ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)は完全アウト商品

(2015/2~2016/2の成績を元に算出、2016年2月時点)

ここ1年で分配金利回りが2倍になり30%台に到達。一見すると大儲けできそうな状況に欲望丸出しのカモ投資家が集まり始めて、大和証券のランキングに顔を出した一品。実態はクズ債券とリスクの大きい新興国通貨の為替取引を抱き合わせた投資価値の無い商品。参考指数にも負けており、内部で多額の売買損失が積みあがっている事を考慮すると、手出し無用。

  • 運用(価格の上昇含む)利回り約▲35%に対して、現時点の分配金利回りは30%
  • 圧倒的な過剰分配としか思えないが、なぜか分配原資に問題無いとの記述
  • 損益状況を調べてみると、売買損失が膨らんでおり、多額のキャピタルロスが発生し続けていると思われ、今後も基準価額が下がり続ける予感

 


ハイイールド債券のことを「高金利社債」という時点でアウト

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)~ハイイールドファンド~ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)は、倒産する可能性の高いクズ債券であるハイ・イールド債券を投資対象にしています。本来こんなものは、個人投資家が気軽に投資する対象ではない。

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)~ハイイールドファンド~ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)


しかも、「投資不適格債券」と呼ばれるハイ・イールド債券の事を、「高金利社債」と命名する姿勢を見ると、何も知らないカモ投資家の方を狙い撃ちにしているとしか思えないです。

債券の構成を見ると、格付が非常に低くてリスクが高いと分かるのですが、そうと感じないのであれば明らかに知識不足ですから、当ファンドとは縁を切るべきです。

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)~ハイイールドファンド~ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)の格付け別構成



運用目標の参考指数を大幅に下回る、ヘボすぎる成績にアウト

投資信託としての運用目標は、参考指数として「BofA ML US.HighYield Master ⅡConstrained」を提示しています。ダイワ米国高金利社債ファンドはアクティブファンドと呼ばれるもので、市場の平均値である参考指数を上回ることが求められます。

しかし残念ながら、参考指数に対してダイワ米国高金利社債ファンド(ここでは為替取引のないタイプの米ドルコースを比較例として掲載)の運用成績は、圧倒的に惨敗しています

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)の米ドルコースと参考指数との運用成績の対比



ブラジルレアルの為替取引で余計なリスク、これもアウト

さらに当ファンドは、多額の分配金を「表面的」に出せるように見せかけるために、ブラジル・レアルを利用した為替取引も組み込んでいます。ブラジル・レアルの金利は14%近くあるために、多大な利息が安定的に手に入りそうに錯覚します。

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)~ハイイールドファンド~ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)におけるブラジルレアルの金利


投資先のハイ・イールド債券から得られる収益は年率9.7%となっていますから、通貨取引で得られる金利差の収益と合わせて、約24%の利回りになります。机上の計算だけで見ると、物凄い利益を生んでくれる「お宝資産」に見えることでしょう。

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)の債券ポートフォリオ特性値


しかし、債券からの収益はともかくとして、為替からの金利収入でウハウハ喜んでいるようでは、単なるバカ者です。円とブラジルレアルの為替レートがもしも同じだとして、14%もの金利が実現してしまうと、「タダで飯を食っている」状況になるからです。

世の中はそんなバカ者の存在は、決して許されないようにできていて、高金利の通貨は安く(=円高)なることによって必ず調整されます。

為替部分で利回りが14%あり、その利息をきっちり受け取っているとしたら、その裏ではその利息分を相殺するような損失が生まれることを、知っておかねばなりません。

ブラジルレアル為替が上下に大きく変動するリスクを余計に取りながら、実は金利収入の14%なんてアテにできないのですから、全くアホらしいとしか思えません。



全く無関係なブラジルレアルの為替取引を組み込み、余計なリスク

実際に分配金利回りは、30%台にまで達しています。1年のトータルリターンがマイナス30%以上なのに、分配金利回りがプラス30%なんて、明らかに実現性のない水準で、これを見るだけで投資すべきものではないと、普通は分かりそうなもんです。

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)~ハイイールドファンド~ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)の分配金利回りの推移
(基準価額の下落が大きい要因なのですが、金融商品として分配利回りが年率30%台に到達する商品がまっとうな代物とは、とても思えないです。)


しかし運用報告書から分配原資の内訳をチェックすると、なぜか毎月の収益で補えられているように記載されています。どう考えても、オカシイと感じます。

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)~ハイイールドファンド~ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)の分配原資の内訳


で、気になったら詳細を調べる事は投資家としての責務なので、もうちょっと見てみましょうか。損益の状況を見てみます。

すると、配当収益を遥かに超える売買損益が発生しており、繰越損益金の損失額が、毎月膨れ上がっています

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)~ハイイールドファンド~ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)の損益の状況


おそらく、多額のインカムゲインを得る代わりに、裏で相当な売買損失が発生しているのではないでしょうか? 

だとすると、いくら分配金を受け取っても、基準価額がひたすら右肩下がりになるに決まってます。全く、儲かるわけがありません。こんな不透明な投資対象に資金を投入する気には、到底なれないです。



ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)の概要

購入手数料:上限3.24%(税込み)
信託報酬:年率1.9064%(税込み)
信託財産留保額:なし
分配金の取扱:年12回
償還日:平成32年10月13日(平成22年10月13日)
運用:大和証券投資信託委託株式会社


見てきた通り、投資信託としてはあまりにもゲスの極みです。こんなもんに多額の購入手数料を支払い、驚きの年率2%近い信託報酬を支払うなど、買う奴はまるでベッキーですな。



ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)の購入先

ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)~ハイイールドファンド~ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)をどうしても買いたいのであれば、仕方ありません。愚か者の刻印を押されながらも、大和証券にコンタクトを取りましょう。


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方