ハイイールド債券に魅力なんてあるのか?

ハイ・イールド債とは、格付機関によってBB格相当以下の格付(投機的格付)が付与されている高利回りの事業債(事業会社が発行する債券)の事を示します。

高利回りなのですが、信用リスクが高く、債務不履行(デフォルト)の可能性が高いために、投機的格付と言われます。(信用リスクが低いBBB格以上の債券は投資適格)

 ※デフォルトとは、貸したお金が踏み倒された、って意味です


投機的格付と言われるだけあって、債務不履行(デフォルト)の確率は高く、投資では無いという感覚をしっかりと持っていただきたいと思います。(ギャンブルに近い)

リタイア後や、できるだけ資産を安全に運用したい場合は、高い利回りに惑わされずに、ハイイールド債券のような対象には近づかない方が良いでしょう。

⇒参考:誰も教えてくれないハイ・イールド債券の本当の見通し



 


ハイ・イールド債券の格付について

下記の通り、B格付に関しては「信用力に問題があり、絶えず注意すべき要素がある」、(投資的なイメージではなく)、投機的であるという事が認識できると思います。

さらにCCC格付以下については、すでに債務不履行(デフォルト)に陥っている状態を示しています。

販売されている投資信託で「ハイ・イールド債」と名が付くものの多くには、実はCCC格付以下の債券にも投資(ではなく、投機なのですが・・・)されています。割合的には10%以下が多いようですね。

自分自身の大事な資産、資金が最終的にどのような貸し手に渡っているのか、イメージを今一度持った上で投資(投機)の判断をされることをお勧め致します。


引用元:http://www.jsda.or.jp/manabu/bond/level2/bond2_06.html



ハイ・イールド債券の利回りについて

ハイイールド債券は、通常の国債よりも相対的に高い利回りを達成しています。なぜかと言うと、信用リスク等が高いために金利の上乗せ(スプレッド)があり、最終的に高い利回りとなる訳です。

 
  引用元:SBI証券ホームページ


下記の資料を見ると分かると思いますが、一般的に各地域別のハイ・イールド債券の利回りは、約8%~10%(2012年5月末時点)と非常に高いです。

ですが、最終的な貸し出し先のイメージや、債務不履行(デフォルト)の可能性を考えると投機である事は間違いありません。

ギャンブル的な資金投入に対して、下記のような利回りが果たして妥当かどうかは、判断が難しい所だと感じています

高い利回りに惑わされず、投機をしているのだという認識のもとで判断を行ってください。


 引用元:SBI証券ホームページ



ハイ・イールド債券のデフォルト率について

デフォルト率とは、その名の通り債券の元利金(元本と利息)の支払ができなくなる銘柄の、市場に占める割合の事を示します。つまり、デフォルト率10%であれば、10%の債券が債務不履行(デフォルト)していると認識して良いと思います。

参考に下記に地域別ハイ・イールド債券のデフォルト率の推移を示します。(2012年5月末時点) これを見ると、10年周期毎に8~14%程度までデフォルト率が上昇しているようです。実際にそれだけの債券が債務不履行(デフォルト)しているという事。

このような投資先に自分自身の大事な資金を投入しても良いのか、今一度の検討をお勧め致します。


引用元:SBI証券ホームページ



デフォルトしたハイ・イールド債券の回収率

実際に債務不履行(デフォルト)が発生すると、債券はどうなるのでしょうか? デフォルトした債券は、価格が下落し無価値になる場合もあれば、デフォルトした後も値段がついて、投資価の間で売買される場合があるようです。

2013年は平均で額面の約53%の価格で取引されているとの事(2014年2月末現在) 2008年や2009年のリーマンショック時には額面の20%台まで落ち込んでいるようですね。

デフォルトは実際に絶えず発生している事を認識しておきましょう。そういう事も織り込んでの運用利回りだとはいえ、危機的状況が発生した場合はその反対にかなりの痛手を被ることを、覚悟しておくべきですね。


 
 (2014年4月発行・野村米国ハイ・イールド債券投信の交付目論見書詳細版より抜粋)



地域ごとのハイ・イールド債券について

ハイ・イールド債券は、地域別に債券が束ねられています。投資先として米国、欧州、アジアが、投資信託で良く見かける例です。

下記のリンク先では、各地域別のハイ・イールド債券に特化して中身を説明していこうと思います。

米国・ハイイールド債券
欧州・ハイイールド債券
アジア・ハイイールド債券

⇒参考:誰も教えてくれないハイ・イールド債券の本当の見通し




毎月分配型投資信託・必須の用語集
毎月分配型投資信託コラム


 
みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方