DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコースの評価

(2015/1~2016/1の成績を元に算出、2016年1月時点)

短期間で投資資金が1100億円近くも集まる超人気ファンド。ゆうちょ銀行で販売されているので、全国のご高齢者の方がけっこう買わされていると思われる。中身といえば超絶な過剰分配によって分配金利回りが水増しされている事が判明。受け取っている分配金は利益ではなく自分自身の投資元本だと分かっているのか? 当然ながら投資価値は全く無い。

  • 運用(価格の上昇含む)利回り約▲5%に対して、現時点の分配金利回りは5%
  • 債券からの収益で分配金が出ておらず、猛烈な過剰分配が発生している
  • 手に入っている分配金は、すべてご自身の資産である可能性が非常に高い

 


唯一、投資対象としてはそう大きな問題があるわけではない

何となく潰れそうにない分野の企業の、さらに安全そうな債券に投資するという事で、安全・安心に分配金を得たいという、欲が無さそうで強欲な期待感を持っているカモ投資家の、注目を集めています。

まさに、そのような需要に応えるために設立されたのが、DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)といってよいでしょう。

DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)


債券系の投資信託を選ぶ場合は、信用度が高く、分散が効いている商品を選ぶべきです。そのような意味では、世界各国で信頼度の高い公益企業や公社が発行する債券に投資する運用コンセプトは、悪くないと感じます。

ただし電力・ガス・水道等を供給する企業群に投資するテーマ型の投資信託である点は、マイナス評価です。特定のセクターに集中投資する事になり、分散効果によるリスク低減が見込めないからです。

公益企業とは


一時期流行した、クズ債券であるハイ・イールド債券に比べて、圧倒的に信頼性の高い債券である点は確かに魅力的です。投資適格債券である上に、投資対象の公益事業のデフォルト率も非常に低く、安全性を追求する個人投資家の心を鷲掴みしそうですね。

公益債券のデフォルト率や他のセクターとの比較


加えて、投資先からの配当利回りもそこそこ良好で、ここまで見てきただけでは、まずまず良好な投資信託のように見えます。

公益債券の利回りの水準


ただし、投資信託の運用目標がどこにあるのか、ベンチマークや参考指数が存在しません。これでは、当ファンドのファンドマネージャーの腕前が、クソなのか達人の域なのか、判断が出来ません。(一部、汚い表現がありまして申し訳ございません)

これまで数多くの投資信託をチェックした管理人の経験からすると、運用目標を設定しないファンドの成績は、お寒いものになることが非常に多いです。

⇒参考:ベンチマークや参考指数が無い投資信託はロクデモナイぞ



分配金履歴を見て、このファンドはクズだと気付いた

当ファンドの分配金利回りは、5%(2016年1月時点)です。リスクの低さを考慮すると、ものすごく高いと感じます。

保有している債券から得られる利回りは3.5%程度であるし、そこからコスト(信託報酬)が2%近くも支払われるので、ほとんど収益が上がらないはずです。

DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコースのポートフォリオ特性値


それなのに、分配金利回りが5%になるなんて、明らかに変ですよね??

DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコースの分配金利回りの推移


当然ながら、疑問に思ったら詳細を調べる事が、個人投資家としての責務です。運用報告書に記載されている分配金の内訳をチェックしてみたところ、驚愕の事実に腰を抜かしそうになりました。

なんと分配金の中身は、債券からの収益でまったく補えずに、明らかに資産を取り崩して分配されている状況です。

DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコースの収益分配金及び分配金の内訳


毎月の分配金、40円をねん出するのに、毎月の配当金などでは全くカバーできていない事が、ハッキリと記されています。利益だと思って受け取ったあなたの分配金は、単純にあなたが投資した資金が返ってきているだけという事です。タコ足分配です。

購入手数料と信託報酬を支払った挙句、資産運用のリスクも背負っています。これで基準価額まで下落したら、大きく損しているという事です。見たくない現実でしょうが、一応見てみますか・笑?

DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコースの基準価額の推移


去年の1月から、10%ほどの下落ですね。分配金を再投資したと仮定しても青線ですから、この1年間は報われない人が多数いるという事ですね。気の毒ですが、これが現実です。



DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコースの概要

購入手数料:上限3.24%(税込み)
信託報酬:年率1.6552%(税込み)
信託財産留保額:なし
分配金の取扱:年12回
償還日:無期限(平成21年4月30日)
運用:ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社

投資信託選びの基礎の基礎として、投資先の中身や過剰分配云々以前に、購入手数料がかかる時点でNGです。信託報酬も1%未満のものを選ばないとダメです。

途中に書いたとおり、配当金利回りが3.5%なのに、そこから1.65%も信託報酬を抜きとられたら、こんなもん投資と言えるんですか? 頭冷やして、もう一度考えましょう。



DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコースの購入先

DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコースでどうしても分配金を得たい場合、下記の金融機関の手数料が一番安いです。フィデリティ証券のキャンペーンを利用すると、手数料が無料になるので、せめてフィデリティですかね。

手数料2.16%SBI証券フィデリティ証券、ゆうちょ銀行、カブドットコム証券


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方