保険を解約して購入した投資信託が、急落しています

●投稿者:ららさま(年代不明・女性)2016年1月

突然の相談で申し訳ないです

約1年程前に大和証券米国株トリプルリターンレアルコースを勧められ850万で購入 保険解約して今後悔してます 850万が 430万に減り分配金160万になりました 

そしてそして600万アルファカルテットを購入 こちらは450万と分配金90万になりました 今日経平均 NYdawも為替も円高レアルも急落 
解約がいいでしようか 

こうリスク高リターン望みません一番望みは低リスクで期間は長くても減った分元に戻したいです よろしくお願いいたします

管理人注:アルファカルテットは日本株アルファ・カルテットか、米国株アルファ・カルテットなのか不明ですが、どちらでも結論は同じなので特定せずに回答します。


 


回答:ただちに損切りして、個人向け国債か定期預金に乗り変えを

ららさま、今回はとんだ酷い目に合いましたね。保険を解約して投資信託を購入するかしないかは結局自己責任ではありますが、それにしてもかような大金をそのようなボッタクリ投資信託の購入に誘導するとは、大和証券も不埒な会社ですね。

投資信託に騙された人


分配金が出ているからまあいいやと思ってらっしゃるかもしれませんが、おそらくこの2つのファンドの分配金は、普通分配金ではなくて「元本払戻金」が大半だと思います。

自分の元本を、金融機関に手数料(及び信託報酬)をかすめ取られた後に、取り崩しているだけです。そのようなものは、全く投資とは言えません。

⇒参考:普通分配金と特別分配金(元本払戻金)の違い



投資に失敗したと思ったら、その時点で損切りするのが鉄則

今回、まず真っ先に申しあげなくてはならないのは、投資は完全に自己責任だという事です。いくら大和証券に道義的な責任があるとしても、その誘いに乗ってお金を儲けようとしたのは、ららさまご本人の訳です。「大和に一杯食わされた!」と後悔したとしても、売り手が法令違反していなかったとしたらどうにもなりません。


トリプルリターンズ(ブラジルレアルコース)の価格

勧められた投資信託が、相場の急落で大損という事に
(基準価額は安い方がお得とか言ってると、一生浮かばれない・・・)


相場の下落と共に、似たような質問が多く、寄せられるようになりました。投資の世界では、失敗したと思ったらただちに損切りするのが鉄則です。今の価格から上がるか下がるかは、半か丁かの博打でしかありません。

大切なお金を、全く勝算の無い丁半博打のギャンブルとして晒すのは実に愚かな事ですから、ここはただちに解約して現金化するのが最善だと考えます。

(仮に解約後に相場が急回復したとしても、変な投資信託と縁切りしたららさまとは無関係な世界の話しなので、決してそこで再び「後悔」なさらないようにして下さい。)


【同様のご質問の回答です・参考事例としてお読み下さい】

投資信託をどうすれば良いか?問題多発ファンドの処理
銀行に買わされた毎月分配型投信を解約したい相談
投資信託での手痛い失敗事例
三井住友銀行がボッタクリ投資信託を解約させてくれない


なお、上記の三井住友銀行の例にあるように、解約を待つように勧めらるかもしれません。しかし、そもそも今回のようなボッタクリ投資信託を推奨された事が間違いですし、それを買ってしまった事も間違いです。

「今後はこちらの投資信託が伸びるかもしれない」と、ファンドの乗り換えを勧められる可能性が大ですけれど、決して再び騙されないようにしましょう。



元本保証の、個人向け国債10年ものがベター

ここからは、今回ららさまはこのような仕打ちを受けて、もう二度と元本が変動する商品にお金を突っ込むのは嫌だと思っていらっしゃると推定して、書きますね。

おすすめできるとしたら、個人向け国債10年もの(変動金利型)くらいだと思います。これは国が元本を保証しているので、購入から1年以内に解約しない限りは、元本が減ることはありません。

その上で、変動金利型ですから、今後日本がインフレ的になって金利が上昇すれば、一定の速度でそれに追従して金利が高くなりますから、インフレに極度に弱い(=元本保証だがインフレを考慮すると元本割れ)という性質のある保険などよりも、メリットが大きいです。

ただし、金融の世界はローリスクなものはローリターンです。(ローリスクでハイリターンと言う輩がいたら、確実にそれは詐欺師ですので、聞く耳をもってはいけません)

残念ながら、投資信託を解約すると、現金になるのは800万円に減少していると思います。(分配金は全部使ってしまったと推定)

そうなると、個人向け国債10年ものの適用利率は、税引き後で0.1354645%ですから、ららさまが生存しているうちにこれが最初の1450万円に戻ることは、残念ながら実現しませんので、納得していただくしかありません。(10年預けて利息は約10万円)

個人向け国債は大和証券でも購入できます。が、ダマクラカシタ人から買うのは流石に癪に障ると思いますから、SBI証券とか、あるいは最寄りの郵便局で購入すると良いですね。(当サイトからSBI証券の口座を開くと、現金2000円がもらえます。当サイト限定キャンペーン)



徹底的に、高金利の定期預金に集中するのも手

あるいは管理人の姉妹サイトで、高金利の定期預金に徹底的にフォーカスしたサイトも運営していますので、1年ごとに、その時点で最も金利が高い定期預金に乗り変えてゆく方法もアリだと思います。(3年ごととかでも良い)

金利的にはこちらの方が断然有利です。1年ごとに見直したりするのが面倒でなければ、こちらをお勧めします。

参考までに現時点で最高金利の銀行を利用すると、1年で2万円以上の利息になります。このような金利を徹底的に追及して着実に資産を増やすほうが、ららさまにとって合っているかもしれませんね。

なお、「損を取り戻してやろう」という考えは危険です。気持ちは分かりますが、その意識が高すぎると、そこに付け込んで甘い言葉を囁く詐欺まがいの人に簡単に騙されます。肝心なのは、今から損しないようにする、という意識です。

時間を味方に付けて頂いて、一歩一歩堅実に、お金を貯めてゆくのが正解だと考えます。どうしても投資をやってみたいのであれば、投資信託に関しては、少なくとも下記のような本を読んで頂いて、しっかり勉強をなさって下さい。

⇒参考:投資信託の本、おすすめのページ



 


投資信託や分配金、利回り、証券会社などについてのご意見、口コミの投稿

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方