ダメダメ感MAXの、資源株ファンド通貨選択シリーズ

(2014/10~2015/10の成績を元に算出、10月29日)

2015年10月、突如として野村證券の買付ランキングに顔を出したダメ商品。基準価額が2000円を切っているにも関わらず、過剰分配方針を変えない姿勢に疑問。異次元の分配金利回りを見ると、詐欺的金融商品と表現しても良いくらい。現場では飛ぶように売れている可能性が高い。野村・・・こんな事ばかりやっててええんかい?

  • 運用(価格の上昇含む)利回り約▲55%に対して、現時点の分配金利回りは55%
  • 基準価額が1年間で半額になった上に、更に未体験ゾーンに突入・・・
  • このような状況にも関わらず過剰分配方針は崩さす、異次元の利回りに到達
  • 野村證券さんには、もっとマトモな販売姿勢に変わっていただきたいです


 


またぞろこのような、亡霊のような投資信託・・・

この投資信託、以前チェックした「資源ファンド(株式と通貨)」の名称が変わったものなのかと思いましたがいちおう、別物の投資信託でした。

資源株ファンド通貨選択シリーズ<ブラジルレアル・コース>


すっかり忘れ去られたような投信なのかと思ってましたが、なんと!2015年10月の、野村證券の販売ランキングのベストファイブにランクインしているではないですか。これには、腰が抜けるほど驚きました。こんなクズファンドが!という思いと共に!

野村證券の投資信託販売ランキング2015年


パッと見だけで、基準価額が2000円を切っているという、ハッキリ言って信じられない成績になっています。こんなものを買う奴がいるのか? というか、強く勧める輩がいるから売れるのでしょう。実に困った事です。



資源関連に集中投資した結果、実に哀れな運用成績に落ちぶれている

資源株ファンド 通貨選択シリーズ<ブラジルレアル・コース>(毎月分配型)は、世界の資源株に投資するのかと思いきや(世界と明記されているので)、実際にはアメリカを中心とした先進国地域に投資しているファンドです。

典型的なテーマ型(資源株のような特定の銘柄群)投資信託であり、分散投資の視点で考えると、お勧めできません。特定のセクターに偏ると、銘柄などを分散しても、集中投資の意味合いが非常に強くなります。

具体的に、どのような結果になるのか見てみますか。不要な為替取引が排除された資源株ファンド通貨選択シリーズと、先進国株式全体を示すベンチマークであるMSCIワールドと比較した結果がこちらです。

資源株ファンド通貨選択シリーズ<米ドル・コース>とMSCIワールド指数の比較


先進国株式は全体として好調な成績なのに、不要なリスク(つまり、資源セクターへの集中投資)を取ったがために、大損しています。金融関係者の美しい販売資料を見て、何となく大儲けできると考えたのであれば、超絶に危険な思考回路です。

加えてアクティブ運用を大々的にアピールしているにも関わらず、ベンチマークや参考指数を設定していません。どうやって、運用成績の「素晴らしさ」を評価すれば良いのでしょうか?

これは例えば、学校で80点を取って自慢している人がいたとして、実はクラスの平均点は90点だった、という状況になりかねないという事です。(上記のグラフから言えば、平均点90点のところ、50点を取ってそれを隠しに隠している、と言ったところでしょうか)

⇒参考:ベンチマークや参考指数が無い投資信託はロクデモナイぞ



基準価額が大暴落しているのに、純資産が急増の不思議

それにしても、基準価額が2000円未満のファンドなど、初めて見ましたよ。改めて過去のチャートを眺めてみると、一貫して素晴らしい右肩下がりだという事が分かります。加速をかけるかのように、直近でもつるべ落としの急坂ですね・笑。

それにしても、主として原油関連企業に投資している当ファンド。直近で暴落しているから、「これはチャンスだ」と思ったのかもしれませんね。それ自体が価値を生むわけではないコモディティに投資しているのではなくて、資源関連企業に投資している分だけ救われてはいますが、原油価格が元に戻らなかったとしたら、一体どうするつもりなんでしょう。

資源株ファンド通貨選択シリーズ<ブラジルレアル・コース>の基準価額と純資産残高の推移


例えば天然ガス。シェールガスが増産されるようになってから、一貫して右肩下がりとなって、二度と価格が元に戻らなくなりました。これの二の舞にならない事を、陰ながら祈っています。こんなファンドは、暴落と毎月分配型投資信託が大好きな午堂登紀雄さんにでも、任せておけばよろしいですね。

天然ガスの10年チャート



複雑怪奇な仕組みに、あなたは付いて行けるのか??

さてこの投資信託、株式の値上り益と為替取引による金利差収入&取引差益が主な収益源です。採用している通貨はコースによって変わりますが、このページでは、一番人気のブラジル・レアルコースといたします。

資源株ファンド通貨選択シリーズ<ブラジルレアル・コース>の収益の源泉


それにしても、株式の利益を追求しているのに、それとは全く別物の為替取引、それも新興国で安定していないブラジルレアルを組み合わせるのは、非常に問題です。

月報によると、現時点での想定では、株の配当利回りは4.06%で、ブラジルレアルからの金利収益として14.2%を見込んでいるようです。・・・株より通貨の方が高いんか!!

資源株ファンド通貨選択シリーズ<ブラジルレアル・コース>の利回りの想定


でも、上記だけを見るといかにも儲かりそうに感じますが、直近の基準価額の増減の分析を見ると、次の通りです。

為替取引によるプレミアム収入(上記の金利収入みたいなもの)に比べると、株価の下落や為替の下落で、全くダメダメな結果になっていることが分かります。


資源株ファンド通貨選択シリーズ<ブラジルレアル・コース>の基準価額騰落の要因分解


上記を見ていると、様々な要因で下落圧力が非常に強いにもかかわらず、分配まで出していますよね。そんな事やって、良いんでしょうか? 分配することでさらに資産が減少して、投資効率を落とす事につながります。悪循環となっている事が想像できます。



そして分配金利回りは、もはや異次元の世界に突入

投資信託の基準価額が暴落状態で、それにもかかわらず無謀な分配を続けたら、分配金利回りは天井知らずで上昇を続けます。その結果がこれ。年間のトータルリターンが大幅マイナスなのに、極めて無理な分配を出し続けています。

資源株ファンド通貨選択シリーズ<ブラジルレアル・コース>の分配金利回りの推移


1つ上の項で、利回りの想定は18%だったと思いますが、上の図を見ると、分配金利回りは55%にも達します。どうしてこうなるのか? それは、分配金利回りと配当利回りは全く違うからですね。

それを知らないで毎月分配型投信なんぞホイホイ買ってしまうと、あなたの貴重な資産がドンドン目減りすることになりかねませんので、用心する必要があります。

もう1つ、ついでに補足です。ブラジルレアルの金利が高いから儲かるだろうと思っているでしょうが、金利の高い通貨は長期的に円高に振れることによって、投資損益はプラスでもマイナスでもなくなります。

ほれ、この通り。こんなのは金融の世界では常識なので、ブラジルレアルの高い金利収入で分配金を底上げする、などのような説明を受けたら、それはいい加減極まりない話しだと思ってください。世の中、そんな美味い話は無いのです。

ブラジルレアル円の10年チャート
(ブラジルレアルの10年チャート。ほぼ一方的に下がるところに投資して、儲かると思っているのでしょうか???)



資源株ファンド通貨選択シリーズのバカ高いコスト

最後に、資源株ファンド通貨選択シリーズ<ブラジルレアル・コース> を購入すると搾取される、ほとんどアホらしいレベルの高額手数料についてです。

この投信を買うと、購入時に3.78%、年間の信託報酬に1.79%が取られます。実に初年度5.6%ものコストです。

これほどまでにコストをとっても、既に書いたように、シャレになら無いような呆れた運用成績となっているわけで、お金をどぶに捨てているようなものだと分かります。

高コスト投資信託の本質


投資信託を買うときは、必ず購入手数料は無料のもので、信託報酬が1%未満のものを選んでください。そうすることで、大半のボッタクリ投資信託から逃れることができます。

コストは長期で保有すればするほど、真綿で首を締めるかのように、ファンドの運用成績を劣化させます。金融機関の人間などは、人に高額コスト投信を勧めておきながら、ほとんどの人は超低コストインデックスファンドなどを買ってますからね・苦笑。



資源株ファンド通貨選択シリーズ<ブラジルレアル>の購入先

本ファンドを、安い購入手数料で買える証券会社は現在のところ存在しないようです。ただしいフィデリティ証券を使えば、手数料は実質ゼロ円になるので、敢えて買うとしたらフィデリティでしょうか。

手数料3.24%SBI証券楽天証券フィデリティ証券


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方