フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン・・・これは酷すぎる

(2018年1月12日追加)

日本を含む先進国の株式に投資するアクティブ型の投資信託だが、為替ヘッジの有無に関わらず、ベンチマークに圧倒的に大敗している投資価値の無い商品だった。コスト面も含めて考えると、久しぶりに見る「あまりにも酷い投資信託」である。見ていて憤慨するレベルだな。

フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン


  • 超高コストなのにヘッジの有無に関わらずベンチマークに大敗の失格投資信託
  • 信託報酬が約2%も取られるというのは、トップクラスの高コスト投資信託
  • 確定拠出型年金でこんなものを買うのは、負け戦に出るようなもの


 


本ページでは為替ヘッジ付きと為替ヘッジ無しの、両方のコースを解説します


フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンの投資対象は、日本を含む先進国の株式です。

ベンチマークであるMSCI ワールド・インデックス(税引前配当金込/円ベース)を上回る運用成績を目指す、アクティブ運用の投資信託となります。 (限定為替ヘッジ運用時のベンチマークは、MSCI ワールド・インデックス(税引前配当金込/円ヘッジ指数)となります。 )

この投資信託は、以下、為替ヘッジ(限定為替ヘッジ)があるAコースと、ヘッジの無いBコースがあり、更にそれらの確定拠出型年金向けのラインナップがあります。しかし本質的なところは同じですので、本ページにてそれらをまとめて解説します。

・フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン Aコース(限定為替ヘッジ)
・フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン Aコース(限定為替ヘッジ)(確定拠出年金向け)
・フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)
・フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)(確定拠出年金向け)




アクティブ投信の存在価値はベンチマークに勝利する事ただひとつだが・・・


さて、フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンはアクティブ型投資信託ですので、当然、銘柄の選定力が重要ですし、株式の組み入れ比率などは「市況動向等により弾力的に変更を行なう場合がある」と明記されています。機動的に銘柄や資産配分比率などを入れ替える事になるのでしょう。

ただ、このような投資戦略で本当に良いパフォーマンスを出し続ける事ができるのかは、誰にも分かりません。そこで投資家はシンプルに、「ベンチマークに勝てているのか=結果を出せているのか」だけを見ていれば良いのです。そして、本ファンドの運用目標であるベンチマークと比較した結果が、こちらになります。


●フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン Aコース(限定為替ヘッジ)


フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン Aコース(限定為替ヘッジ)



●フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)


フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)


管理人は日々様々な投資信託をチェックしておりますが、為替ヘッジの有無に関わらず、ベンチマークここまでに圧倒的な大差で負けているファンドなど、そうそう見れるものではありません。

これでは、まったく投資価値などありません。・・・いや、こんなにも敗北を喫している投資信託を眺めることができるという点で、見ていて面白いという存在価値は有りますね・苦笑。

こんなものでも、年間の信託報酬として2%近くものコストが必要になるボッタクリ投資信託です。運用成績がイマイチならば、絶対に買ってはなりません。



ラインナップ中、確定拠出年金向けがいちばん売れているという悲劇


フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープン、実は、Bコース(為替ヘッジなし)で、確定拠出年金向けのファンドが、一番の売れ筋です。ただし確定拠出年金で買付したとしても、高コストは変わらずですし、運用成績も悪いです。 泣きたくなりますね、これは・・・。

フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンのAコースやBコースの純資産残高


確定拠出型年金向けの場合、信託報酬は年1.58%(税抜き)にもなります。たかが1%台とはいえ、確定拠出型年金は10年単位で投資する訳です。仮に30年間もこんなクズファンドに投資し続けたら、トータルで約50%ものコストがかかります。

この数字は、あなたの投資元本のおよそ半分が、猛烈なコストで消失する事を意味します。この「消える」分を補って、高い運用成績を出さなければならないのですから、戦う前から「負け戦」をするのも同然であり、絶対にこのようなものを買ってはなりません。

もしも確定拠出型年金口座でフィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンを積み立てている人がいたら、老後の資産形成に相当程度悪い影響を及ぼしますから、即座にマトモな投資信託にスイッチング(切り替え)をする事をお勧めします。

なお、具体的に何に代替えするかについては、フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンと全く同一のベンチマークを運用目標とする「マトモ」な投資信託は存在しない状況です。

日本を含まない先進国向け株式投資信託(ベンチマークはMSCI コクサイインデックス)と、日本に投資する株式投資信託(ベンチマークはTOPIX)を同時に保有する事で、フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンのようなダメな投資信託を代替えすることにするのがベターです。

それらをおよそ、95%:5%程度の比率で保有すれば良いだけですから、一瞬手間かなと感じるかもしれませんが、きちんと長期的に成果が見込めるものに資金を投じるようにすべきでしょうね。

なお、この点について「よく分からない」という人がおられたら、管理人までご質問ください。代替え案などの回答をさせて頂く事もできます。



フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンの概要


購入単位:販売会社が定める単位
購入手数料:上限3.0%(税抜) (確定拠出型年金では購入手数料は無料)
信託報酬年率1.93%(税抜) (確定拠出型年金では年率1.58%)
信託財産留保額:0.3%
償還日:無期限(1998年1月30日) (確定拠出型年金版の設立日は2001年11月22日)
運用:フィデリティ投信株式会社


コスト情報を見ると、信託報酬のあまりの高さに仰天します。1.93%というのは、日本に存在する6000本あまりの投資信託の中でも、文句なくトップクラスです。その真逆を行くかのような運用成績のヘボさから考えると、このコスト水準はあまりにも恥ずかしいですね。。。



フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンの購入先


フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンを購入したい場合、下記の証券会社であれば、購入手数料が無料になります。その他、野村證券などで買うと、3%かかりますので注意してください。

手数料無料 楽天証券SBI証券


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方