投資していた場合に比べて、著しく劣るものです。

「中身は良く分からないけど、なんとなく儲かりそう」な銘柄に手を出して、金融機関の絶好のカモにならない事を、ただただ祈るばかりです。



アムンディ・USインカム・エクイティ・ファンドの概要

購入手数料:上限3.24%(税込み)
信託報酬:年率1.8784%(税込み)(運用管理費用込)
信託財産留保額:なし
  初年度のコスト、5%以上かよ!こんな超高コストの投信に仕立て上げるなんて!

分配金の取扱:年12回
償還日:平成32年2月14日(設定日 平成27年3月20日)
運用:アムンディ・ジャパン株式会社



アムンディ・USインカム・エクイティ・ファンドの購入先

アムンディ・USインカム・エクイティ・ファンド(毎月決算型)(アルティメット・アメリカ)で分配金を得たい場合、りそな銀行グループでのみ、購入が可能です。

それにしてもですよ、出来たばかりの投資信託なんて、ファンドマネージャーの腕前なんて全く分からない訳で、そんな投資信託を購入する気が知れません。。。

手数料3.24% りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行


ここからは広告ですが・笑、上記のような商品を買い付ける愚を犯すより、世界全体に分散投資して、資産をゆったりと着実に増やす方が良いと思いますが。(コストだって、0.7%ちょいですよ。)

セゾン投信の哲学(セゾンの社長からの動画メッセージ)
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
(お勧めできるファンドの解説動画。ファンドマネージャーが直々に解説)


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方