世界中小型株式ファンド(シャイニング・フューチャー)早くもヘボい成績に

(2017年10月時点)

世界の中小型株式に投資するのに、なぜかボラティリティ(価格変動)の小さい銘柄群に投資する事を売りにするファンド。リスクが小さくて大きく儲ける事ができると勘違いをしたカモ投資家が殺到しており、設立1年を経たずして1000億円の資金が集まる。その実態はシンプルなインデックスファンドに負ける運用成績であり、全く投資に値せず。

世界中小型株式ファンド(シャイニング・フューチャー)


  • 中小型株は高ボラティリティ高パフォーマンスが特徴、その強みを削ぎ落す方針
  • 運用成績が、バックデータと違ってヘボいじゃないか
  • 小型株効果なんて、出ていないじゃないか
  • バックデータと同じ指数に連動するインデックスファンドを買っていれば宜しい


 


値動きの小さな銘柄に分散投資すれば、運用成績が向上すると豪語しているが


世界中小型株式ファンド(愛称:シャイニング・フューチャー)の主要な投資対象は、日本を含む先進国、新興国の中小型株式です。一般的に大型株に比べて小型株は、小型株効果によって高いパフォーマンスが期待できます。アクティブ運用ですし、かなり攻めた運用を目指すのかなと思いました。

しかし、金融機関の考える事は我々の想像を超越しています。中小型株に投資するのに、わざわざ価格変動の小さな銘柄に投資する方針だという事で、それを知った時は仰天しました。

しかも「LV(低ボラティリティ)リターン向上戦略」などと気持ち悪いくらいカッコいい言い方をしており、なるほどこれは投資を知らないカモネギ投資家を対象にしているのだなと気が付きました

世界中小型株式ファンド(シャイニング・フューチャー)の運用イメージ


販売資料には、「株価変動が小さい銘柄群の中から、徹底した財務分析等を活用し、割安で成長期待の大きいと思われる銘柄中心に、投資魅力度の高い銘柄を選定」と記載されています。

しかし、小型株は「高ボラティリティ(価格変動が大きい)だけど高パフォーマンス」な点が特徴のはず。小型株の長所を削ぎ落すような事をしているので、本当にパフォーマンスが良くなるのか怪しいです。

恐らく販売現場では、投資初心者の人に対して「リスク(値動きの変動)は小さいけど、高い利益を狙えます」などと言って売りつけているのでしょうね。純資産総額が1035億円ですから、かなり売れています。

なお、先進国はMSCIワールド・中小型株インデックス構成銘柄の中から、新興国であればMSCIエマージング・マーケット・中小型株インデックスの構成銘柄から投資対象銘柄が選ばれているようです。

世界中小型株式ファンド(シャイニング・フューチャー)のポートフォリオ



従来の運用よりもパフォーマンスが高いように見せかける表現力は、一級品


さて、本当に高いパフォーマンスを期待して良いのか、疑問に思う人は多いはずです。しかし金融機関側は、そんな人向けの対策もバッチリです。下記のように過去のデータを持ち出して、「高成績を出せました」と言っています。

世界中小型株式ファンド(シャイニング・フューチャー)のバックデータ


世界株式の株価指数、MSCI AC ワールドインデックス(米ドルベース、配当込み)と、2007年以降の運用成績を比較しているようです。

しかし、こんなものは全く信用なりません。じゃあ、実際に日本円に転換して為替リスクも考慮して運用をしたら、結果はどうなるのでしょうか? あるいは世界中小型株式ファンド(愛称:シャイニング・フューチャー)なる投資信託のイラつくくらいの高コストを考慮しても、指数に勝てるのでしょうか?

販売資料に書かれた、極小の注意書き


かなり小さな文字で「上記は過去の情報であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません」と書かれておりますし、販売側の資料を鵜呑みにしては、ロクな事がありませんよ。



偉そうに言っている割には、全く報われそうにない運用成績に落胆


営業マンの言葉を信じて投資信託を購入する人が多いのですが、本来ならば、ベンチマークや参考指数と比較してみて、パフォーマンスを確認してから投資判断をするべきです。

ただ、残念ながら、世界中小型株式ファンド(愛称:シャイニング・フューチャー)には、アクティブ運用なのに目標とするベンチマーク・参考指数が設定されていません。

・・・というか、何だよ!上の項で掲載したような資料では、株式指数に勝利しているなどと見せておきながら、実際の運用ではベンチマークが無いというのは、完全に何か誤魔化しにかかっているとしか思えないでしょ。

だったら自分で比べてみようという事で、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスと、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)と比較してみることにします。

世界中小型株式ファンド(シャイニング・フューチャー)の実際の運用成績と、バックデータと同様の指数とのリターン比較


設立後、1年ちかく経ちますが、ベンチマークに相当する指数に勝てない状況が続いています。確かに価格変動はわずかながら抑えられている印象はありますが、販売現場では「リスクが低い」などと説明しているのではないかと懸念してしまいます。

というかそんな事より、小型株効果なんて出てないじゃないか。

これならば最初からMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)をベンチマークとする超低コストのインデックスファンド、三井住友・DC全海外株式インデックスファンドに投資した方がマシですね。



世界中小型株式ファンド(愛称:シャイニング・フューチャー)の概要


購入手数料3.0%(税抜き)
信託報酬年率1.465%(税抜き)
信託財産留保額:な0.3%
償還日:2026年11月24日(設定日は2016年12月30日)
運用:アセットマネジメントOne株式会社


本ファンドは、みずほ証券のみで買付可能です。購入時に3.24%(税込)の手数料が必要になり、ただでさえ運用成績の悪いファンドが、更に低空飛行する事になりますから、全くおすすめできません


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方