タコ足分配といわれても、口数が減らないからOKですよね?

タコ足分配と言われますが、特別分配の場合は口数が減るわけではないので、追加投資して買い増しします。基準価額が上昇したら、そのまま資産が増えるので、良い事なのでは ないでしょうか?

回答・そんなあなたが、タコなのです

まず最初に、こちらの基本を理解してください

投資信託の基本について知識がない場合は、本ページを見ていただいても理解が難しいかもしれません。そんなあなたは、以下のページ

売買単位(1万口とは?)
純資産総額と総口数
基準価額とは?


を順にクリックして頂いて、別ウィンドウで開いたのを見つつ、このページを読み進めていってくださいね。


 


口数を増やしても、全く意味は無い

それでは、実際に確認していきましょう。下記のように基準価額1万円10万口の投資商品が、特別分配で5万円を放出。そうすると、口数は変わらずに基準価額が半減(5000円)になります。まぁ、これが特別分配により基準価額が下落するカラクリでもあります。

次に、特別分配の5万円を使って基準価額5000円の投資信託を10万口分購入。そうすると、基準価額は変わらずに口数だけが20万口になりました。





そうすると、特別分配の再投資前後での投資信託は下記のようになりますね。





では、上記の状態から運用益10%で基準価額が上昇したらどうなるのでしょうか?




上記のように基準価額が10%増加したとしても、最終的な総資産の量は同一となります。つまり、特別分配で再投資して口数を増やしても結果的に何も変わらないという事です

口数を増やすために買い増しすると、むしろ害悪

上記のように、結果的に何も変わらないというより、むしろデメリットの方がはるかに大きいですから注意してください。

実際は下記のように特別分配金を使って再投資を行う際に、購入手数料(一般的に3%程度)が発生します。よって、自分の持ち分である投資原本が10万円から9.85万円と、手数料分少なくなります




何が言いたいのかというと、特別分配などという「余計なお世話」をされると、そのお世話を解消しようとすればするほど、お金が減ってゆくという事です

まさかあたまの弱いカモから手数料を稼ぐために、わざわざ特別分配なんぞを出しているんじゃないだろうな??(いや、さすがにそれは考え過ぎか)

もしどうしても特別分配金を再投資したいのであれば、フィデリティ証券が年に2回ほど実施する、全投資信託の購入手数料無料キャンペーンを活用するようにしてください。

 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方