カナダ高配当株ツインαは買っても良いのか?(・・・良い訳ない)

※2015/12~2016/12の成績を元に算出(2016年12月時点)

安定収入源から分配金を出しているようだが、売買の損失がそれらを上回る勢いで積み上がっている。その為に基準価額の下落が発生か? しかし分配金利回りが異常なほどに高く、庶民の人気を集めて最盛期には2500億円を超える資金が集まっていた。複雑怪奇な投資信託だが、投資セクターが類似するインデックス型の投資信託に運用成績はボロ負け、投資する価値無しと判断する。なお、ここ1年間で600億円の資金が減少したが、いまだに1123億円の資金があり、沈みゆく船から抜け出せないカモが多そうだ。

カナダ高配当株ツインαトリプルリターンズ


  • 運用(価格の上昇含む)利回り▲1.4%に対して、現時点の分配金利回りは29%
  • 運用成績込みで考えると、分配金は不健全な状態で分配されている
  • 安定収入源である配当収入を上回る勢いで、売買損失が積み上がっている状況


 


トリプルリターンズ、運用報告書に書いていない本質

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の大きな特徴は、カナダの高配当株式への投資と、ツインα戦略と言われる意味不明な3本柱が収益源です。「ツインα戦略って何?」と思うでしょうが、株式と特定の通貨に対してオプション取引を行っていると言う事です。

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の仕組み


上記を見てイメージが出来ないのであれば、投資すべきではありません。赤枠部分がツインα戦略、つまりオプション取引の部分です。これが無ければカナダ株式に投資をする普通の投資信託になるのですが・・・オプション取引はギャンブルに近い行為ですからね。本当に利益として貢献しているのか疑問です。

なおベンチマークも存在しない困った投資信託です。アクティブ運用になるはずなのですが、比べる対象が無いと投資判断が下せません。

驚く事に、設立から1年と4カ月で純資産総額は2307億円(2014年8月末時点)まで膨れ上がっています。どれだけ営業戦士が奮闘したのでしょうか? そもそも設立した月で675億円もありますからね。大和証券さんの既存顧客にでも、売りつけたのかもしれないですね。



分配金利回りなどから、このファンドの中身を見てゆく

それではカナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の分配金の、分配履歴からチェックしていきましょう。履歴を見ると、設定来から毎月150円の分配金を出している投資信託です。

このペースで分配金を出すと年間あたり1800円となります。凄い金額です。設立時が1万円だとしたら、分配金の利回りが18%になります。この利回りを維持できる運用成績が果たして維持できるのでしょうか?

と言うような事を2年前に疑問視しておりましたが、予想通り激しい減配方針に切り替えた模様です。150円⇒120円⇒80円と段階的に分配金が激減しています。

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の分配金履歴


ここで気になるのは、分配金利回りです。これも以前にチェックした際には、約21%の利回りになっていてそれだけでも気持ち悪い驚きが有りましたが、その後「株価なのか?」と勘違いしそうな勢いで利回りが急上昇し、37.71%をピークに低下しています。

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の分配金利回りの推移


分配金が減ったはずなのに、今でも29%の利回りは、本当に「変」だと思いませんかね? というか、分配金利回りを配当利回りや利息だと思っているあなたは、カモ以外の何ものでもありません。



 


実は、基準価額が下落している本当の原因が有った!!

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の収益源について、細かく見てみましょうか。下記のようにツインα戦略とは、株価指数(S&Pトロント60指数)のコールオプションを売却する事と、円に対するカナダドルのコールオプションを売却する事です。

まず、この利益を得る仕組みが良く分からないのであれば、投資対象に選ぶべきではないでしょう。そして、これらの取引が継続的に利益を出し続ければ良いのですが、過去1年間の成績を見ると代替できそうなインデックス運用型の投資信託にボロ負けしているので、まぁ投資価値無いでしょうね。

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の収益源


とは言え、具体的にチェックして参りましょう。カナダの高配当株式へ投資しているだけあり、実は株式の配当利回りは3.2%と良好です。利回りを上げるためでしょう、REITに7%も投資しています。

カナダ高配当株ツインαの配当利回り



ではツインα戦略の利回りの想定は?と言うと、下記のように合計で年率15%以上をを目論んでいます(以前は9%だった)。株式と合わせて利回りの合計は、実に18.6%です。

なんだかすごい設計ですね。こんな事が「成立」するならば、世界中が大金持ちであふれるはずです。でも実際は世の中、貧困であえいでいますし、こんな投資信託を買っているあなたも、まず間違いなく富裕層ではないはずです。

カナダ高配当株ツインαのオプションプレミアム


次に、分配金の内訳を見ていきましょう。 意外ですが、以前にチェックした2014年時点も今回も、分配金は全て、安定収益である「当期の収益」から出ています。

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の分配原資の内訳


相変わらず、運用益の積立金である分配準備積立金も順調に増えています。これも良い事です。

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の分配金の計算過程


このように安定収益源で分配金が出ているようであり、運用益の積立金も増加しています。一見すると問題なさそうですが、それにしては設定来から基準価額は下落している理由が分かりません。と言う事で、さらに細かく内容をチェックしてみましょう。

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の損益の状況


よく見ると、「時期繰越損益金」の損失額が増え続けているのですよね。これが基準価額の下落要因だと思います。配当収入や分配準備積立金を上回る勢いで、売買の損失が膨れ上がっているようです。

配当収入は問題ないけども、売買の損失(恐らくオプション取引も込だと思われる)が大きすぎるという事ではないでしょうか。

ただし、運用が上手くいっているのかダメなのか、投資信託はこれ以上の部分は運用報告書を読んでも、ハッキリしません。「売買損失が出ています」とか、そのような事は一切表現されないのですから問題です。基本、売買の損失が増加し続ているので、ダメな運用だと思いますが。

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の基準価額の推移


そして結局、設立以来、分配金を再投資したと仮定したとしても、上記の青線の基準価額は20%も減少しています。あなたが受け取った多額の分配金は、まさに利益でもなんでもなくて、勝手に自分の元本を取り崩して大喜びしていただけ、という事になります。

分配金を使い込んでいたとしたら、元本は青線から遠く離れた3000円台、実に6割強も下落して「出涸らしのお茶」状態になって、目も当てられない状況です。

あなたがいくらこのような投資信託に多額の資金を突っ込んでも、一向に富裕層になれないのは、以上のように説明した通り、トンデモ投資信託に手を出しているからなのですね。一刻も早く、情弱が故に金融機関から合法的に騙されるようなダメ投資家から脱却しなくてはなりません。



透明性の高い投資信託と実力を比較して、頭を整理してみた!

久さしぶりによく分からない投資信託に出会ったので、頭の整理をしようと言う事で、もしもシンプルな投資信託を採用したらどうなの?と思いつきました。

カナダのみを投資対象にしたインデックスファンドが無いので、経済的に非常に深い関係にある、隣国アメリカ全体に投資を行う「eMAXIS NYダウインデックス」と、カナダを含む先進国全体に投資を行う「SMTグローバル株式インデックス」と比較しました。

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)より良質なインデックスファンドとのリターン比較
(カナダ高配当ツインαは、分配金を再投資したと仮定して、このような体たらくです。)


本来はカナダとアメリカや世界株を比較するのは、投資対象が厳密には異なるので意味無いのですが、やってみると面白いです。

わざわざカナダ単一の国に対して、複雑で意味不明な投資信託に高いコストを支払って投資した結果、それより半額以下のコストで保有できて、しかも単純明快な投資信託に対してボロ負けするわけです。

いかに、カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)を売りつけようとした販売会社と、そしてこのファンドを買おうかと思っちゃったあなたがイケてないか、良く分かったと思います。

どうしても毎月分配が欲しい人は、「eMAXIS NYダウインデックス」や「SMTグローバル株式インデックス」をSBI証券の投資信託・定期売却サービスを使って購入すれば、はるかにあなたの投資ライフは明確なものとなります。



カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の概要

購入手数料:上限3.24%(税込み)
信託報酬:年率1.9704%(税込み)
信託財産留保額:0.2%
償還日:平成30年4月17日(設定日 平成25年4月26日)
運用:大和証券投資信託委託株式会社

こんな猛烈にダメダメな投資信託のくせに、初年度の投資コストは5%を上回ります。1000万円を投資したと仮定すると金融機関に行く手数料だけで、いきなり50万円もの金額が取られるという、投資する前にいきなりの「大暴落」に匹敵するマイナスのインパクトが有ります。

(先ほどご紹介したようなインデックスファンドならば、初年度は5万円程度にしか過ぎません。)

このように多量の原因を取られた挙句、説明したような体たらくの運用をされた日には、・・・こんな酷い投資信託を平気で売りつける姿勢はいかがなものかと、金融庁あたりに泣きを入れると良いでしょう。



カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)の購入先

カナダ高配当株ツインα(毎月分配型)を購入したい場合、下記の証券会社でのみ、取り扱っています。

手数料3.24% 大和証券


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方