グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(未来の世界)に未来はあるか

(2017年10月時点)

みずほ証券が単独で販売する投資信託。上層部から販売ノルマを課せられた営業マンが優先して販売しているかのごとく、純資産の増加が止まらない。世界の株式に分散投資しており、中身は問題ない。だがしかし、コストが滅茶苦茶高い。年間コストに打ち勝つ成績を今後長期で維持できるのか、そこが見ものです。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)


  • 約半年の運用成績は非常に良好で、その点は評価したい
  • ただし購入手数料、信託報酬共に極めて高いので、投資家が不利な投資信託
  • ベンチマークが設定されておらず、投資家は運用成績の判断が不能


 


みずほ証券でカモネギ投資家集めて人気が爆発、既に2300億円超


グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンドは、まさにカモ投資家向けに商品設計されているとしか思えない投資信託です。本ページを熟読していただいて、正しい投資判断の一助になればと思います。

みずほ証券で独占販売という事で、みずほの営業マンが最優先で販売に注力している現場の光景が目に浮かびます。その努力の賜物でしょうか、「限定為替ヘッジ」は、470億円、「為替ヘッジなし」は、なんと1860億円もの資金が集まっています。


グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)の為替ヘッジなしと限定為替ヘッジの純資産残高の推移


この投資信託、販売手数料は3%もの高額の料金を取りますから、グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンドを売りつけて、総額で70億円もの手数料収入がたちどころに転がり込んできた勘定になります。(超単純計算です)

本ファンドの愛称は「未来の世界」と言うのですが、まさにみずほ証券グループにとっては儲かって嬉しい輝かしい未来という事になりますね。「ありがとう!カモネギ投資家!」という感じです。



バックデータを示して、「いかにも上手く行きそう」な感覚にさせる


グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)の最大の特徴は、「ハイクオリティな成長企業の株を割安な時に買う」運用戦略です。カッコイイ物言いですが、成長株を割安な時に買う手法は投資の世界では常識で、特に目新しさはありません。

誰もが疑問に思うのは、割安な時に本当に成長株を買い続ける事ができるのか、そして将来のパフォーマンスを期待して良いのか。この2点でしょうか。

特に「本当に値上がりするのか?」と疑心暗鬼になっている人、あるいは「何としても儲かる投資信託を掴みたい」という欲望の塊になっている個人投資家を説得する資料を、みずほ証券はちゃんと用意しています。それが、販売資料に掲載の「同一運用戦略のパフォーマンス」と称するページのことです。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)と同一運用戦略のファンドの成績


上記の水色の線は、本ファンドと同様に「成長株を割安な時に買う運用戦略」で成功した投資信託のようです。同一運用戦略で運用する米国籍ファンド「モルガン・スタンレー・インスティテューショナル・ファンド・インク グローバル・オポチュニティ・ポートフォリオ」のパフォーマンスとの事。

一方で赤線は、世界株式(MSCI AC ワールドインデックスの税引後配当込み)の比較チャートになります。それぞれ、米ドル建てのチャートになります。

営業マンにこの結果を提示された人の多くが、「これだったら間違いない鴨!数年後には資産が数倍になる鴨!!」と錯覚してしまうでしょうね。

しかし、上記の資料には読めないくらいの小さな字で、「ファンドの運用実績とは直接的な関係はありません。また、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。」と書いてます。酷いですよね、「関係ないですから」とコッソリと書いてあるのですから。

投資信託を売る側の人間は頻繁に、過去のデータなどと言って、こういう人をカモにするようなものを平気で見せてきます。今までもバックデータを見せつけてきた数々の投資信託をチェックしてきましたが、だいたいみな、その後の運用成績は平凡以下になりますね。

だいいち、上記のようなデータを見せるのであれば、本ファンドの運用目標であるベンチマークをきちんと設定すべきです。この投資信託にはそういうものが無いという時点で、今後とも上記のような傾向になるのか投資家は全く判断できない事になります。

これまでの経験上、ベンチマークのないアクティブファンドの運用成績は、残念な結果になる事が多いですから、グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)に投資して、本当に「未来の世界」がやって来るのかどうかは、疑わしいですね。



ただし、半年間の運用では、良好なリターンを計上している


では、グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンドの現在の運用成績はどうなのでしょうか。設立以降から、「為替ヘッジなし」のファンド運用成績を、MSCI AC ワールドインデックス(税引後配当込み)と比較してみるのがベストですよね。

ベンチマークでも参考指数でもないのですが、前項でMSCI AC ワールドインデックスと比べるような事が書かれていましたから、ここでもその指数を使って比較してみます。結果、現状では約半年の運用成績で、10%以上の大差をつけて良好なリターンを上げています。ここまでの運用は上手く行っているようです。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)と、MSCIオールカントリーワールドインデックスとのリターン比較


ただ、設定直後の2017年1月では大差をつけて負けていましたから、このくらいの期間では何とも言えません。もうちょっと長期で見て、それから判断するくらいでちょうど良いと思います。

今後、グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンドの運用から3年とか5年程度の期間が経過したのちに、再度本ファンドをチェックし直してみたいと思います。

海のものとも山のものとも言えないような段階でグローバル・ハイクオリティ成長株式ファンドに投資してしまった皆さんは、その時を楽しみに待っていて頂ければなと思います。



「限定為替ヘッジ」タイプに関しての感想


管理人は、為替ヘッジ付きの投資信託を買った事はありません。なぜなら、為替ヘッジに必要な取引コストによって、パフォーマンスが劣化するからです。ただし、コストを支払ってでも為替の変動リスクを回避したい人なら、まあ良いかもしれません。

今回のグローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(限定為替ヘッジ)は、為替リスクを完全に回避できおらず、新興国建ての資産の一部に為替ヘッジが効きませんから、その点は頭に入れておきましょう。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)の限定為替ヘッジ


限定為替ヘッジの運用成績も、右肩上がりでほぼ一直線であり、現状は良好な印象です。ただ、限定為替ヘッジタイプは、運用成績を比較する指標が為替ヘッジなしタイプよりも不明瞭すから、やはり気持ちの良いものではないなと思っています。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)限定為替ヘッジの運用成績の推移



グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)の概要


購入手数料上限3.0%(税抜き)
信託報酬年率1.7%(税抜き)
信託財産留保額:な0.3%
決算:年1回
償還日:2026年9月4日(2016年9月30日設定)
運用:アセットマネジメントOne株式会社


それにしても、勘弁願いたいくらいの高コストですね。このまま運用成績が良好のまま推移すれば良いのですが、アクティブファンドの大半はこのコスト高に耐えられずに自滅していきますので、その点も頭に入れておいたほうが良いでしょう。

いずれにせよ、やはり今後、数年単位で運用成績の確認をしていきたいと思います。その時点で成績が良好であれば、存在価値のあるアクティブ型投資信託と判断できるかもしれません。



グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)の購入先


グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)は、みずほ証券にて、手数料3%にて購入する事ができます。


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方