新・ミューズニッチ米国BDCファンド(為替ヘッジなし・毎月分配型)・・・株式をはるかに上回る高いリスクを無視する個人投資家

(2017年5月時点)

またぞろBDCなどという妙なものを持ち出してきた金融機関。設立時点で100億円の資産規模。その後も資金の流入が続き、3か月で300億円を超えた人気ファンド。その理由は超高い配当利回りだ。投資先の予想配当利回りはジャンク債よりも高い。凄まじいリスクだ。しかも株式の1.5倍の値動きをしているので、相当、恐ろしい思いをする事になるだろう。

新・ミューズニッチ米国BDCファンド(為替ヘッジなし・毎月分配型)


  • 配当利回りが異様に高いのが目立った特徴
  • 長期的なパフォーマンスは株式より劣るので、投資する理由に乏しい
  • 更に、パフォーマンスを明確に悪化させる高コストが大問題
  • そもそも個人投資家は、BDCのような良く分からないものに投資すべきではない


 


またぞろ、「BDC」などという金融商品を個人投資家に売りつけるか

新・ミューズニッチ米国BDCファンド(為替ヘッジなし・毎月分配型)の投資対象は、米国の金融商品取引所に上場するBDC(ビジネス・ディベロップメント・カンパニー)です。BDCに似た特徴の株式や、上場投資信託にも投資する方針です。

さてBDCとは何ぞや。簡単に言うと、複数の中堅企業へ融資・投資を行い、その企業から利子・配当を受け取る金融商品の事です。BDCに資金を託すことで、個人投資家は中堅企業へ融資を行い、その見返りに利子や配当を受け取れるイメージです。

企業に融資する金融商品としては、バンクローンと呼ばれるものがあります。ただしバンクローンが単一の大企業に融資するのに対して、BDCは複数の中堅企業に融資する違いがあります。中堅企業に投資する訳ですから、大企業に比べてリスクが大きいという事です。

BDCとバンクローンの違い


リスクの高い中小企業に、個人投資家から集めた資金がBDCのような仕組みで投入されるイメージでしょうか。管理人は、そんな投資先に融資をしたいとは思いませんが・・・。




個人投資家はリスクを考えないで、配当利回りだけしか見ていない

新・ミューズニッチ米国BDCファンドは、設立時点で100億円を集めた新鋭ファンドです。その後も資金が集まり続けて、記事執筆時点(2017年5月)で304億円に到達しています。

理由は恐らく、ファンドの予想配当利回りが高いからでしょう。ポートフォリオの予想配当利回りは、8.48%と驚くべき数値となっています。

新・ミューズニッチ米国BDCファンド(為替ヘッジなし・毎月分配型)の投資先の資産配分比率や予想配当利回り


組入銘柄の30銘柄の中で、上位10銘柄については予想配当利回り一覧があります。それを見ると5~10%と、普通ではあり得ない水準となっています。

新・ミューズニッチ米国BDCファンド(為替ヘッジなし・毎月分配型)の組み入れ上位10銘柄の予想配当利回り


分配金は月50円です。基準価額が1万円と仮定して、年間の分配金利回りに換算すると6%となります。まだまだ分配の余力がありそうですから、今後、過剰分配になる状況も想定するべきです。

そもそも、BDCのリスクを理解すべきです。下記、米国主要資産の利回り・リスク水準をご覧ください。管理人は、BDCの利回りがハイ・イールド債券よりも高い事に驚きました。金融機関も、こんなもんをよく見つけてきて、個人投資家に売りつけようとしますね。

利回りとリスクは比例の関係です。つまりBDCは、ハイ・イールド債券よりもリスクの高い投資対象に資金を託すという事ですから、本来は洗練された投資家以外は手出し無用です。

さらに驚くべきは、価格変動の大きさです。株式に比べて1.5倍の値動きですから、相当、心臓に悪いです。個人投資家は天井で、金融商品を買う傾向にあります。買った直後に下落でもしたら、相当驚く事になるでしょうね。

アメリカの主要資産の利回りとリスク水準


なお、2004を起点とした各資産のパフォーマンス推移もご覧ください。長期保有しても、結局は他の資産に、パフォーマンスが負けている状況です。リスクが高くて、リターンは特段、変わらないという事ですよね。

だったら普通に、株式に分散投資するだけで良いじゃないですか。どうしてBDCなる、意味よ良く分からない資産に投資をしなくてはならないのか、それ自体が意味不明です。

アメリカの主要な資産の長期的なパフォーマンスの比較


恐らく本ファンドの配当利回りが高そうで、かなり儲かりそうだという強欲さの象徴なのだと思います。本ファンドが今後、どのような動きになるのか、監視していきたいです。




新・ミューズニッチ米国BDCファンドのコスト情報など

購入手数料上限3.24%(税込み)
信託報酬年率1.998%(税込み)
信託財産留保額:なし
償還日:2032年5月20日(設定日:2017年2月3日)
運用:日興アセットマネジメント株式会社


当サイトで常に言っているのと同様、信託報酬が2%もかかるような投資信託など、ほぼほぼ買うに値しない酷いコストです。上記、BDCのリターンの比較表は、コストは一切無視した数字です。

それに対して初年度5%、翌年以降2%をカウントしたら、圧倒的に低いリターンのグラフが出来上がるはずです。つまり、あんなリターン比較は絵に描いた餅なのですよ

今なら、本ファンドに比べると腰を抜かすほど圧倒的な超絶低コストのインデックスファンドがあります。どうしても米国株に投資をしたいなら、信託報酬が0.243%と、本ファンドの9割引きにもなるiFree NYダウ・インデックスを買うほうが、はるかに賢明で合理的な投資です。




新・ミューズニッチ米国BDCファンド(為替ヘッジなし)の購入先

新・ミューズニッチ米国BDCファンド(為替ヘッジなし・毎月分配型)で分配金を得たい場合、下記の証券会社を利用できます。手数料が猛烈にかかる時点で、投資価値など皆無に等しいです。

手数料3.24% SBI証券楽天証券マネックス証券


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方