分配金と個別元本の計算をしてみる

毎月分配型の投資信託を扱うのであれば、個別元本の意味をしっかりと理解する必要があります。

さらに個別元本だけではなく、分配金の仕組みとの関係もしっかりと理解しておかないと毎月分配型投資信託の罠にまんまと引っかかる、カモ投資家から卒業できません。本コンテンツでは最初に個別元本の解説から始めたいと思います。



個別元本について

自分自身の投資信託の含み益や、実際に分配されたお金が普通分配金なのか特別分配金なのかを判断する際に、自分が保有している投資信託の購入時の値段が必要です。

更に、追加購入も可能な投資信託が多いため、自分自身の購入価格が複数ある場合は、値段が分からなくなってきます。

このように、複数回に分けて購入、または解約した自分自身の投資信託の値段(投資資金)を表したものを、個別元本と呼びます

この個別元本には、購入時の購入手数料などは含まれませんから注意して下さい。 個別元本の計算式は下記のようになっています。
(※要注意:特別分配金による元本の払い戻しを考慮しない場合)




少々分かりづらい所があるかと思いますので、簡単な例で理解を深めましょう。

基準価額10,000円で10口購入 ・・・・ 10口の個別元本10,000円
追加で基準価額 9,000円で10口購入 ・・・・ 20口の個別元本 9,500円                           { (100,000+90,000)÷ 20 }

個別元本は、投資信託に投資した事による損得の確認に必ず必要ですので、しっかりと理解しましょう。



 


分配金によって元本割れが発生??

通常、投資信託などの金融商品を購入した後に、運用に失敗して購入価格より低い価格になると元本割れ、つまり損失が発生します。元本割れの正式な意味合いを確認してみましょう。


(引用元:kotobank


つまり、投資信託を購入後、売却した際に投資資金を100%回収できない場合それは全て元本割れ、損失が発生という事になります。

この場合、分配金の利益は考慮しません。あくまでも投資対象の売買によって損益はどうなるか?という視点になります。

実は毎月分配型の投資信託では、運用の失敗による損失以外で、高確率で元本割れが発生する可能性があります。それは、どのような時でしょうか? なんと、特別分配金を出した場合に元本割れが発生するのです。

普通分配金であれば利益から出しますから問題ありません。ですが、特別分配金を出した場合には、我らの投資資金から分配しています。そのため特別分配金を出すと、我らの個別元本も修正されてしまいます。ここで正式な個別元本の計算式を下記に記載しましょう。




証券会社のHPに記載されている個別元本は、特別分配金が出るたびに修正(減額)されているはずです。

そうすると、投資信託を売却した際に必ず当初の投資資金を下回りますから元本割れが発生するのです。下記の分かり易いイメージ図を見て、理解を深めてください。


(引用元:みずほ銀行


このように、特別分配金を出すたびに個別元本は修正され、減額していく事をしっかりと理解しましょう

何度も言いますが、特別分配金は利益でも何でもなく、単純に投資元本の払い戻しをしているだけですからね




毎月分配型投資信託・必須の用語集
毎月分配型投資信託コラム


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方