パン・パシフィック外国債券オープンの口コミ評価

(2014/5~2015/5の成績を元に算出、2015年6月時点)

過去にモーニングスターの優秀ファンド賞を受賞したのだが、そんなに優秀な運用をしているようには見えない。かなりの過剰分配を行っており利回りを高く見せかけている。信用度の高い債券に投資して、10%を超える分配金利回りなんてありえないと考えられない人が殺到して、純資産1000億円近くまで膨れ上がっている投資信託。

パン・パシフィック外国債券オープン

  • 運用(価格の上昇含む)利回り約13%に対して、現時点の分配金利回りは10%
  • チャートのみで判断すると分配金は健全な状態
  • 実はかなりの過剰分配が行われており、粉飾利回りである事を理解するべき

 


ファンド対象を受賞して、立派な投資信託に見えるが・・・

パン・パシフィック外国債券オープンの投資対象は、環太平洋先進諸国(アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの4か国)のソブリン債券などです

取得時の格付がA格相当以上の投資適格債券を選定しており、実際に保有している債券の格付を見ても信用度の高い債券が9割を占めており、投資先には問題ありません。

種類別債券組み入れ状況と、格付け別債券組み入れ状況


さらには2014年度・モーニングスターアワード「ファンド・オブ・ザ・イヤー2014」の「優秀ファンド賞」を受賞していますから、余計に「良い投資信託」に見えてきます

パン・パシフィック外国債券オープン・優秀ファンド賞受賞


確かに純資産総額は上昇傾向を維持しており、2015年5月時点の純資産総額は921億円と、人気の高さが伺えます。ただ気になるのが再投資の価格と基準価額に大きな差があるために、かなりの過剰分配が行われていると思われます。

パン・パシフィック外国債券オープンの基準価額と純資産の推移


しかしそもそも投資信託としてファンダメンタルズ分析を行い、アクティブ運用をしているはずなのにベンチマークや参考指数すら設定していない点にも不満が高まります

ではなぜ、こんなにも資金が集まるほどの人気ぶりなんでしょうか? それについては、次の項をご覧ください。



分配金利回りがに魅力を感じた人が殺到したからか?

理由としては、安全性の高い債券にもかかわらず、分配金利回りと配当利回りは違うという点を理解できない投資家が群がっているからだと考えらえます。分配金利回りの推移を見ると、下記のようにかなり高めの数字となっています。

パン・パシフィック外国債券オープンの分配金利回りの推移


しかし安全性の高い債券、つまりリスクが低ければリターンも下がるのが常識です。ファンドが保有している債券全体の利回りを見ると、実は2%以下なのですね。AA格以上の債券ですから、当然でしょう。

パン・パシフィック外国債券オープンの投資先債券の最終利回り


もちろん、分配金の内訳をチェックすると、かなりの過剰分配状況です。債券の安定収益で分配金が、まったく補えていない実態が、非常によく分かると思います。

パン・パシフィック外国債券オープンの分配原資の内訳



凄い投資信託に見えて、先進国全体に投資するよりヘボい成績

さてこの投資信託、上記まで読んでいただいただけで、もしかしたら特に凄いものではないのかな?と感じていただいたかもしれませんね。

アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドに厳選して投資、などと高度な技でも使っているように思われるかもしれませんが、何のことはありません。もしも先進国の債券に広く分散投資していた場合に比べると、運用成績は酷く劣ります

パン・パシフィック外国債券オープンと、先進国債券に分散投資する投資信託との基準価額の比較


上記のように、先進国債券に低コスト(パン・パシフィックの半分のコスト)しかかからないSMTグローバル債券インデックス・オープンにボロ負けしているのが実情です。

SMTグローバル債券インデックス・オープンを、SBI証券の定期売却サービスを利用して保有したほうが、はるかに健全な毎月分配型投資信託になります。



パン・パシフィック外国債券オープンの概要

購入手数料:上限2.7%(税込み)
信託報酬:年率1.08%(税込み)
信託財産留保額:なし
分配金の取扱:年12回
償還日:無期限(設定日 2003年8月29日)
運用:明治安田アセットマネジメント株式会社



パン・パシフィック外国債券オープンの購入先

パン・パシフィック外国債券オープンで分配金を得たい場合、金融機関によって大きくコストが異なります。下記以外は、上限の2.7%取られます。どうしてもと言う人は、せめて手数料0円プログラムのある、フィデリティ証券が良いでしょう。

手数料1.62%SBI証券楽天証券マネックス証券フィデリティ証券


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方