外貨建て終身保険でもテルママ式資産運用はイケてない

テルママ式資産運用は外貨建て終身保険だからメリット大ですよね

●投稿者:ママ友さん(40代・女性)2014年12月

「テルママ式」の資産運用方法が、国内型の保険商品を利用する場合ではお得ではない事は分かったのですが「外貨建て終身保険」を利用するのであればメリットがあるのではないでしょうか?
http://ameblo.jp/teruyomama/entry-11815936489.html


テルママ式の資産運用ですが、上記を見ると、根本的には

・分配金を、外貨建て終身保険の掛け金(米ドル建て終身保険)に充てる
・毎月分配型をたくさん買う、または高額分配タイプを買って、多くの分配金で出来るだけ短期で払い込む。一括前納が最良。
・円安で支払いがきつくなったら、そこで払い込み終了とする


12月26日付けの娘さんの保険運用にもありましたが、有美さんという金融関係の方に、分配金を充てることを教わったとあります。

金融関係、特に保険関係の人は、内緒で皆さんやっていらっしゃる方法だとか・・・

テルママ式は、単純に、資産を一切減らさないで、保険をまるまるひとつ手にいれてしまおうという方法だと思います。テルママ式をやっていらっしゃる方は、外貨建てによって為替益も狙っているのです。


※ママ友さまへ、頂いたメールアドレスが送信エラーになりますので、メールでのお返事はできません。その点はあしからずご了承ください。

 

回答:世界分散投資のほうがはるかに高いリターンを望める

ママ友様、追加のご質問ありがとうございます。外貨建ての終身保険、例えば米ドル建ての終身保険は、円安のメリットを受ける事が出来るので有利になるのでは無いのか?という事ですね。では参考に、メットライフ生命のUSドル建IS終身保険の例を参考に、再度議論してみましょう。
http://www.metlife.co.jp/products/life/




メットライフ生命のUSドル建IS終身保険は、米ドルで年3%の積立利率を最低限保証する仕組みです。




だいだい25年で保険を払い込みが完了して、そこからは年率3%の利率で資金が増え続けていくという事ですよね。つまり米ドル建て終身保険は、3%の米ドル外貨定期預金に25年間積立定期預金を続けた上で、放置し続けるイメージですね。

なお為替差損は米ドルレートの動きによって利益にもなりますし、損失にもなる点は注意が必要です。為替で利益が出るとか出ないという話しは、金融の世界では投資ではなくて投機です。一言で言えばギャンブルですので、そういう認識の下、ギャンブルを数十年間長期にわたって行っていると考えるべきところですね。

では、ママ友さまが積み立てをご検討された、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはどうなのか? ファンドの構成をよく見るとご理解頂けると思いますが、85%は海外の資産(株式と債券)に投資をしているために、為替の利益(損失も)得る事が当然可能です。




円安のメリットを得る事を気にしてらっしゃいますから、あえて過去5年間(円高から円安に動いた時期を利用します)の成績をみてみましょう。かなり力技ですが、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドから米ドルの影響を差し引いた、5年40%の運用成績が米ドル建ての運用成績と仮定します




5年40%ですから、年率の利回りに換算すると、年率で6.8%程度です。100万円を投資すると、140万3600円に増えます。という事実の元に、それぞれの投資(通貨への投資は投機)成果を比較すると、

米ドル建て終身保険 : 年率3%(米ドル建て)
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド : 年率6.7%(米ドル建て)

となり、比較検討するまでもなく、下記のような成績差になります

米ドル建て終身保険 

年率3%(米ドル建て)
運用結果:211万52020円
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 

年率6.7%(米ドル建て)
運用結果:531万3981円


米ドル建ての終身保険は25年間で2倍ですが、セゾン投資の方は5倍ですね。そりゃそうです。為替の影響が同一であれば、定期預金に長期間預け入れるよりも、株式+債券に長期期間預け入れた方が運用益は格段に良い訳ですから

つまり、安全そうだという事で現金で持っていては、株や債券に投資する人に、期待リターンで全く歯が立たないくらい不利だ、という事です。



「内緒の資産運用方法」を信じる事は、金融リテラシーに問題あり

>>12月26日付けの娘さんの保険運用にもありましたが、有美さんという金融関係
>>の方に、分配金を充てることを教わったとあります。金融関係、特に保険関係
>>の人は、内緒で皆さんやっていらっしゃる方法だとか・・・


そもそも、上記のように金融関係者、保険関係者、富裕層など(何でも良いですが・・・)が内緒でやる運用方法ですよ!と囁かれた場合は、間違いなく情報発信者は怪しい人間か無知な人間だと思った方が良いでしょう。

内緒、秘密のようなキーワードを出す事自体がNGです。お金を稼ぐ、増やす方法に、裏ワザなどありません。

本当に資産を増やす力、稼ぐ力を身に着けた、表に出てこない真の富裕層は、コツコツと支出を減らして、働く事で収入を増やして、じっくりと資産を増やす運用方法を継続しています。

楽して安全にお金を稼ぎたい、増やしたいという卑しい気持ちがある限り(・・・いや、すみません、管理人もその気持ちは強いんですが。。。)、資産を安定的、且つ継続して増やす事は不可能です。(一時的に、爆発的に増やせるかもしれませんが、長期間の間、生き延びれるのかというと、別問題)

このテルママ式なる資産運用?方法、毎月分配型投資信託のような、実際にこれらの商品を組成した張本人たちが全く利用しないような、資産形成とは真逆の商品を買う事自体が第一のナンセンスであります。

投資しているつもりが大半がご自身の元金の取り崩し」という分配金を使って保険料を支払って、長期に渡って、株や債券とは比較にならない低いリターンに固定するというのは、資産運用というよりは金融リテラシーの問題にすり替えられると思いますし、知ってる上でやっているとしたら、とてつもないくらい強固なマインドブロックがあるとしか思えません。

なお、「元本割れが怖いから長期の投資は信用できない」というのであれば、その疑問もナンセンスです。元本割れするかしないかは確率的に五分五分の米ドルに、大半の資金をつぎ込むわけですからね。

という事で、以上が「外貨建て終身保険を活用するテルママ式資産運用」の問題点のご指摘でした。



 

投資信託や分配金、利回り、証券会社などについてのご意見、口コミの投稿

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方