米国リバーサル戦略ツインαネオ(毎月分配型)の評価やいかに?

(2015年5月時点)

ファンド設立時に260億円近くも資金が集まった人気の毎月分配型投資信託。投機的な運用手法であるオプション取引を積極的に取り入れた投機的金融商品。投機である点を理解できていないなら数年後には想像を絶する損失を被る可能性もある。その上、運用期間がたったの5年間であるため、どう考えても回転売買用の商品としか思えない。


 

米国リバーサル戦略ツインαネオが、どういう投信なのかの本質

米国リバーサル戦略ツインαネオ(毎月分配型)は、回転売買用の投資信託として大和証券が販売に力を入れている、投資価値が全く無い投機的な金融商品です

これからご説明する細かいお話は理解せずとも、投機的でデンジャラスな、カモ投資家を狙い打ちにした「珠玉の一品」と認識頂ければ十分でしょう。

米国リバーサル戦略ツインαネオ(毎月分配型)


さて当ファンドは、「個別企業のファンダメンタルズを勘案した逆張り戦略を活用して米国の株式に投資」する、アクティブ運用型の投資信託です。参考指数はS&P500株価指数です。

ファンドマネジャーが積極的に運用している割に、運用期間がたった5年間しかない、明らかに回転売買を促す目的で商品化された商品ではないかと疑います。

米国リバーサル戦略ツインαネオがやっている事と言えば、投機的でギャンブルに近い取引であるオプション取引を乱用しています。株式カバードコール戦略では、米国株価指数(S&P500指数)のコールオプションを売却して、通貨カバードコール戦略では米ドルのコールオプションを売却します。

簡単に言うと、定期的なインカムゲインを獲得する事は可能ですが、全ての利益を吹き飛ばす、多額の売買損失が発生する可能性が非常に高い、投機的な運用なのです。

その上、株式のオプション取引の金額を機動的に変更すると豪語しています。成長戦略(株価上昇局面)ではカバー率を50%、待機戦略(株価下落局面)ではカバー率を100%に変更するという事です。今まで機動的に運用してきたファンドで、運用成績が良い結果を見た事が無いのですが・・・。

投資環境に応じた戦略の変更について


そんな夢物語が実現できますよと、わざわざ過去のデータをシミュレーションして、投資家に提示しています。こんなバックデータ、技術屋の手にかかればいとも簡単に製造可能だという事は、頭の片隅に記憶しておいて頂いた方が良いでしょう。

米国リバーサル戦略ツインαネオ(毎月分配型)のパフォーマンスシミュレーション


ダメ押しは、下記のような収益予想でしょうか。待機戦略時にはオプション取引だけで、年率30%近い利回りが実現できるらしいです。株式の年率パフォーマンスは7%程度と言われる中で、30%が実現できるとすれば、確かにお宝銘柄でしょうね。実現できれば・・・ 。

米国リバーサル戦略ツインαネオ(毎月分配型)の収益のイメージ


こんな利益が本当に実現できるならば、あなたがこんな投資信託を買わなくとも、世界一の投資王、ウォーレン・バフェットが大枚を叩いて全力買いしてきます。

現実にはそんなことは無くて、大和証券が全力であなたにこれを買わせようとします。どうしてそのような事になるのか、胸に手を当ててよく考えてみて下さい。

すでに分配金も、120円も出し始めていますから、過剰分配を実施して分配金利回りを高い水準にするのでしょう。2015年4月23日時点で、390億円の資金になっていますから、今後も中身を理解していない投資家のお金が、大量に集まりそうですね!

というか、この投資信託、中身が難しすぎて、解説されてもよく分からなかったと思います。中身が分からないものに投資してはならないのは、投資の大原則です。



米国リバーサル戦略ツインαネオ(毎月分配型)の概要

購入手数料:上限3.24%(税込み)
信託報酬:年率1.963%(税込み)(運用管理費用込)
信託財産留保額:0.2%
分配金の取扱:年12回
償還日:平成31年12月5日(設定日 平成26年12月12日)
運用:大和住銀投信投資顧問株式会社

金融機関にとってはノーリスクで、初年度に5%、毎年2%近い手数料を一般市民から巻き上げる事が出来る訳ですから、毎月分配型投資信託って、本当にドル箱商品ですよね。

投資家にとっては、ハイリスク&ハイコストの部分は、買う前から確定していますので、実に割に合わない投資になります。



米国リバーサル戦略ツインαネオ(毎月分配型)の購入先

それでも米国リバーサル戦略ツインαネオ(毎月分配型)を購入したい場合、手数料3.24%も支払って、大和証券から購入しましょう。


 


この投資信託のお問い合わせや口コミ投稿などは、こちらからお寄せ下さい

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方