ゆうちょ銀行で東京海上・円資産バランスファンドを1000万円

●投稿者:USさま(年代不明・女性)2017年8月

はじめまして、質問をさせてください。投信は全くの初めてです。6月に1000万円でゆうちょの東京海上・円資産バランス(毎月決算型)を購入、元本割れは絶対無いとのことでした。

東京海上・円資産バランスファンド買って損をしたイメージ


説明の時手数料の事も知らず取引報告書を見て取引後残高が8469441(口)と記入してあり愕然としました。その後も3回特別分配金の配当でこれは2か月で150万円の損とまだ配当金も貰えないという事なんでしょうか。なぜ買付手数料(1.08%)以外にこんなに金額が減るのでしょうか。

早急に解約したほうが損失が増えないのでしょうか。この後数年おいていても利益が増えるとも思われません。私は騙されたのでしょうか。宜しくお願いします。


 

回答:騙されたというより、単なる無知で不勉強なのではないでしょうか

東京海上・円資産バランスファンドは、確かにクズファンドではあります


USさま、ゆうちょ銀行で投資信託を買われたのですね。今回は、とんだ災難でした。ゆうちょ銀行も最近は高コストの投資信託を庶民に買わせて、何とか利益をひねり出そうと躍起のようですね。

ところで、取引後残高の口数は、東京海上・円資産バランスファンド(愛称:円奏会)を購入した時から、追加投資や一部売却をしていない限り、数に変わりはありません。8,469,441という数字は、現在の評価額を言っているのだと思います。(ちょうど150万円程度の「損」で、数字的にも合いますし)

1000万円を投資して手数料1%ほどを取られると、投資元本は989万2000円ですよね、10万8000円も買い付け時に手数料を取られるのですから、はなからゆうちょ銀行など利用してはなりませんね。

で、150万円の損と記載してありますが、分配後の損益なのか、それとも分配金込みのトータルリターンで損失を出しているのか、メールでは残念ながら、ハッキリしません。

直近のチャートを見る限りでは、購入された6月からはトータルリターンにおいてはあまり変化は無いようなので(青線)、分配後の基準価額(赤線)で損を出したとおっしゃっているのかも知れません。

東京海上・円資産バランスファンドの基準価額の推移


ただし、メールでは特別分配金という表現を使っていますね。この投資信託は東京海上・円資産バランスファンド(愛称:円奏会)のページを見て頂いても分かる通り、分配金の大半が利益とは無関係の元本取り崩しであり、全く投資価値など無いクズファンドであることが分かります。

直近の運用報告書を念のために見てみましたが、特に最近のほうが元本取り崩しが酷いと思われ、・・・というか、ここまで分配金に対して全く収益が出ない酷さは類を見ないほどです。

東京海上・円資産バランスファンドがタコ足分配だという証拠


収益が上がらないところでの元本取り崩しが横行しているからこそ、1000万円投資したのに対して、150万円も減っているという事だと思います。



投資は自己責任、分からないまま購入すると、こういう事になるのです


ところで、USさまのお便りを拝見していると、違和感を感じる部分が多々あります。投資信託は初めてだとの事で、恐らく投資自体が初めての経験なのだと思いますが、

・元本割れは絶対にないとの事
・説明の時手数料の事も知らず
・私は騙されたのでしょうか



などという事を書いている時点で、全くの無知のままに大金を突っ込んでしまった状況がありありと浮かんできます。投資をするのに、元本割れが絶対に無いという言葉を(ゆうちょ銀行員が言うとは俄かには信じがたいですが)、仮に本当に言われたとしても、そんな言葉を信じるのは、明らかにそれは変すぎます。

この投資信託の販売資料を、ご覧になりましたか? 明確に、大きな字で「元本を保証しない」、「元本を割り込むことがある」と書かれています。そもそも、あらゆる投資は元本割れのリスクがあり、それは投資をする者にとって絶対に知っておかなければならない常識の中の常識です。元本割れが無いと言われたとしても、そんな言葉を信じるなど、本来話しにならないのです。

当然、販売資料を見ていないのだとしたら、(販売員が渡さなかったというのも理由になりませんよ、投資なのですから、ご自身で情報を取りに行かねばなりません)、手数料の記載も見ていないのでしょう。

また、騙されたというのではなくて、ご自身が不勉強だったという事になると思います。誰でも簡単に儲かるのであれば、世界中の人は今頃皆、大金持ちです。貯金と違って、投資は不勉強な人はたまたまラッキーだった人を除いて、必ず損します。しっかりと納得できるまで勉強をして知識を付けた人以外は、何度やっても損しますので、心してかかって下さい。(徹底的に勉強しても、損する人が多いのですから)

投資は徹頭徹尾、自己責任です。認知症の人に投資信託を売りつけたとか、そういう類でない限り、騙されたは通用しません。もしもラッキーな事に、購入した投資信託が値上がりして2倍になったら、文句はありませんよね? 損したからといって、投資で人のせいにしてはいけないのです。


この投資信託が将来上がるか下がるかは、神のみぞ知る世界です


そしてUSさまは、「この後数年おいていても利益が増えるとも思われません」などとおっしゃっていますが、投資信託が初めてで恐らく投資の勉強もした事が無い人が、何の根拠があってそのような事をおっしゃるのでしょうか?

もしも今後、投資した商品が値上がりすると分かっていたら、全員がその商品を買いまくります。利益が出ないと思ったら、全員が損切りしてでも売却します。でも、そんな事が分からないから「投資」なのです。

東京海上・円資産バランスファンド(愛称:円奏会)が今後値上がりするのか値下がりするのかは、私も、ゆうちょ銀行の販売員も、あるいは社長も、誰一人としてはっきりとした事は分かりません。

ただ一つ言える事は、年率0.9%も信託報酬を取るような投資信託は、高コストなので投資家にとって不利な商品だという事がまず1点、それから超絶タコ足分配の投資信託などは自分で自分のお金を引き出しているにすぎないので、こんなものは投資とは言えないという点を考えると、仮に利益が出ていたとしても保有している意味が無いという事でしょう

私ならば、儲かっていても損していても、投資する目的が無いという時点で、即刻全額、換金します。お金が減ってもそれは授業料と考えます。それで命が吸い取られる訳ではありませんし、所詮はお金ですから、また貯めればよい訳です。

たまたま「騙した」ところがゆうちょ銀行だった、不幸中の幸いだったと思います。本当に騙す相手は、あなたから1000万円を丸々、奪っていきますから。そういう事態になる前に、金銭的なリテラシーを付けるきっかけがあったという事は、今後の人生にとって悪い事とは思えないです。

代替え可能となる投資信託については、現状ではUSさまの投資に関する知識があまりにも無さすぎるので、いくつか挙げる事はできません。まずは投資の勉強をして頂いて、実際に資金を投じるのはそれからでも全く遅くはありません。

当面は、当サイトの姉妹サイトの定期預金の鬼を見て頂いて、高金利の定期預金で資産を増やしていかれることをお勧めします。

(確かに、投資の知識がなさそうな人に、1000万円も投資させるゆうちょ銀行も、酷いと思います。それを承知で、それとは別の観点で申し上げております。)


 
みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方