三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)はダメ投資信託

(2017年10月時点)

TOPIXを凌駕する運用成績を目指すアクティブファンド。月次レポートの見せ方がイヤらしく、運用成績が良く見えてしまう。しかし実は正しくベンチマークと比較すると設定来から大敗する残念なファンド。長期運用の確定拠出年金口座で多額の資金が運用されてるが、報われない投資結果になるだろう。




  • 運用成績が良く見えるが、実はインデックスファンドに負けている
  • そのインデックスファンドに対して、コストが3倍以上もするボッタクリ
  • 特に確定拠出年金口座で長期で運用すると、あなたの懐に影響大


 


確定拠出年金用と一般口座で買付できる2つのファンドは同一です


三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)は、確定拠出年金用と一般口座で買付できるファンドの2つがラインナップされています。どちらも共通のマザーファンドで運用されており、中身は同一です。

・三菱UFJ日本株アクティブオープン(確定拠出年金)(愛称:ファーブル先生(確定拠出年金))
・三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)


三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)のマザーファンドは確定拠出年金用と同一


三菱UFJ日本株アクティブオープンは、国内の株式を投資対象としています。ベンチマークのTOPIXを上回る成績を目指す運用方針が最大の特徴の、アクティブ型の投資信託となります。投資銘柄の選定は、ROE(自己資本利益率)と呼ばれる指標に注目して探す方針となっており、収益力が高い会社に投資します。

三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)の銘柄選定プロセス


5段階の査定をクリアした会社が選ばれるのですから、相当に良い会社で「儲かる」会社が選定されるはずですよね。ちなみに企業訪問をしていますから、多額の経費が必要となります。アクティブファンドの難点は、企業の調査コストが膨大だという点でしょうか。

コスト的に超不利なので、本当にベンチマークに勝てるのかを、しっかりと見極める必要があります。



ベンチマークに勝っているように見えるが、実態はその逆


アクティブ運用の投資信託に投資する価値があるのかどうかは、ベンチマークに勝っているのか負けているのか、唯一そこだけで決まります。投資は、とてもシンプルで明確です。

で、三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)がベンチマークに対して、どの程度素晴らしい運用成績を収めているのか、月次レポート掲載の下記チャートをご覧ください。

三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)の基準価額の推移


上記をパッと見せられれば、「設定来でベンチマークに勝っていてとても素晴らしいファンドじゃないか」と思ってしまうでしょうね。しかし、これはチャートの見せ方に問題あります。なぜなら、配当を考慮していないベンチマークと、配当を受け取っている投資信託の運用成績を比較しているからです。

しかも期の途中で余計な分配金などを出していますから、全く判断不可能なグラフになっています。こういった誤魔化しがある場合、同じTOPIX(配当込みでも配当抜きでもどちらでもOK)をベンチマークとしているインデックスファンドと比較してみると、一発で運用の出来不出来が判定できます。

三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)とインデックスファンドとのリターン比較


三菱UFJ日本株アクティブオープンは、ニッセイTOPIXオープンに対して、5年でも10年でも負けています。信託報酬の部分も見て頂くと、わざわざインデックスファンドよりも3倍ものコストを支払って、それで運用成績が負けているのですから、全く役立たずのアクティブファンドと断定できます。

何だよ、10年でたったの2.5%くらいの差じゃないか」と思うかもしれませんが、特に確定拠出年金で運用して、資金が数百万くらいにまで膨らんでくると、この2.5%の差は非常に大きな金額の差になって、あなたの懐を直撃します。

ですので、三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)など、選んではならないのです。というか、何が「先生」だよ、ボッタくっておきながら・・・。昆虫でも見てろや。

一般口座で日本株投資信託を買い付ける時は、極限まで信託報酬の低いインデックスファンドを買いつけるようにしましょう。確定拠出年金口座の場合も、全く同様になります。特に運用が20年30年と長期に渡る確定拠出年金口座では、アクティブファンドなどは完全無視でOKです。



三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)の概要


購入手数料上限2.5%(税抜き)
信託報酬年率1.55%(税抜き)
信託財産留保額:DC型は無、一般口座型は0.3%
償還日:無期限(DC型は2002年5月27日、一般口座用は1998年6月30日設定)
運用:三菱UFJ国際投信株式会社

1.55%とかなりの高コストを取る日本株のアクティブ運用型投資信託ながらも、前述したようにインデックス運用の投資信託に対して負けているようでは、存在価値がありません。



三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)の購入先


三菱UFJ日本株アクティブオープン(愛称:ファーブル先生)を購入する場合、下記の証券会社ならば手数料を取られずに購入できます。買う人がいるとは思えませんが・笑。それ以外では2.5%を取られますので注意してください。

SBI証券楽天証券


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方