PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(ブラジル・レアルコース)の解約について

PIMCO 米国ハイイールド債券ファンドを解約・換金すべきか?

●投稿者:おりょうさん(年代不明・女性)2015年8月

教えてください。銀行の方に勧められて、わけもわからないまま投資信託を始めました。

PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(ブラジル・レアルコース)をしていますが、取得金額6、989円ではじめて、今、3800円になってしまいました。

今すぐ、換金すべきか教えてください。何もわかっていないので、ご指導よろしくお願いします。



 

回答:まずは、どのような投資がしたいのか、それを明確に!

ご質問ありがとうございます。この手の銀行のおススメで投資信託を買っちゃったお悩みは、私に資産運用はできますでしょうか?とのご質問と回答のページにも、似たような事例として書かせていただいておりますので、まずはそちらをご覧頂いたうえで、当ページを見て頂ければと思います。



PIMCO米国ハイイールド債券ファンドは、買うに値しない投資信託

最初に、PIMCO米国ハイイールド債券ファンドです。冒頭にリンクをしておいたとおり、該当ページを見て頂ければ、相当に酷い投資信託だという事が分かると思います。

米国のハイイールド債券に投資する投資信託、と言うくくりで他のファンド(ETFを含む)と基準価額を比べてみますと、分配後の基準価額は似たようなファンドに比べて、明らかにひっくり返るほどの下落をしているのが分かるかと思います。


【下記、比較しているファンド】

iシェアーズ 米国ハイイールド債券ETF(iBoxxドル建てLHYC)緑線・1361)
i-mizuhoハイイールド債券インデックス( 為替ヘッジなし)(赤線・48316139)
・PIMCO米国ハイイールド債券ファンドは青線




上記はヤフーファイナンスを使っての比較です。PIMCO米国ハイイールド債券ファンドは分配後の基準価額となっています。同じく米国のハイイールド債券に投資する緑線のETFも、分配後の基準価額ですが、明確な差異があるのが分かると思います。

これは、PIMCO米国ハイイールド債券ファンドが超絶に過剰な分配を行っており、おそらく元本を分配金と称して取り崩すだけの「特別分配金」が大半だからだと思わます。

下記は、分配金を再投資したものと仮定して、米国を中心とした先進国のハイイールド債券に投資する低コストのインデックスファンド、i-mizuhoハイイールド債券インデックス( 為替ヘッジなしと成績を比較したものです。

ブラジルレアルなんぞを取り込んでリスクを高めた結果、直近では基準価額が暴落状態になって、ハイイールド債券だけに素直に投資しているi-mizuhoに比べて、泣きそうになるほど運用成績が悪いのが分かります。




このように体たらくな成績にもかかわらず、比較した投資信託に比べると、購入時のコスト、保有時の毎年のコストともに、腰が抜けるほど高いです。

このような投資信託は、百害あって一利なしの典型的な事例ですので、もしも管理人ならば、いくら損しても良いので、ただちに解約&換金を行いますね。保有しているだけでいちいちあれこれと思い悩むだけですから、人生の無駄になります。

もったいないと思うかもしれませんが、こんなもんはたかが授業料です。これで「投資信託にも良し悪しがある」とか、「銀行も相当いい加減な事を言うとから気を付けよう」とか、学びがあると思います。



それより、なぜ銀行に行って投資信託を買ったのでしょうか?

ところでおりょうさまは、何ゆえ銀行に行って、投資信託を購入されたのでしょうか?

通常、特に理由が無い限り、銀行員は資産運用をいきなり勧めてきたりしません。もしかしたらおりょうさまが自ら、投資信託や投資全般について、銀行員に何か質問でもなされたのでしょうか?

そうだとしても、あるいはいきなり銀行員から何か言われたのだとしても、だからと言ってこのファンドを買ってしまうとは考えにくいです。

もしかしたら、分配金利回りに惑わされてしまったのでしょうか。(参考までに、分配金利回りと配当利回りは全く違いますので、間違えないようにしましょう)



まず、何を目的に投資をしたいのか、明確にしましょう

今回銀行に行って、言われるままに変なファンドを買ってしまったのは、投資信託を購入する目的が、何も無かったからだと思います。(当然、お金を増やしたいからと言う目的はあるでしょうが、それは万人に共通なので省きます)

例えばスーパーに買い物に行くとき、今晩の夕食をトンカツにするという明確な目的がある場合は、購入するものは厚切りの豚肉、パン粉、卵、添えて出すサラダ用の野菜、時にビール、などなど、ハッキリと決まっていますよね?

投資信託も、スーパーの買い物と違いはありません。どんな投資をしたいのかによって、購入する商品が異なるのです。

ただし、スーパーではどんなものを購入しようが、中身の質が悪いのに値段は逆に高いというものは存在しません。一方で投資信託は、平均値よりも成績が悪いくせにやたらとコストが高いボッタクリ投信が異様に多いです。

こういうのを買ってしまうのは、腐りかけの豚肉を通常の3倍の値段を出して買っているようなものですから、決してやってはいけません。

投資信託の目的


さて投資の目的です。おりょうさまは、いったいどんな投資をなさりたいのでしょうか。投資信託という商品を使う場合は、その商品の特性上、分散投資、そして長期投資が最も適しています。

当サイトでは、万人にとって最も無難で手堅い投資方法として、20年30年をかけてゆったりと自然体で増やしてやる、インデックス投資がベターだと考えています。

⇒参考:インデックス投資の始め方(管理人姉妹サイト)
⇒参考:投資信託おすすめの本ベストセレクト(同)


逆に、そんな長期投資は嫌いだ、と言う場合は、投資信託という道具を使うのであれば、短期売買用の投資信託、例えばブルベア型ファンドなどが適しているでしょう。

もっともブルベア型ファンドの場合、ご自身で売買タイミングを明確に読まねばならないため、変なファンドを買ってしまうような方には、とてもおススメできるシロモノではありません。投資のセミプロ級の人くらいしか、役立てることのできない道具です。

⇒参考:長期分散投資にブルベアファンドを使う事について


あとは、女性に多いと(勝手に)想像しているのですが、分配金が欲しいというケースです。先に書いたとおり、分配金利回りと配当利回りは全く違うという事を知らない人は、買ってはいけません。

分配金目当てに投資するのは、株式投資における配当金や株主優待を目当てに投資するのと相当に似通っていますし、それはそれで投資のスタイルですから、問題無いでしょう。

ただし、世の中に出回っている毎月分配型投資信託の99%くらいは、ボッタクリ投資信託かそれに類似する酷いものばかりです。

どうかその点にだけは十分に注意していただいて、毎月分配型投資信託の選び方のページをジックリと理解できるまで読んでいただいてから、ファンド選びをされると良いでしょう。

なお、当サイトでも言及しております、カモにならない分配金のもらい方ページも必読です。そこに記載したようなファンドの買い方と、あとは元々配当利回りが高いJ-REITを併用して、毎月の分配金を獲得するのがベターだと考えます。

あ、繰り返しますが、冒頭の私に資産運用はできますでしょうか?のページは、本件と非常に類似する質問になりますから、必ずお目を通してくださいね。

という事で、今後、おりょうさまが銀行に騙されることなく、ご自身の力で資産運用ができるようになることを、陰ながら願っております!



 

投資信託や分配金、利回り、証券会社などについてのご意見、口コミの投稿

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方