メキシコ債券オープン(アミーゴ)の評判はどう?

(2017年6月時点)

投資対象の債券格付は信用度が高いので問題は感じない。だが新興国であるメキシコに集中投資する事に違和感を覚える。運用成績は、参考指数とパフォーマンスがほぼ変わらないので、平凡な運用。分配金を過剰に出しており、購入手数料や信託報酬が非常に高いため、総合的に考えると投資する価値は無い。

メキシコ債券オープン

  • 投資先債券の利回り7%に対して、現時点までの分配金利回りは14%
  • 分配金の水準は不健全で、安定収益源が占める割合は実は5割しかない
  • 運用成績自体も極めて平凡であり、いったい何がしたいのか?


 


メキシコの国債に集中投資する、平凡な腕前の投資信託

メキシコ債券オープン(毎月分配型・愛称アミーゴ)の主要な投資先は、メキシコ・ペソ建てのソブリン債券です。と表現すると分かりにくいですが、要はメキシコの国債に投資をしています。以下の通り、格付けはほぼA格であり、それ自体は特に何か問題がある訳ではありませ。




問題があるとしたら、投資行動かもしれません。「日本の先行きが心配だー!」とワーワー騒いでいる人たち(とも限りませんが)が、日本よりも更に国家の格付けが下に位置する、しかも先進国じゃなくて新興国の債券をガッツリと購入すること自体が、もっともデンジャラスだと思います


http://lets-gold.net/sovereign_rating.phpより図を拝借)



この投資信託、参考指数のシティグループメキシコ国債インデックス(円換算)に対して、優秀な成績を収めているのかどうかチェックしたいところですが、資料を読み込んでも比較チャートありません。

下記、月次リターンを比較したチャートを見た限りだと、至極平凡な腕前で運用しているのではないかと判断する事になります。

優秀なアクティブ投資信託ならば、設定来の成果をベンチマークとの対比できちんと表示(自慢)することが大半ですので、成果をはっきりと確認することができない投資信託は、大した事が無いと考えて良いでしょう。




メキシコ債券オープン(アミーゴ)の分配金の真実

3年ぶりに、メキシコ債券オープン(アミーゴ)の分配金をチェックしてみます。前回のファンド精査時は、 2013年の3月と4月に1100円もの分配金を出していました。

恐らくですが、アベノミクスの影響で基準価額が大幅に上昇して、あまりに高すぎると初心者が近寄らない事を恐れて、多額の分配金を出したのだろうと思います。基準価額を下げるのが目的です。直近では月額120円の分配金が減額されつつあり、現在は毎月60円の分配金で落ち着いているようです。




前述の過激な分配金のおかげで、設立後1年間は最初から分配金の利回りが20%を超えるという妙な現象が起きていた本ファンド、その後1000円台の分配金の影響がなくなった2014年からは、利回り水準が10%台まで低下しました。

さらにその後は分配金を最大で月120円まで増やした事で、分配金利回りは再度20%に到達、それから後にまたまた分配金を減額して、上記のように利回りが低下傾向になっています。

猛烈に、怪しい動きをしていますね。本来、ありえない利回りの推移ですから、このようなファンドには手を出さない事を強くおススメします。現在の14%でも、十分にあり得ないまやかしの数字です。

というのも、投資している債券全体の利回りを調べてみると、7%台です。これに対して現在は14%以上の分配金利回りですから、足りない分はどうするのでしょうか?




答えは、次の表を見れば明らかです。下記のように、安定収入源である債券収入の割合(当期の収益)は、分配金の5割程度にしか過ぎません。月120円の分配をしていた時は、安定収益の割合がたったの2割でした。まったくお話にならない状況が続いています。

この差額分は、基本的にはあなたの投資元本を取り崩して支払われています。高い信託報酬を支払って自分で自分のお金を取り崩して、儲かったような気がするという、アホな投資信託です。




当然ながら過剰な分配金を出し続けているために、運用益の積立金である分配準備積立金がゼロに近い数字です(分配金額に対して2桁も小さいので、無いようなもの)。 そもそも中途半場に運用益を残す意味が分かりません。




ということで、メキシコ債券オープン(毎月分配型)アミーゴの評価について、ご報告でした。購入するのはたやすいですけど、投資は自己責任ですから、どうぞ注意して下さいね。




メキシコ債券オープン(毎月分配型)アミーゴの概要

購入手数料上限3.24%(税込み)
信託報酬年率1.3392%(税込み)(運用管理費用込)
信託財産留保額:なし
分配金の取扱:年12回

資産構成:メキシコ債券100%
償還日:平成34年5月23日(設定日 平成24年6月1日)
運用:大和住銀投信投資顧問株式会社


・・・こんな高いコストの投資信託、話しにならねーよ。




メキシコ債券オープン(毎月分配型)アミーゴ

メキシコ債券オープン(毎月分配型)アミーゴで分配金を得たい場合、下記の証券会社で購入が可能です。証券会社によって、手数料が異なります。

手数料2.16% カブドットコム証券
手数料3.24% SBI証券楽天証券野村證券大和証券


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方