日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(ブラジルレアルコース)の評価・解説・・・これは酷いですなあ(´・ω・`)

このファンドは、日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(トルコリラコース)の兄弟ファンドです。選択する通貨がブラジルレアルか、トルコリラかの違いになりますので、上記リンクをあわせてご覧になって下さい

(2014/10~2015/10の成績を元に算出、10月22日更新)

リスクの高い、債券と通貨の取引を抱き合わせたギャンブル的な金融商品。正常な知識があれば買う気にならないが、カモ投資家向けに設計されており、多額の分配金に魅了された多くの市民が保有していると思われる。ただし1年で基準価額は半減しており、恐怖のあまり、思考停止に陥っている凍死家の叫び声が聞こえてきそうだ。

  • 運用(価格の上昇含む)利回り約▲23%に対して、現時点の分配金利回りは42%
  • 過剰分配と市場環境の悪化によるダブルパンチで、基準価額が1年間で半分に!
  • 分配金の内訳を調べてみると、定期的に得られる収益で補えておらず、我々の資産が取り崩されている疑いが非常に強い


 


基準価額が1年で半値の大暴落

日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド毎月分配型(ブラジルレアルコース)の主要な投資対象は、米ドル建ての新興国ソブリン債です。ブラジル・レアルを利用した為替取引も抱き合わせて、定期収益の底上げを狙っている、複雑で投機的な金融商品です。

で、この投資信託、なんとわずか1年間で、基準価額が半値になる大暴落状態です。1年間で基準価額が7000円から3000円台にまで落ち込むファンドって、見た事がありません。

日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(ブラジルレアルコース)の基準価額が暴落


いくら分配金が出たとしても、こんな勢いで暴落されたら、あっという間に元本なんて大損してしまいます。目も当てられない惨状と言えましょう。



なんで、こんなにも暴落しているのか??

この投資信託を保有している人、あるいは保有を検討している人は、「どうしてこんなにも暴落しているの?」と思うかもしれませんね。冒頭に書いたとおり、このファンドのおもな投資対象は、米ドル建ての新興国ソブリン債と、ブラジル・レアルの為替取引です。

日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンドの収益の発生イメージ


運用利回りの設計値としては、新興国ソブリン債で6%、ブラジル・レアルの為替取引で10.3%の、合計16.3%の運用利回りを目標としているようです。

日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(ブラジルレアルコース)の分配原資の内訳のイメージ


しかし、米国の利上げの可能性がある事によって、新興国から先進国に資金が急速に移転していて、特に新興国通貨が一方的に売られる展開となっています。

一方的に売られる典型の新興国通貨


ただしこれは、金利の高い通貨は円高になる事によって長期的に修正されるというだけであり、為替取引はプラスもマイナスもない、単なるゼロサムゲームの世界だという事が実証されているだけであって、金融の世界の常識です。

こういう常識を知っていながら、新興国債券に通過取引、それもリスクの非常に高いブラジルレアルなどを組み込む金融の世界の人間の、良識を疑う投資信託ですね。

と同時に、儲かりそうだからと言ってハイエナのごとく資金を投じる、自己中心的な個人投資家の群れに対しても、疑問を呈したいと思います。



暴落しても、分配金を高い水準で維持するという異常さ

ふつう、ここまでの暴落が発生したら、分配を一時停止してでも、元本を保全する努力をすべきだと思うのですが、減額はされども、いまだに高い分配金を出しています。

日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(ブラジルレアルコース)の分配金履歴


だって、運用報告書に、記載されています。分配金をはるかに上回る損失が発生している状況が。ほれ、この通り。レアルの通貨取引で、甚大な被害を被っています。

日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(ブラジルレアルコース)の基準価額騰落の要因分解


ブラジルレアルからの金利収入の51円を含めても、為替要因で545円ものマイナスを計上しています。それなのに110円を分配するのですから、上記の1か月だけで815円もの基準価額の暴落です。せめて分配金をゼロにすれば、110円分の基準価額は維持できるのですが。

このように基準価額が暴落する中で、ろくすっぽ分配金を減額しないために、分配金利回りはすっ飛んで高い数字が出てしまっている状態です。もしもこの利回りを「凄いお宝だ!暴落している今が買いだ!」と思ったとしたら、それは単なるバカヤローですね・苦笑。

日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(ブラジルレアルコース)の分配金利回りの推移


もしもこの利回りが本当だとしたら、ウォーレン・バフェットを始め、世界の投資家が日本になだれ込んで、この投資信託は一瞬にして5兆円くらい資金が集まって瞬時に販売停止です。

そのような事が無いという事は、これがクレイジーな金融商品であり、儲かるはずがないと、金融の世界のプロたちは思っている、という事です。

もうちょっと具体的に説明すると、2009年の基準価額10000円。毎月分配金想定150円でしたから、×12か月=1800円で、分配金利回りは18%でスタートしました。これは運用益が18%以上ないと、基準価額が下がるという事を意味します。

新興国のソブリン債と、ブラジル・レアルの為替取引の合計目標利回りが16.3%ですから、そもそもの設計段階で基準価額が下がり続ける事が想定されているという事ですね。

気にすべきは、基準価額が下がると、分配金利回りが同じでも、運用益は減るという事です。投資する原資が減りますから、運用利回りを維持出来たとしても、利益の絶対額は減る事になります。例えば設計値通りに、約16%の運用利回りを数年達成したとしましょう。

・10000円の基準価額(投資原資)の運用益は、1600円
・9000円の基準価額(投資原資)の運用益は、1440円
・8000円の基準価額(投資原資)の運用益は、1280円



ですから、運用益以上の分配金を出すという事は、基本的に投資効果、つまり成績を自分で悪くする要因にもなるのです。アーメン。



そもそも、運用目標を大幅に下回る、ハンパなく悪い運用成績

この項は、日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(トルコリラコース)と状況が同じです。当ブラジルレアルコースにおいても、そもそもの運用目標である参考指数に対して、実際の運用結果が、腰を抜かして立ち上がれないほど、酷いです。

日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(ブラジルレアルコース)の基準価額の指数化グラフ


参考指数との比較データを提示しない「クソファンド」が多い中で、情報を開示する姿勢は素晴らしいです。ですが設定来から▲50%近くも参考指数に負けているのは、本当に泣きたい気持ちになりますね。・・・運用担当者はクビにならないのでしょうか?

日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(ブラジルレアルコース)の分配金込基準価額のパフォーマンスと、参考指数との対比


恐らく、ベンチマークや参考指数を提示しないファンドの多くは、このような恐ろしい成績になっている可能性が非常に高いですね。当ファンド以外で、運用目標が明記されていない投資信託には、十分に注意してください。

といっても、金融機関に相談したところで、このような事は一切教えてくれません。投資信託を買うときに運用報告書(あるいはせめて月報)を見ない人は、決して投資信託など買わないようにしましょう。せっせと貯金だけしておけば良いと思います。そのほうが逆に、お金が減らない・笑、たぶん。



日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(レアル)の概要

購入単位:1万円以上1円単位
購入手数料:3.24%(税込み)
信託報酬年率1.728%(税込み)(運用管理費用込)
信託財産留保額:なし
分配金の取扱:年12回
償還日:2024年1月15日まで(設定日 2009年7月10日)
運用:日興アセットマネジメント株式会社

今までゴチャゴチャ解説してきましたが、良いファンドかそうでないのかを見分けるたった1つの方法があるとしたら、それはコストを見れば一発です。

投資信託業界は不思議な事に、コストが安ければ安いほど良質の投資信託である事が多いです。販売手数料は無料、信託報酬は1%未満のものをセレクトするのが、絶対条件です。



日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(レアル)の購入先

この投資信託は、どこで購入しようと高い手数料を支払う必要がありそうです。。

手数料3.24% :   SBI証券楽天証券SMBC日興証券


ご意見、口コミ投稿はこちらのページからどうぞ


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方