毎月分配型投資信託重要な用語集・純資産総額と総口数とは?

純資産総額と総口数

投資信託の純資産、基準価額、口数について

投資信託を扱う上で、非常に分かりづらい、純資産、基準価額や口数について簡単に説明します。この内容をしっかりと理解しないと、投資信託の本当のメリットやデメリットを勘違いしてしまうために、要注意ですね。

本ページ以外、関連する下記の項目を同時に読んでいただいて、理解を深めてくださいね!

 ⇒売買単位(1万口とは?)
 ⇒基準価額



純資産総額と総口数の決まり方

純資産総額と総口数(そうくちすう)についても簡単に説明しましょう。

基準価額1万円/1万口の投資信託を下記のようにAさん、Bさんがそれぞれ3万口、7万口購入しました。そうすると、合計で10万口の投資信託となりますね。 この購入者全員の合計口数が総口数となります

  
 (引用元:投資信託協会


さらにAさんとBさんは、それぞれ3万円、7万円を支払っていますから、本投資信託の純資産総額は10万円となります。

全購入者が注ぎ込んだ合計投資資金を、純資産総額と呼びます。

ちなみに、この純資産総額から投資信託の経費がいろいろと毎年引かれていくので、運用益が±0%の時にも、何もしなくても減少していく(投資家は損をする)のです。ですから、ランニングコストはなるべく小さい方が良いのです。




毎月分配型投資信託・必須の用語集
毎月分配型投資信託コラム



 
みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方