日興レジェンド・イーグル・ファンドは低評価:初心者向け解説


アクティブファンドなのに成績が超ヘボい割に超高コストな投資信託。初年度は6%近い手数料を支払った挙句に、毎年2%近いコストを献上し続けるのは投資家として理解不可能。金融機関のドル箱的な商品のため積極的な販売合戦が繰り広げられ、日本全国から資金が1000億円近くも集まっている。

(2015年4月時点)

●6%の手数料(コスト)が必要な金融商品で、まともな資産運用が出来る訳がない


 

日興レジェンド・イーグル・ファンドのヘボさはレジェンドだ

※2014/4~2015/4の成績を元に算出

・運用(価格の上昇含む)利回り約16%に対して、現時点の分配金利回りは9%
・チャートのみで判断すると分配金は健全な状態
・分配金の内訳を確認すると、過剰分配が行われている事が判明
・分配準備積立金が増加傾向にあるため、資産の売却を行い続けている可能性がある


 日興レジェンド・イーグル・ファンド


日興レジェンド・イーグル・ファンドは、割安と判断される世界の株式(新興国も含む)に投資するアクティブ運用の投資信託です。特に注目点として、ドルベースで絶対的な運用成績(常にプラスの成績って事)を目指すという点でしょう。

ですが、これを上回まわらと意味が無いという参考指数、MSCIワールドと成績を比較してみると、負けています。一瞬勝利している時期もありましたが、長期的にはダメです。この時点で、即、投資価値は無しと判断できます

日興レジェンド・イーグル・ファンドと参考指数との対比


というかですよ、運用が始まってから10%も負けてるなんて、超ヘボすぎます。これで初年度6%のコストを要求するのですから、こういうのを世間ではボッタクリと言います。

若干、比較する指数が異なりますが、新興国も含む全世界に投資するとしたら、初年度のコストがたったの0.6%強しかかからない、eMAXIS 全世界株式インデックスと、運用成績を比べてみましょうか。

日興レジェンド・イーグル・ファンドとインデックスファンドの運用成績の対比


市場の平均値をなぞるだけのインデックスファンドに、たった3年間であり得ないくらいボロ負けしていますよね。こういう比較をしてやると、いかに高コストのアクティブ運用の投資信託が、無茶苦茶で残念な状態なのか、実によく分かります。

ちなみにeMAXIS 全世界株式インデックスは、は、分配金再投資型の投資信託です。「どうしても分配金として、毎月手元にお金を取り崩したい」という欲求が強い場合は、SBI証券が提供する、「投資信託・定期売却サービス」を使ってください。

なお、日興レジェンド・イーグル・ファンドがダメな理由は、もっとあります。分配金の出し方の部分に斬り込んでまいりますので、興味ある方は、次ページをご覧ください。

それにしても、こんな投資信託なのに、既にお金が、2015年2月27日時点で946億円も集まっています。毎年ここから、下記にかかる信託報酬が抜き取られるのですから、投資してる人は堪ったもんではありません。



日興レジェンド・イーグル・ファンドの概要

購入手数料:上限3.78%(税込み)
信託報酬:年率2.0096%(税込み)(運用管理費用込)
信託財産留保額:なし
分配金の取扱:年12回
償還日:無期限(設定日 平成23年3月18日)
運用:アムンディ・ジャパン株式会社

たんなる株式ファンドのくせに、このコストはあり得ないくらいに高いです。



日興レジェンド・イーグル・ファンドの購入先

それでも日興レジェンド・イーグル・ファンドを購入したい場合、三井住友銀行か、SMBC日興証券にて買う事が出来ます。全くおすすめできませんが。

 続き:日興レジェンド・イーグル・ファンド(毎月決算コース)
   (やや上級者向けとなります


 


この投資信託のお問い合わせや口コミ投稿などは、こちらからお寄せ下さい

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方