78歳の母が三菱UFJモルガンスタンレー証券で2300万円も投資

●投稿者:丸 金男さま(年代不明・男性)2016年2月

1.78歳の母が、三菱モルガン証券の口車にのって23百万投資しました。商品の中身を理解する? には母の属性では無理ですし、元金融マンであった私も無理でした。

2.三菱モルガン証券の販売スタンスには、怒りしかありません。購入後、3ケ月後に損切り覚悟で取り敢えず半額は処分させ銀行の定期預金にさせました。この間、三菱モルガン証券のお客様苦情窓口に何度も同社のコンプライアンスの異常さを訴えましたが、取り合ってくれません。

3.私は、費用をかけても同社を糾弾する考えです。78歳の母にカバードコールを理解するなんて不可能です。ハッキリ言って、販売した証券マンも理解しておりませんでした。何よりも、適合性の原則を無視した同社を懲らしめたいです。お知恵があれば、お借りしたいです。



 

回答:あっせん相談センターの活用を!

丸金男さま、お便りを拝見して、ただただ腹立たしい気持ちの一言です。先月も、認知症診断前のお母様に銀行がボッタクリ投資信託を売りつけた件でご相談を受けており、金融業界はこういうことが横行しているのが、よく分かりますね。

三菱UFJモルガンスタンレー証券


今回の件は、以前いただいたこちらの質問のように、三菱UFJモルガンスタンレー証券側がもしも録音などをしていたら、ちょっと厄介かもしれません。



金商法の適合性の原則に違反しているかどうかが争点になる

回答の前に申し上げておかなくてはなりません。当方、お金に関してはそれなりに知識はありますが、法律に関しては素人の域を出ません。したがって、ここに書くことはあくまで一般論的な話になります。

適合性の法則などと書くと、当サイトの読者さんがたちどころに立ち去ってしまいますので、分かりやすいサイトを見て頂くという事にしましょうか。ついでに金融庁のPDF資料を添付。

適合性原則を理解しよう - 金融商品取引法のコンプライアンス
金融商品取引法の疑問に答えます(金融庁)


適合性の四原則に照らし合わせた場合、以下の点で、三菱UFJモルガンスタンレー証券側に、問題があったのかどうかがポイントになると思います。


・知識があるか

今回、具体的な商品名が分かりませんが、カバードコール戦略(オプション取引)を採用した投資信託について、十分な理解があったかどうかでしょう。

ただし、下記のような確認書類に同意して、サインをすることになっていると思うので、これ
にサインしてしまったら、かなり不利な状況になるかと思われます。
通貨選択型投資信託に関する確認書


・経験があるか:過去に、投資信託や株式などを購入した経験があったかどうかです。購入履歴があれば、一定の知識・経験があるものとみなされます。


・財産の状況を把握したか

これについては、私も過去に銀行の窓口で投資信託の説明を求めたことがありますが、財産の把握はされたことがありません。余裕資金で投資してくださいと言われるくらいです。

ただ、リスク許容度については、知識のところと重なりますが、投資することによって元本割れするなどのリスクを一通り説明しているでしょうし、リスクがある旨記した書類(パンフレットなど)を配布しているでしょうから、問題無しといわれる可能性があります。


・投資目的を確認したか

この部分は口頭でのやり取りがメインでしょうから、言った言わないの世界になる可能性が高いです。証券会社に録音されていたとしたら、非常に厄介ですね。


以上の大原則を踏まえたうえで、既に紹介した司法書士によるウェブサイトの説明によると、狭義及び広義の適合性原則に合致するかどうかを総合的に判断するようです。

商品資料などを用意したうえで、複数回面談して、顧客に商品内容やリスクの説明をしていれば。問題は無いと判断される可能性が高いのではないかと思いました。

三菱UFJモルガンスタンレー証券も、こういった事例は数多く手掛けているため、その部分は抜かりなく対応している可能性も強いので、もしも管理人だったらですが、弁護士に相談します。

相手を訴えるという事になると、相手側が適切な対応をしていなかったという証拠をこちら側で積み上げる必要があります。その証拠には何が必要なのか、弁護士に相談するのが一番早くて確実です。

ただ、弁護士にいきなり相談するのは敷居が高いので、そうであれば、特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センターを活用する方法もあります。
特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター


ここに苦情を申し立て、あっせん相談センターからモルガンスタンレー証券に説明を求めて、納得のいく説明が返ってこなかった場合は、あっせん手続きに移行できます。

この時にあっせん相談センターの委員会の弁護士が、和解案を勧告します。これで和解できればあっせん終了となり、物別れに終わった場合は、自分で弁護士を立てて、再度三菱UFJモルガンスタンレー証券とやりとりする必要が出てきます。


それにしても、管理人もいつも感じることですが、三菱UFJモルガンスタンレー証券というのは、エグイ投資信託ばかりを売りつける、問題の大きい証券会社です

丸金男さまのご家族もそうですし、本ページをご覧になっている方も、決してこの証券会社に足を運ばないよう、十二分に注意していただければと思います。

⇒2016年8月追記:高齢者に多額の投資信託を売りつける三菱UFJモルガンスタンレー証券



 

投資信託や分配金、利回り、証券会社などについてのご意見、口コミの投稿

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方