愛称:NKコンパスAという投資信託の評価はどうか?

(2014/6~2015/6の成績を元に算出、2015年7月時点)

いかにも毎月分配型投資信託のために設計しましたというような投資内容で、それ以上でもそれ以下でもない、何とも表現できない投資信託。当商品を売り出す金融機関側は、ノーリスで高額な販売手数料と信託手数料を手に入れる事が出来るために笑いが止まらないだろう。更に意図的な過剰分配も行われている為に、投資価値は無いと断言できる。

  • 運用(価格の上昇含む)利回り14%に対して、現時点の分配金利回りは5%
  • 価格上昇を含めたチャートで判断すると、分配金は健全な状態
  • 分配金の内訳を見ると、実は債券収入で補えておらず過剰分配が行われている
  • ただし投資対象がそれを上回る上昇なので、問題なく見えてしまう

 


難解な名称だが、要はいろんな債券に投資するだけのファンド

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)・・・やめてくれって感じの名称です。投資に詳しくなかったら、聞いただけで終わりにするか、あるいは「聞くのめんどくさいから購入するわ!」のどちらかでしょうね・笑。

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)


難解なネーミングですがやってる事は単純で、下記のように、先進国の投資適格債券、新興国債券、ハイ・イールド社債に投資する事になります。資産の半分程度をリスクのかなり高い新興国債券や、ジャンク債であるハイ・イールド債券に投資する点に大きな問題を感じます。

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)の基本的な資産配分


2015年5末時点における実際の保有状況は、下記のようになっています。交付目論見書に記載の通り、リスクが超高いハイイールド債券と新興国債券に5割、資金を突っ込んでいます。

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)が保有する債券のセクター別組み入れ比率と格付け別組み入れ比率


ハイイールド債券を多数組み込んでいる為に、格付けを見ると「投機的」債券の比率が3割近くもあります。1000万円の投資資金のうち300万円程度を、「夜逃げするかもしれない人」に貸しちゃっているようなイメージを持って頂ければと思います。

今は景気が良いので、そんな人も夜逃げしないでうまくやっているのでしょうけど、いざ景気が冷え込んだら、何人もの人が夜逃げすることになる点は、認識しておきましょう。



運用成績が良いのか悪いのか分からぬファンド

さて当ファンドは、積極的に投資先銘柄の分析を行うアクティブ運用のようです。投資対象別にベンチマークを設定しているようですが、下記のように複合ベンチマークで提示していないので、イマイチ運用の腕前が分かりません。

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)の基準価額と参考指数の対比


アクティブ運用であるのに、簡単にベンチマークと比較できない(比較する資料を提示しない)という事は、運用の手腕に期待する事は出来ません。困ったものです。

このような状況ですが、純資産総額は250億円(2015年7月10日時点)集まっています。2005年頃なんて、1200億円ものの資金を有していたので、相当多くの人のお金が投入されていたのでしょう。



分配金利回りをチェックして分かる事

最後に分配金利回りのチェックをしたいと思います。記事執筆時点での分配金利回りは4.7%です。

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)の分配金利回りの推移


それに対して下記を見る通り、ポートフォリオ全体の最終利回りは4%以下になっていますから、過剰分配の可能性が非常に高いです。

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)が投資する債券の最終利回り


実際に分配金の内訳を調べてみましょう。下記をご覧になると理解頂けると思いますが、想像通り、金利収益で補えていない状況です。過剰分配を行っているという事ですね。

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)の分配原資の内訳



こんなに問題あるのに、基準価額は上昇する・・・

ここまで解説してくると、ほぼ100%ダメな投資信託というイメージを持たれるかもしれませんね。しかしケシカラヌ事に、この投資信託は金利収入以上の分配金を出しているにもかかわらず、基準価額は下がるどころか上昇しています。

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)の基準価額の上昇


これは、金利収入+投資先債券の値上がり(&円安による為替差益)という、トータルでの運用成績が、プラス14%と非常に好調だからです。当期間の分配金利回りは5%ほどで、運用益を下回る分配金のために、基準価額は上昇しています。

チャートを見るだけでは基準価額が上昇しており、本質的に「過剰分配」なのかは判断不可能です。この点が、毎月分配型投資信託の特有の分かりにくさです。

ま、さすがに基準価額が5000円台はマズイと思っているのかもしれませんね。基準価額が1万円近くになってきたら、今度はそれ以上基準価額を上昇させないようにするための過剰分配が行われるかもしれませんから、よく監視する必要はありそうです。



グローバル・ハイインカム・オープンA(NKコンパスA)の概要

購入手数料:上限2.16%(税込み)
信託報酬:年率1.674%(税込み)
信託財産留保額:なし
分配金の取扱:年12回
償還日:無期限(設定日 平成9年6月27日)
運用:アライアンス・バーンスタイン株式会社



グローバル・ハイインカム・オープンA(NKコンパスA)の購入先

アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイインカム・オープンA(愛称:NKコンパスA)で分配金を得たい場合、下記の金融機関で購入できます。せめて手数料がゼロだったらよかったんですけどね。

手数料2.16SBI証券楽天証券SMBC日興証券


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方