分配金で投資信託を買い増すことについてどう考えますか?

●投稿者:クロスパールさん(年代・性別不明)2014年11月

今回ご相談させてもらいたいのは、あるブログの投資方法についてです。 その投資方法とは以下のようなものです。

毎月分配型投信購入→分配金が出る
  →インデックス投信購入orアクティブファンド購入


分配金がすべて元本払い戻し(注:普通分配金と特別分配金の違いの項を参照の事)ならば資金をそのまま投入することと同じですよね。毎月分配型投信を購入している分、コストがかかるので資金効率は悪くなるのはわかります。

②ここからが聞きたいことなのですが、
分配金が”すべて利益”の場合はどうなるでしょうか?もちろんすべてのコストを超える利益が出ている前提です。

②の場合は自分の持ち出しが0ということになりますよね。このような運用方法は資産運用に適しているでしょうか?

回答:非合理的で、やはり全く意味の無い行動です

クロスパール様、ご質問ありがとうございます。毎月分配型投資信託の分配金(利益)を利用した資産運用の妥当性についてのご質問ですね。

以前も下記のような、かなり類似する質問をいただいたことがあります。本項をお読みいただいた後に、ぜひご覧になって下さい。

毎月分配型投信の分配金でインデックスファンドを買えばよい(2014年9月)

毎月分配型投資信託


では理解し易くするために、まずは下記のような条件で考えてみましょう。

毎月分配型投資信託:ノーロードタイプで日経平均インデックス型(毎月分配
リレー投資先の投資信託:ノーロードタイプで日経平均インデックス型(無分配

投資信託の経費は全て同等と仮定(信託報酬など)
理解し易くする為に、これまでは無分配で初めての分配金でリレー投資。


 



変なこと考えるより、最初から普通に投資してればよいだけ

さて上記、かなりあり得ない設定ですよね。でも本質を理解するために、上記のような条件で考えてみる事が分かりやすくて有効です。どちらも同じインデックスをベンチマークにしている投資信託、という点が理解を深めるポイントです。

この条件で分配金(課税後)を利用してリレー投資先の投資信託を購入するという事は、同一の投資信託に対して売却後、税金を引かれた資金で再度購入する行為と同じことですね。

そう考えると、課税分だけ損失が発生する事になります。

仮に資産運用として優位に成立させようとするならば、毎月発生する課税分の損失を補完する事が可能で、かつ、毎月分配型投資信託の運用成績を遥かに凌駕するアクティブ運用型のファンド、もしくは、インデックス運用型のファンドを採用する必要がありますね。(運用成績が悪ければ、傷が余計に広がるだけ)

が、そんな超絶なファンドなど、有るわけないですよね。(分配金が全て利益から出ているという毎月分配型投資信託自体、出会った事が無いので、設問自体も成り立たないんですけどね・苦笑)

というか、そのような事を考える暇があるならば、最初から優秀な投資信託を利用する方が課税分の損失が無い分だけ、非常に良好な資産運用が可能です。

そもそも毎月分配型投資信託は、購入手数料や高額な信託報酬で不利な状態からスタートしていますから、かなり運用成績の結果に差が出ると思います。

敢えて有利になりそうなシチュエーションを考えるとするならば、全て利益である分配金を貯蓄した上で、大暴落時を見極めて、インデックス投資信託やアクティブ投資信託をタイミングよく購入出来れば、総合的に良好な運用成績を残せるかもしれません。

(その後、市場が戻る前提) ですが、これでは積極的なトレードをするレベルですし、暴落時に迷いなく購入出来る技術があるならば、自分の意思で利益確定も出来るはずです。わざわざ毎月分配型投資信託の分配金に頼る必要も無いですね。

まったく、毎月分配型投資信託にハマった人の脳みそは、非合理的で意味不明な事を考えますね。クロスパールさんも、決してそのようなアホな考え方に毒されないようにして下さいね!


【そのほかの参考になる質問など】

暴落時にも分配金が出ることで、利益確定ができるのはメリットですよね?
分配金を受け取っても再投資すれば、口数が増えて良いのではないでしょうか?
毎月分配型のメリットを良く勉強せよとのご意見



 

投資信託や分配金、利回り、証券会社などについてのご意見、口コミの投稿

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方