DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式・・・長期運用に値せず

(2017年12月時点)

日本を除く先進国株式に投資するアクティブ型の投資信託。一瞬、ベンチマークよりも成績が良いのかと思ったが、配当込みベンチマークとフェアな条件でパフォーマンスを比較したところ、ダメダメな運用成績だったのでがっかり。今はDC専用のファンドのみが運用されているが、運用コストも高く、投資する意義がまったく見当たらない。

DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式


  • 運用目標のベンチマークに事実上負けている状態
  • インデックスファンドに勝てていない=買う意味は全く無し
  • コストかなりの高さであり、まさに踏んだり蹴ったりです


 


「良いとこどり」をするかのような運用方針が活かせているのかどうか


DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式の投資対象は、日本を除く世界の主要先進国株式です。ベンチマークとして、MSCI コクサイ・インデックスを設定しています。 このベンチマークを中長期で上回る成績を目指す、アクティブファンドとなります。

運用方針として、成長株や割安株に特化せず、柔軟に銘柄を選定する投資スタイルのようです。アクティブ運用ですから、運用成績の優劣を確認する事が、投資判断をするうえで最も大切です。

運用報告書を見るとベンチマークに勝っているように見えますが、実はこれだけで判断するのは不十分です。 なぜなら、DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式はの基準価額は配当金込みなのに、ベンチマークは分配金を含まない数字であり、これらを比較するのはフェアではないのです。

DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式の基準価額とベンチマークとの差異


ということで、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)をベンチマークとする、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドと比較してみましょうか。

両方とも配当込みの条件でパフォーマンスの比較ができるので、DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式の真の実力を知ることができます。結果は以下の通りになり、直近3年でインデックスファンドに負けています。ということは配当込みベンチマークにも負けている事になり、投資価値は無いなとの結論になります。

DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式とインデックスファンドとのリターン比較


DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式は、確定拠出年金専用ファンドです。たとえば日本生命の個人型iDeCoなどで、買付することができます。日本生命のiDeCoを利用するならば、ラインナップに加わっているDCニッセイ外国株式インデックスへの代替をおススメします。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドのDC版になり、信託報酬も、DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式のの1.8%に対してDCニッセイ外国株式インデックスはわずか0.189%となり、コスト差の分だけ余計にインデックスファンドのほうが有利です。



DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式の概要やコスト情報


購入手数料:なし(ただし確定拠出年金口座の管理運営コストは別途かかります)
信託報酬年率1.8%(税抜き)
信託財産留保額:なし
決算:年1回
償還日:無期限(2001年11月30日設定)
運用:ニッセイアセットマネジメント株式会社


繰り返しになりますが、コストが異様に高いのに、超低コストのインデックスファンドに負けている時点で、全く投資価値はありません。ただちにインデックスファンドに乗り換えると良いでしょう。



DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式の購入先


DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式は、日本生命以外にも、地方銀行の個人型確定拠出年金などで購入する事ができます。ただし当然、買うようなものではありません。個人型を選ぶならば良質なサービス多数!個人型iDeCo(イデコ)完全比較のページも、あわせてご確認ください。


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方