DC日本株式エクセレント・フォーカスは平凡すぎる投資信託で意味なし

(2017年10月時点)

エクセレント・フォーカス、まさにカモ投資家ウケしそうなネーミングだが、単純に国内株に投資するアクティブファンドです。厳選された投資をするらしいが保有銘柄は大企業ばかり。案の定、ベンチマークに勝てておらず、はるかにコストの低いインデックスファンドに負けている有様であり、買う意味がありません。

DC日本株式エクセレント・フォーカス


  • 運用目標の配当込みのベンチマークに長期で負けている状態
  • インデックスファンドにも勝てていないので、買う意味は全くなし


 


DC日本株式エクセレント・フォーカスの組み入れ銘柄を見た感想


DC日本株式エクセレント・フォーカスの中身は、名称を聞いただけでは全く想像できませんよね。実は運用や投資先は至ってシンプルで、単純に日本株へ投資するアクティブ型の投資信託です。ネーミングが分かりやすいような分かりにくいような、何とも言えない品物です。。。

となると、この投資信託を買うかどうかの判断は、ベンチマークのTOPIX(配当込み)を凌駕する運用成績を実現できているのかということですね。

以下のような「フォーカス投資」と呼ぶ手法が運用コンセプトのようですが、特に目新しさはありません。全上場銘柄の中から、長期的に成長する銘柄を厳選するようです。ま、こんな事は株式投資をする上ではごく当たり前の事のような気がしますけどね。

DC日本株式エクセレント・フォーカスの運用プロセス


実際に「厳選」された銘柄をチェックしてみると、任天堂、ソフトバンク、三菱UFJなど、ほとんどが聞き覚えのある大企業ばかりです。大企業のパフォーマンスは平凡になる事が多いからですから、これで配当込みTOPIXを本当に上回る運用成績が出せるのか、どうも疑わしいような気がします。

DC日本株式エクセレント・フォーカスの組み入れ上位銘柄



インデックスファンドに勝てていないのを見ると、投資価値なしと判断


DC日本株式エクセレント・フォーカスで「厳選」された銘柄で運用されて、実際のところはどうだったのかをチェックしましょう。こういう時は、インデックスファンドと比べてみれば、一発で実力が分かります。

下記、<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド(信託報酬0.18%)に比較すると、設定来でリターンが劣っているのが分かります。つまり、投資価値はありません

DC日本株式エクセレント・フォーカスとTOPIXインデックスファンドとのリターン比較


DC日本株式エクセレント・フォーカスは確定拠出年金専用ファンドですから、実際にはお使いの確定拠出年金口座のラインナップの中から、TOPIXに連動するインデックスファンドを選んで下さい。

そうすれば、ニッセイのインデックスファンドとほとんど同じ結果になります。もしも確定拠出年金のファンドラインナップがイマイチであれば、SBI証券、楽天証券などに乗り換える事を強くおススメします。



DC日本株式エクセレント・フォーカスの概要やコスト情報


購入手数料:なし(ただし確定拠出年金口座の管理運営コストは別途かかります)
信託報酬年率1.25%(税抜き)
信託財産留保額:な0.3%
決算:年1回
償還日:無期限(平成15年1月31日設定)
運用:三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社



DC日本株式エクセレント・フォーカスの購入先


あいおいニッセイ同和損害保険、損保ジャパン日本興亜DC証券、みずほ銀行、三井住友海上火災保険、 三井住友信託銀行などの企業型確定拠出年金、あるいは個人型のiDeCo口座にて買い付ける事になります。

企業型確定拠出年金は個人では変更できませんが、個人型を選ぶならば良質なサービス多数!個人型iDeCo(イデコ)完全比較のページを確認いただくと良いでしょう。


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方