しんきんJリートオープン(毎月決算型)口コミ:初心者向け解説



信用金庫で取扱い。高コストな上に過剰分配を続けている価値が見いだせない一品。アクティブ運用なのにベンチマークに負けている状況で、弁解の余地無し。このような状況だが、無知な庶民が殺到しており、近年では資産が急増して1600億円近い巨艦に成長している。

(2015年2月時点)

●超低コストインデックスファンドに負けている、情けない投信



 


しんきんJリートオープンを、分かりやすく口コミしてみる

※2014/1~2014/12の成績を元に算出

・運用(価格の上昇含む)利回り23%に対して、現時点までの分配金利回りは10%
・チャートだけで判断すると分配金は健全に見える
・真の姿は、安定収益源であるインカムゲインが2割しかない過剰分配金状態
・REIT価格が落ちたら、投信の基準価額が凄まじい下落になる予感


 しんきんJリートオープン


しんきんJリートオープン(毎月決算型)は、国内のREIT(不動産投資信託)に投資をする事で、安定したインカムゲインとキャピタルゲインの両方を獲得する目的で運用されています。

ベンチマークである東証REIT指数(配当込み)を上回る運用成績を目指す、アクティブ運用型の投資信託です。ですがベンチマークと同じような動きをしており(数値を見ると負けている)、残念でならない現状です。

このような状況ですが、2014年11月28日時点で純資産総額は1658億円と、急激に増えています。理由は8%を超える分配金利回りでしょう。様々な資産の価格が上昇するなかで、8%の利回りは魅力的に写り、お金しか見えないカモ投資家が、競って資金を投入している状況なのでしょう。

月次レポートの中に、不動産投資信託(本ファンド)の利回りは3%と明記されているのですが、何も疑問に思わないのでしょうか?

インカムゲインを超える分配金を出しているので、REITが暴落した時の価格の下落は、凄まじいものだと思います。実際に分配金の内訳をしっかりと調べてみると、インカムゲインが占める割合は2割程度です。かなり過剰分配を継続しているという事ですね。(次ページ参照)

で、こんなもんに2%の手数料を支払った挙句、毎年1%のコストを金融機関に献上する必要があるのか、という事ですね。(100万円投資したら、初年度に3万円も持ってかれるって事ですよ)

しんきんJリートオープンと、SMT J-REITインデックスファンドの基準価額の推移の比較


このようなものを買わなくても、上記のように東証REIT指数(配当込み)をベンチマークとするノーロードタイプのインデックス型投資信託、SMT J-REITインデックスオープンに運用成績が負けている現実を直視すると、利用価値は無いと断言する事が出来ますね。

ちなみにSMT J-REITインデックスオープンならば、100万円投資しても取られる手数料は初年度でたったの4000円チョイです。今まであなたがどんだけボッタクられていたか、お分かりになると思います。

もしも、「分配金が欲しい」と言うなら、SMT J-REITインデックスオープンSBI証券の投資信託・定期売却サービスを利用して買えば、はるかに低コストに毎月の資金を手元に入金できるのです。(しかも運用成績も良くなるという・・・)



しんきんJリートオープン(毎月決算型)の概要

購入手数料:上限2.16%(税込み)
信託報酬:年率1.026%(税込み)(運用管理費用込)
信託財産留保額:0.3%

分配金の取扱:年12回
償還日:無期限(設定日 2005年2月1日)
運用:しんきんアセットマネジメント投信株式会社



しんきんJリートオープン(毎月決算型)の購入先

それでもしんきんJリートオープン(毎月決算型)で分配金をもらいたい場合、全国の信用金庫にて購入が可能です。残念ながら(いや、幸いな事に?)、ネット証券で購入することはできません。


 続き:しんきんJリートオープンの基準価格と分配金はどうなの?
       (やや上級者向けとなります


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方