新生・ワールドラップ・セレクト・・・投資を怖がるとその代償がある

(2018年1月時点)

低リスク資産を中心に運用するラップ型ファンドを名乗るが、ファンドマネージャーの仕事づくりのための高コストな投資信託に過ぎない。代替えとなる超低コストのインデックスファンドもあり、敢えて買うような意味はあまりないと言える。

新生・ワールドラップ・セレクト


  • とにかく価格変動を抑える事が主目的の、怖がり屋のための投資信託
  • リスクを極限まで押さえるので、当然リターンは非常に低くなる
  • 低リスク低リターンなのであれば、単純に債券に投資する投信を買えばよろしい
  • わざわざこのように運用をいじくり回して高コストになったものを買う必要は無し


 


いつも言うが、ラップ型ファンドなる言い方にまるで意味は無い


まず最初に言わせていただくと、新生アセットマネジメントのホームページに記載がある、「ラップ型ファンド」などという言い方には、全く意味がありませんからね。

ラップ型ファンドとは


いちいち指摘するのもめんどくさいのですが、当サイトは初心者の投資家の人々でも容易に理解できるように運営する方針ですから、上の図に書いていある文言を、説明しておきましょう。

キーワード 解説
お任せ 複数の資産クラスに投資する投資信託は、資産配分比率の維持は当たり前ですが「お任せ」になります。いちいち言うような事ではない。
投資スタイル ラップ型ファンドには様々な運用スタイルの投資信託があるという事を言いたいのか? それならば普通の投資信託も全く同様だぞ。
機動性 機動的に資産配分を変えることができると言いたいのか? そのような事をやる投資信託で、良好なリターンを上げている事例はほとんど見たことがありません。まやかしです。
分散投資 投資信託は分散投資が基本。ラップ型ファンドだから分散投資という事は、全く意味の無い言葉です。
専門家が運用 専門家が運用しない投資信託など、1%もありません。ふざけた言葉です。
小額投資 そもそも本当の「ラップ」を利用する富裕層は、小額投資などしません。この言葉が響くのは、あなたのように大してお金を持っていないような人々なのです。


ラップ型ファンドなどとカッコつけて言っていますが、単なるバランスファンドですからね。金融機関がラップと言いだした時には、大いに注意してください。



恐ろしくリスクを遠ざけた、臆病者のための投資信託


新生・ワールドラップ・セレクトは、先進国・新興国の債券、株式、先進国のリート、コモディティと、幅広い投資セクターを活用して資産の形成を目指します。

そして一言で本投資信託を表現するならば、リスク許容度の非常に低い人向けの投資信託です。「投資が怖い」というような人は、このような投資信託に引っかかる可能性がありますね。

そのような人たちのニーズに応えるために、新生・ワールドラップ・セレクトでは以下の通りの資産配分の調整を実施します。景気拡大期には、リスク資産を増やして、景気が悪化し始めると、リスク資産を減らすという事ですね。

新生・ワールドラップ・セレクトの資産配分のイメージ図


それ以外の本投資信託の特徴をまとめると、以下のような運用スタイルになります。投資信託を良く知った者から見ると、儲けを犠牲にしてまで損したくない運用であり、という事はこの投資信託に投資したところで、大きく増やすのは無理だと悟って下さい。

・標準偏差(基準価額の振れ幅のこと)年率4%を目指す
・過去1年の高値からの下落率10%以内を目標とする
・高リスク資産への投資割合の合計は、純資産総額の20%以内とする
・純資産総額を米ドル換算した額に対して、対円での為替ヘッジを行う


新生・ワールドラップ・セレクトの運用戦略


上記のイメージ図のように、リスクの低い債券を中心に投資した上で、資産配分の調整でリスクコントロールを目指すということです。

あとは、狙い通りにリスクコントロールが出来ているのか、我々が支払うコスト(購入手数料や信託報酬)に見合ったパフォーマンス(運用成績)になるのかどうか、このあたりが注目点でしょうか。

そして、このような運用をすると、バックデータを取ってみると、極めて安定して優れた運用成績を残していると主張しています。

新生・ワールドラップ・セレクトのバックデータ


しかも読めないくらいに小さい文字で、以下のような事が書かれています。単純に金融機関が提示してきた「都合の良い資料」に過ぎないと見たほうが良いでしょう。このようなものを信じるのは、どうかと考えます。






わざわざ手数料を支払って、新生・ワールドラップ・セレクトを買わなくてもOK


そもそもリスク(標準偏差)を年率4%程度に収めることを目標とするのであれば、インデックス型バランスファンドの三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)(マイパッケージ)でも良いと思えます。

マイパッケージは、日本株式20%、日本債券55%、先進国株式10%、先進国債券10%、短期金融資産に5%ずつ投資するバランスファンドです。 新生・ワールドラップ・セレクト同様に、かなり保守的な運用です。

大きな違いは、機動的な調整をしないパッシブな運用である点でしょうか。コストが圧倒的に安いのも注目点です。下記の、直近1年程度のパフォーマンス比較をご覧ください。

新生・ワールドラップ・セレクトとバランス型インデックスファンドとのリターン比較


基本的に、リスクを取りたくない弱虫投資家は、債券投資をするのがベターです。そのような人には、当サイト管理人はよくこの投資信託をお勧めというか、提示することが多いですね。

マイパッケージの3年・5年の標準偏差は、年率5%以下になっていますので、新生・ワールドラップ・セレクトが実現したい事を達成できています。

もしも上記のマイパッケージでも「価格変動がまだ大きいように感じる」と思うならば、株式への投資比率をゼロにした、三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)(愛称:マイパッケージZERO)でも良いでしょう。リスクもリターンも、新生・ワールドラップ・セレクトとほとんど同じになります。

そもそも新生・ワールドラップ・セレクトを購入した時点で、2%の手数料を新生銀行へ献上する事を考えると、売買手数料が無料のマイパッケージなどの方が、圧倒的にパフォーマンスが良いです。管理人であれば、高コストなラップ型ファンドを使うよりも、超低コストのバランスファンドを断然おススメしますね。

・・・というように説明していると、ラップ型ファンドなどというものが実に不要であるというか、バカバカしくなってきますね。世の中にはちゃんと、超低コストの低リスク運用の、シンプルなバランスファンドが存在するのですから。



新生・ワールドラップ・セレクトの概要


購入手数料:2.0%(税抜き)
信託報酬:1.065%(税抜き)
信託財産留保額:なし
償還日:平成38年8月13日(設定日・平成28年12月16日)
運用:新生アセットマネジメント株式会社



新生・ワールドラップ・セレクトの購入先


新生・ワールドラップ・セレクトは、新生銀行で販売しています。もちろん、購入手数料の2%はそのまま取られますので、無駄な支出になります。


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方