大和住銀DC日本株式ファンド・・・平凡以下の成績で、投資する意味は無い

(2018年4月時点)

配当込みのTOPIXをベンチマークとするアクティブ運用の投資信託だが、運用成績があまりにも平凡以下すぎて役に立たない。それなのにコストが非常に高く、このようなものを確定拠出年金で買い続けると、ひたすら金融機関を喜ばすだけである。

大和住銀DC日本株式ファンド


  • 運用目標のベンチマークに負けており、インデックスファンドと同じ成績
  • コストがかなり高く、これを一生涯積み立てるのは金の無駄だ
  • 資料を読んだだけでは運用方針を理解できないのも問題点


 


客に全く説明する気が無いように思えるアクティブ運用の投資信託


確定拠出年金専用の大和住銀DC日本株式ファンドは、国内株式を投資対象とするアクティブ型の投資信託です。信託報酬が1.1%の高コストファンドですから、運用パフォーマンスの良し悪しが投資判断の決め手となります。

中長期的にベンチマークとなるTOPIX(配当込み)を上回る運用成績を目指しますので、銘柄の選択方法や、ポートフォリオの構築プロセスを確認しておきましょう。

大和住銀DC日本株式ファンドのポートフォリオ構築プロセス


・・・って、誰がこんなもんを見て理解できるんだよ!? こういう、人の事を全く考えていないような説明を平気でするような投資信託は、基本的にロクなものではありません。

結局のところ銘柄の選定は、株価が割安だと思えたなら買い付ける、バリュー投資の手法というだけです。 市場環境や個別株のリスクが大きくなった場合には、ポートフォリオの調整をするようですので、よく見かけるアクティブファンドとの印象です。



調べてみると「平凡以下」の運用成績であり、投資価値は無い


実際に、保有する上位10銘柄を見てみると、知名度のある大企業ばかりが並んでいます。こういうアクティファンドの運用成績はインデックスファンドと同等以下になることが多いので、不安を感じます。

大和住銀DC日本株式ファンドのポートフォリオ


運用成績の優劣は、こういった細かいことを調べるよりも、大和住銀DC日本株式ファンドとベンチマークのパフォーマンスを比較するだけで、アクティブファンドとしての価値が一発で判断できます。

ところが残念なことに、金融機関が用意する資料には、ベンチマークとの比較情報が一切ありません。そこで、一般の証券口座で普通に買い付けできる国内株式指数ファンド(TOPIX)とパフォーマンスを比較してみました。

( TOPIX(配当込み)に連動するインデックスファンドとしての運用歴がとても長く、長期の成績も比較できるため、比較対象として選んでいます。今現在ならば、もっと低コストのインデックスファンドが販売されていますので、 国内株式指数ファンド(TOPIX)は買わなくても良いです。)

大和住銀DC日本株式ファンドと、TOPIXインデックスファンドとのリターン比較


パフォーマンスを見た感じだと、ほとんどインデックスファンドとは運用成績が変わらないようです。5年で見ると、インデックスファンドに負けてしまっています。

この両者の信託報酬の差は0.7%ですので、コストが高い分、大和住銀DC日本株式ファンドはそっくりそのまま、インデックスファンドに負けてしまっている印象ですね。

というか、インデックスファンドの運用成績と言うのは、コストの分だけ配当込みTOPIXに劣る事になりますから、そのインデックスファンドと同等かそれ以下の成績と言う事は、明確に、大和住銀DC日本株式ファンドはベンチマークに負けている投資信託だと判断できます。

このように、アクティファンドは長期の運用では不利になることが多いですから、よほどの好成績を出している投資信託以外は、無視してしまって構いません。

大和住銀DC日本株式ファンドは、SMBC日興証券、三井住友銀行、三井住友信託銀行、大和証券やみずほ銀行の確定拠出年金(個人型のiDeCoを含む)で取り扱いされています。大和住銀DC日本株式ファンドの代替え対象としては、ラインナップされているTOPIX連動型のインデックスファンドで十分です。

もしもどれを選んで良いのか分からない場合は、当サイト管理人までQ&Aコーナーを通じてご質問ください。しっかりと中身をチェックして、ご回答を差し上げます。



大和住銀DC日本株式ファンドの概要やコスト情報


購入手数料:なし(ただし確定拠出年金口座の管理運営コストは別途かかります)
信託報酬年率1.1%(税抜き)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(毎年11月19日)
償還日:無期限(設定・平成13年9月21日)
運用:大和住銀投信投資顧問株式会社


個人型の確定拠出年金を選ぶならば良質なサービス多数!個人型iDeCo(イデコ)完全比較のページも、あわせてご確認ください。


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方