リサーチ・アクティブ・オープン・・・インデックスファンドで十分だな

(2018年3月時点)

リサーチ力を活かしてTOPIXよりも高いリターンを出す使命があるものの、平凡なインデックスファンドとほぼ同等の運用成績であり、コストが高いのを正当化できていない。確定拠出年金で売られている分が一番多いが、とうぜん、インデックスファンドを選ぶ方が良いだろう。

リサーチ・アクティブ・オープン


  • インデックスファンドとほぼ同じ成績で、投資価値は低い
  • コストがかなり高く、これを一生涯積み立てるのは金の無駄だ
  • 一般の口座で買う場合は、購入手数料まで必要になる


 


徹底的にリサーチするくせに、保有銘柄を見るとありきたりな大企業の群れ


リサーチ・アクティブ・オープンは、日本の株式投資対象とするアクティブ型の投資信託です。一般の証券口座で購入できるものの他に、確定拠出年金で購入できるもの、及びラップ口座で購入できるものの3タイプがあり、それぞれ運用の中身は同一になっています。

その中でも、野村証券のiDeCoで買付ができるタイプは純資産総額は187億円となり、そこそこの規模があります。野村のiDeCo口座には、同じくTOPIXをベンチマーク(運用目標)とするインデックスファンド、野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXが存在しており、当然、これとの比較をする事になります。

リサーチ・アクティブ・オープンアクティブ運用であり、企業の調査に力を入れていますから、銘柄の選定力が肝となります。利益成長の期待できる成長企業に投資する方針で、これはグロース株投資の手法です。

リサーチ・アクティブ・オープンのポートフォリオ


ただ、投資対象は大型株中心で、1部上場企業です。保有する上位銘柄は、ソニー、パナソニック、三菱UFJフィナンシャル・グループと名の知れた大企業が並んでおり、こんなところでインデックスファンドと差異を付けるのは至難の業であり、平凡な成績になりそうだなとの直感がします。



「リサーチ」している割には、これは少々平凡な成績に見える


リサーチ・アクティブ・オープンのベンチマークは、TOPIX(東証株価指数)です。しかし、運用目標のベンチマークには配当が含まれていない一方で、リサーチ・アクティブ・オープンには投資先企業からの配当が、運用成績にプラスされます。

このような比較はフェアではなく、無意味ですので、こういったケースではベンチマークが同一のインデックスファンドと比較すると、優秀なのかどうかが一発で分かります。という事で、上の項で記した野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIXと比較するのが一番です。結果は、以下の通りとなります。

リサーチ・アクティブ・オープンとインデックスファンドのリターン比較


確かに、インデックスファンドよりは若干、リターンは良い傾向にあるようですが、ほとんど似たような成績であるとも言えます。つまり、かなり「微妙」な成績だと判定できます。

であれば、コストが8割ほども安いインデックスファンドに投資しているほうが、長期で運用すればするほど、報われる可能性が高まります。この程度の差異であれば、わざわざリサーチ・アクティブ・オープンを選ぶ必要は無いと思えます。



余計な分配金をわずかに出し続けるのも不思議


更に付け加えると、リサーチ・アクティブ・オープンは、少額ですが分配金を出しており、確定拠出年金口座で運用する分には分配金が出ても非課税ですから問題は有りませんが、それ以外のラップ口座だったり通常の証券口座の場合は、そこから2割の税金がかかるため、好ましくありません。

リサーチ・アクティブ・オープンの分配金


たったの5円ですが、「そんなだったら分配金なんて出すなよ」と言いたい気持ちになりますね。5円ならばまだ許せますが、過去には90円の分配をした事もあり、それは流石にやめて欲しいです。



リサーチ・アクティブ・オープンの概要やコスト情報


購入手数料3.0%(税抜き・ただし確定拠出年金口座は無料で、管理運営コストが別途かかります)
信託報酬年率1.02%(税抜き)
信託財産留保額:なし
決算:年1回
償還日:無期限(平成13年11月22日設定)
運用:野村アセットマネジメント株式会社


通常の証券口座で購入する場合は、購入手数料が3%の上限で発生する事は問題です。この手数料を加味すると、インデックスファンドとのリターンは逆転する可能性も高くなり、投資が無意味になります。



リサーチ・アクティブ・オープンの購入先


リサーチ・アクティブ・オープンは、下記の証券会社で取り扱っています。金融機関により、手数料が異なります。下記においては2%で購入できます。フィデリティ証券の場合は、手数料無料プログラムがあります

手数料2.0% SBI証券楽天証券フィデリティ証券


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方