野村證券のファンドラップの評判体験談

野村證券ファンドラップの評判は、いかに?

実際に野村證券に行って、聞いてきました

お金持ちの富裕層にしか提供されていないラップ口座が、庶民にも手軽に利用できるようになったと「風の噂」を聞いた管理人は、超ウキウキ気分でさっそく野村證券さんの支店窓口に行って資産運用の相談に行ってきました!!




なんたって、もともと富裕層だけのサービスですからね。さぞかし素晴らしい運用がされているだろうと、管理人、もうテンションMAXです。さてテンションが高い管理人の相手をしてくれたのは、超爽やかな野村営業マンです。


 

ファンドラップの運用方針の、熱心な説明を聞く

さて希望に胸を膨らませて、さっそく爽やかナイスガイの野村営業マンにファンドラップの相談です!! 高級感あふれる待合室で少々待った後に、個別のお部屋に案内されました。もう、部屋に居るだけでお金持ちになった気分です。




最初に、ファンドラップ全般の説明を熱心にしてきます。特に資産分散の大切さや、年金基金の資産配分について熱心に説明されました。

聞いている感じでは、「年金基金と同じような運用をするので非常に安心ですよ」的な事を仰ってましたね。庶民の不安を全力で払拭しなければ契約できませんからね(笑)

初心者は別として、投資を志す者であれば、誰でも知っているような事を説明します。



野村證券に貢ぐ金額を決める(コースを選ぶ)

次に、コースを選ぶ必要があるのです。野村さんのラップ口座には「プレミア・プログラム」の1,000万円以上のコースと「バリュー・プログラム」の500万円以上のコースの2パターンです。庶民にとって、500万円でも大金ですね。




まぁ、正直言って投資信託の説明を聞いて愕然としましたね。バリュー・プログラムはインデックス運用ですからね!!高額な相談手数料を貢ぐのに、コレか??と思う訳ですよ。

もう1,000万円コースのプレミア・プログラムに期待するしか有りません。なんと言ってもアクティブ運用型の専用投資信託ですからね!!

ですが、はっきり言って採用しているファンドは超ダメダメです。その理由は下記コンテンツを熟読してご理解頂ければと思います。

⇒コラム:野村證券のラップ口座で売られている投資信託



野村證券に貢ぐ手数料コースを選ぶ

次に、野村證券側からすると大きな目玉である、ファンドラップを利用するための手数料コースを選択する必要があります。手数料の内訳は、投資一任受任料とファンドラップ手数料に分かれています。








ちなみに管理人は何度も営業マンに、「投資信託自体に必要となる信託報酬は、間接的にも手数料を払っていますよね?」と質問した所、自信マンマンに「ここに記載している手数料以外は不要です!!!」とご回答いただきました。

これを聞いた管理人、え??そうなの???投資信託毎の信託報酬を足したり引いたりしても計算が合わないのだけど?? サービスしているのかな??と非常に惑わされました。

後日カスタマーセンターに問い合わせすると、投資信託の信託報酬等の手数料は当然必要との事。分厚い説明資料にも「間接的に投資信託の信託報酬を負担します」と明記してありました。

いや~野村證券の営業マンさんも正直中身を良く分かってないのでしょうね。というか、細かいところを気にしない、大金持ちの人が多いの鴨しれませんね。あっ!鴨が誤変換です。PCの不調鴨しれません。おかしいな。。。

さて話は戻りますが、手数料コースは、下記の2コースです。

①固定報酬制 : 最大、年率で1.7064%
②実績報酬併用制 : 最大、年率で1.5012%
    + 運用益が積み上がった場合のみ「積み上げ額の10.8%」

これだけ見ると、何となく「実績報酬併用制」の方が不利に見えますよね?なんたって運用益の10%近くを取られる訳ですから。

ですが、なんと営業マンは固定報酬制を猛烈にプッシュしてきます。「実績報酬併用制は固定手数料が安いですけど、利益の10%を取るのは痛いですよね!」「実は、実績報酬併用制を選ぶ人はほとんど居ないですよ!選ぶと、こちらもビックリするくらいなんですよ!!

実は野村證券側は、確実に手に入る固定報酬制で契約したいのです。裏を返すと、安定的に運用益を積み上げる自信が無いから、安定収入の固定報酬制に魅力を感じるのでしょう。

特に大企業はビジネスの安定運営が大好きですからね。冒険なんてチャレンジングな事は一切やる訳がありません。

そう考えると、実は最初から実績報酬併用制の金額設定は、固定報酬制を選ばせるための餌なのかもしれないですね。だって、それだけ固定報酬制の手数料を高く設定する事ができますもんね。良く考えたものです。

あ!! それと野村のナイスガイ営業マン 「ファンドラップは高額な購入手数料が不要ですから、大変お得ですよ!!」と、お得なイメージを全面に出してきます。

言っときますけど一時的な購入手数料を払う人よりも、毎年一定額のそこそこ高額な固定手数料を末永く支払ってくれる方が、将来有望なカモ投資家(証券会社にとっての優良顧客という事)ですからね!注意したい所です。

なお、このページでは説明しきれませんので、手数料について深く考察した下記コラムも合わせてお読みになると良いと思います。

⇒コラム:ラップ口座手数料など比較するまでもない


 ⇒続き:野村證券ファンドラップの評判・その②に続く


 




毎月分配型投資信託・必須の用語集
毎月分配型投資信託コラム

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方