野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)・・・これはまるで危険薬物

(2018年3月30日更新)

野村證券が自信を持って野に放ったカモ投資家集めの投資信託。複雑な運用を多数取り入れた割には運用成績がとてもヘボい。コストも腰が抜けるほど高いにも関わらず、カモ投資家が資金を大投入して純資産総額が1000億円を超える人気のある投資信託に成長した。利回り操作が全力で行なわれている形跡満載で、投信業界の危険薬物と言える。

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)

  • 分配金を急激に増やして急激に減らすのは、一体何の目的なのか分かる?
  • 複雑な運用すぎて、本来はこんなものを理解できる投資家はほとんどいない筈
  • ただし運用報告書によると分配金の出し方は「正常」となっていて意味が不明
  • 猛烈な高コストであるが超絶低コストのインデックスファンドに大きく負ける


 


高い「利回り」をアピールして、多額の資金を集めた投資信託

野村日本高配当株プレミアムには4つのタイプが有り


「老後のお金の不安を解消したい」、「年金が少ないのでできるだけ定期的に受け取れるお金を増やしたい」・・・このようなお金の悩みにつけ込んだような投資信託が、これから解説する野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)通貨セレクトコース(毎月分配型)です。

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)には、以下の4タイプがラインナップされています。本ページでは、純資産が最も多い通貨セレクトコース(毎月分配型)に特化して評価していますが、中身は4タイプとも本質としては変わりませんので、同様に本ページを参考にしていただければと思います。

4つのタイプ 純資産残高
野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)通貨セレクトコース(毎月分配型) 976億円
野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)通貨セレクトコース(年2回決算型) 127億円
野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)円コース(毎月分配型) 64億円
野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)円コース(年2回決算型) 34億円


そして、利回りを異様なまでに高める設計をしている


野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)通貨セレクトコース(毎月分配型)は、たくさん分配金が欲しいと願う人たちのために、以下のように、インカムゲインが最大になる運用手法を選んでいます。

3つの収益の合計利回りは、11.9%に達します。もしも1000万円の資金で運用すれば、毎年119万円を受け取れる計算ですから、まとまった退職金などを手にしたら、野村日本高配当株プレミアムを購入したくなるのでしょう。「あとは悠々自適に」といった欲望を叶えられそうな「見た目」に設計されているのです。

投資先 収益の種類 利回り
日本の高配当利回り株式への投資 株式の配当利回り 2.5%
株式プレミアム戦略 オプション取引によるプレミアム収入 1.4%
為替取引 金利差 8.0%

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)の利回りの出所


それにしても、日本高配当株ファンドと言いながら、実態はブラジルレアルトルコリラ、インドルピー、南アフリカランドメキシコペソの5つの通貨を売買することによる金利差からの利益のほうが断然デカいというのですから、実に驚きです



最高に複雑な仕組み、これが理解できない人間はこの投資信託を買うべからず


さて、リターン(利回り)が高ければ、リスクが高まります。これは資産運用の常識ですね。そして、野村日本高配当株プレミアムには、営業マンがまともに教えてくれないであろう真実(リスク)があります。

そもそも、野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)通貨セレクトコース(毎月分配型)は、典型的に複雑な運用の投資信託です。以下の、収益のイメージ図をご覧ください。上の項で記した収益が、どこから出てくるのかを図示したものです。

野村日本高配当株プレミアムの収益イメージ図


上記のように、国内株式の高配当利回り銘柄に投資をした上に、なぜか複数の通貨の為替取引を行い、しまいにはオプション取引まで採用する、デンジャラス度MAXの金融商品というのが管理人の素直な感想です。

株式プレミアム戦略の内容は、保有する銘柄のコールオプションを売却して、オプションのプレミアム収入の獲得を目指しています。と言っても、よく分からないと思いますが、短期間で取引を終える必要がある訳ですから、ギャンブルにとても近いです。

という事は、安定的に分配金を出している裏で、投資家にも分かりにくいところで大きな損失を発生させる可能性も非常に大きい仕組みです。この多大なるリスクの裏返しとして、分配金が多いという事は頭に入れておいてください。最近半年間については、売買益を上回る多額の売買損失は発生していないようです。

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)の損益の状況


ただし、2015年1月にチェックした時には、以下のように多大な売買損失を計上しています。いくら分配金を出しても、こういう損失が出やすい投資信託ですから、基準価額には極めて強い下落圧力がかかります。

野村日本高配当株プレミアムの損益の状況


結局、このように不透明極まりない投資信託を選んでしまうと、何が起きているか全く分からない事になります。これが、表に出て来ない、リスクの真の姿でもあります。

おそらく、販売している営業マンは中身をまったく理解していない事でしょう。営業マンもあなたも中身が分からないのだとしたら、到底、投資に値しない投資信託だと断言できます。分からないものに投資をするのは、投資家としては愚の骨頂なのですから。



野村證券の「分配金操作」事例を、間近に拝むことができました


では続いて、野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)の分配金が、マトモかどうかを見ていきます。数年前にチェックしたときには、次のような問題提起をしていました。




その後どうなったかというと、2016年後半から怒涛の分配金の減額です。管理人が恐れていたことが、実現してしまいましたね。あきらかに分配金額を操作して、利回りをコントロールしてるように見えます。

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)の分配金履歴


では、分配金の利回りの傾向がどうなっているのでしょうか。分配金利回りについても、以下のように管理人は述べていました。




分配金利回りは16%どころか、25%近くにまで到達しましたね。明らかに高すぎる分配金利回りです。そして、高すぎる分配金利回りなどは維持できませんから、利回りを急激に低下する流れにしつつ、カモ投資家を他の投資信託に切り替えさせるような事もたくらむ事になります。

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)の分配金利回りの推移


野村證券の投資信託はほとんど詐欺まがいだなと思うと同時に、本当に、投資してはいけない投資信託の典型だと感じます。 このような投資信託に手を出してしまったあなたには、ご愁傷様ですと申し上げるしかありません。


それでも「儲かってる」という「信者」は、この現実を見よ


以上のような事を申し上げても、分かっていない人はこう言うかもしれません。「毎月分配型ではなくて、分配金を再投資した場合(トータルリターン)では、十分儲かっているでしょう」と。確かに月報を見ると、そのように見えます。(年2回決算コースでも、このような基準価額になります)

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)の運用実績の推移


では、この「分配金再投資基準価額」は、野村證券に極めて高いコストを支払っただけの価値は有るのでしょうか? その見極めが、投資家としてイケてる人なのかダメな人なのかの分水嶺となります。

見極めをするために、野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)を、他の投資信託と比較してみましょう。それで、全てが一瞬で判断できます。たぶん、このような投資信託を買ったあなたは、買う時に比較検討など全くしていないはずですから・・・。

ただし、この投資信託にはベンチマークが存在しません。何と比較をすれば良いのか、やはり月報で投資先の企業を見てみます。すると、組み入れ上位10銘柄は以下のような東証一部上場の大企業を中心に130銘柄に分散投資しているようですので、TOPIX(東証株価指数)と比較すれば良いでしょう。

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)の投資先の上位10銘柄


となると、TOPIXに連動する平均的な数値をベンチマークとする、超低コストのインデックスファンド、<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド(信託報酬わずか0.159%)と比較すればよろしいでしょう。以下、その結果をご覧ください。

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)とインデックスファンドとのリターン比較

項目 野村日本高配当株プレミアム <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
購入手数料 3.5% なし
信託報酬 1.38% 0.159%
100万円投資した時の、初年度のコスト あなたの負担は4万8800円 あなたの負担は1590円


野村日本高配当株プレミアムが、分配金を出さずにすべて再投資したと仮定した時の運用成績でインデックスファンドに全然勝てないのですから、コストかかる分だけ、ボッタクリだと表現して良いです。

いくら多大な分配金が出ていたとしても、分配金も含めたトータルリターンは、インデックスファンドにボロ負け状態なのです。全く投資価値は無いと断言して良いでしょう。野村日本高配当株プレミアムなど話にならない投資先だという事が、一目瞭然だと思います。

なお、上記のインデックスファンドは、SBI証券楽天証券などで普通に買えるものです。SBI証券の投資信託・定期売却サービスを使えば、毎月分配型投資信託と同じように、お金を引き出すことが可能です。

あるいは、株式と同様に売買して購入するETFも選択肢です。上場インデックスファンド日本高配当を買って、定期的に分配金を得るのも賢明な判断だと思います。

ただし、いずれの方法を取るにしても、野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)のように多大な分配金が入って来る事はありませんから、注意してください。

本ページを読んで頂くと分かる通り、そもそもそのような大量の分配金など完全な「まやかし」であり、上記の2通りの方法で得られる分配金こそ、「正しい数字」だという事を心得てください。じゃないと、あなたは一生、証券会社にカモにされる事になります。



野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)の概要

購入手数料3.5%(税抜き)
信託報酬年率1.38%(税抜き)
信託財産留保額:0.3%
償還日:平成34年5月23日(設定日・平成24年6月19日)
運用:野村アセットマネジメント株式会社



野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)の購入先

野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)は、野村證券で取り扱っています。既にご紹介したインデックスファンドのほうがはるかに良いですが、どうしてもそれを理解できない人は野村のお世話になりましょう。


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方