SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)の評価

(2015/10~2016/10の成績を元に算出、2016年10月時点)

最盛期に2400億円近い資金が集まっていたカモ向けの投資信託。過激なタコ足分配の為に純資産が減り、現時点で500億円まで激減。カモにされた個人投資家は回転用ファンドでも買わされたか。デリバティブ取引の一つである為替取引で定期収入を底上げしており、非常に問題。投資先の債券にもゴミ債券が大量にまざっており、さっさとゴミ箱に投げ捨てた方が良い投資信託だ。

SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)

  • 運用(価格の上昇含む)利回り21.5%に対して、現時点の分配金利回りは18%
  • インカムゲインのお陰で基準価額が維持されてるが、相場環境が激変するとヤバい
  • そもそも20%を超える分配金利回りを数年に渡り維持する時点で、怪しすぎる

 


為替取引で、「下駄」を履いて背伸びして見せている投資信託

SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)は、世界中の企業や国が発行する債券に投資します。ただし定期収入の底上げを狙ったブラジルレアルの為替取引(主に金利差による収益)が余計です。複雑な投資信託の部類で、詳細を見るまでもなく投資価値は無いと言いたいです。

問題点について、順に見ていきましょう。まず債券投資と関連性のない為替取引を行うので、お金の流れ、つまり基準価額の変動要因が分からなくなります。価格が下落しても、それが債券要因なのか為替取引要因なのか直観的に理解ができないという事。これは大問題です。

SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)の仕組み


なぜ為替取引を組み込むかと言うと、ブラジルレアルとの金利差によって、年率13.7%の定期的な利益を得る事ができると見せかけたいからです。債券部分と合わせて、20%近くの利回りになりますから。すごく儲かる投資対象だと、庶民の皆さんにアピールしたい訳です。

SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)の為替プレミアムの大きさ


しかし、ブラジルレアルの値動きをご存知ですか? 2009年を起点にすると、50円から30円程度に下落しており、▲50%近い為替の損失が出ている事になります。多額の利息を受け取っても、尋常でない為替損失を出している訳で、トータルで損している可能性の方が高いですね

債券への投資と異なって、通貨取引は単なるゼロサムゲームをやっているだけに過ぎないので、こんなもので利益を底上げしようという考えが、浅ましいのです。ブラジルレアルに投資すれば儲かると考える初心者投資家は、不勉強に付け込まれている状況です。

ブラジルレアルの対円の推移



投資している債券の半数近くが、「クズ債券」であることをご存知か?

加えて、主力投資先の債券リスクも大きいです。安全性を考慮すると先進国債券に投資する方が良いのですが、利回りを優先すると新興国債券に集中投資する事になります。中南米や中東、アフリカにお金を貸すイメージ、できていますかね?

先進国債券と新興国債券の利回り比較


SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)の投資先債券のセクター別や国別比率


なお、保有する債券の平均格付は、投資適格(BBB-格以上)を維持すると明記されていますが、実際の保有格付を見ると、かなり酷い状態です。

過半数がハイ・イールド債券と呼ばれるジャンク債を組み込んでいます。いつ貸した金を踏み倒すか分からない人に、お金を貸しているイメージをして頂ければよろしいかと。

SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)の投資先債券の格付け


確かに債券の最終利回りは5%を超える水準ですが、それだけかなりのリスクが内在しているという事です。

SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)の債券ポートフォリオ概況


このようなハイリスクの商品は、相場が好調な時には何も問題が起きませんが、いざ下落相場になるととんでもなく下落します。このような投資信託にほとんど何も考えずに投資している連中が、下落相場からタイミングよく逃げられるとは到底思えません。

為替取引も含めて、ハイリスクだったりゼロサムゲームだったりする投資対象は、本来は投資のプロが手を出すもので、素人が投資する意味などほとんどありません。



結局、先進国全体に投資するのと大して変わらないという現実

というような事で、金融のプロから見たらリスクの塊であるクズ債券やブラジルレアルへの投資を行っているのですから、高いリターンを受け取っていないと、全く意味がありません。

金融機関に相談すると、「より高いリターンをお望みなら、先進国の債券などは期待薄です」などと洗脳されるかもしれませんね。ところが初心者のあなたが高いリターンを受け取れるような、そんな甘いものではないのが金融の世界です。

下記は、世界の先進各国(日本を除く)に広く分散投資する債券ファンド、SMT グローバル債券インデックスオープンと、今回評価しているSMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)と、単純比較してみましょう。

SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)とSMTグローバル債券インデックスファンドとの基準価額の比較


ここから言えるのは、まずSMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)には恐ろしく高いリスクが存在するという事です。金融の世界では、リスクは価格のブレの事を言います。平静を装えないほどの価格の大幅な上下が有って、これではまるで株式投資の世界です。債券に投資している意味がありません。

そして3年間の期間の半分以上で、先進国債券に分散投資するファンドに、リターンが負けているという点。ブラジルレアルの為替トレードなどは、リスクのわりに期待リターンはゼロなので(ゼロサムゲームですから)、それが如実に表れていると言えそうです。

ちなみに上記は、分配金を全て再投資したと仮定しての数字です。本来無分配型のSMT グローバル債券インデックスオープンでは毎月の分配金が受け取れないと文句を言いたくなった場合は、同じく先進国債券に分散投資する上場投資信託の、上場インデックスファンド海外債券を買い付けすると、毎月分配を得られます。

アクセント的に新興国債券も購入して、金融の素人なりに利回りを高めたいとお望みなら、隔月分配タイプの上場投資信託、上場インデックスファンド新興国債券を買うと良いでしょう。

なお、SMT グローバル債券インデックスオープンであっても、SBI証券の投資信託定期売却サービスを利用して少しずつ解約して行けば、自分で毎月分配型投信を作る事ができます。



SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)の概要

購入手数料:上限3.78%(税込み)
信託報酬:年率1.7746%(税込み)
信託財産留保額:なし
償還日:2019年10月15日(設立 2009年10月30日)
運用:三井住友アセットマネジメント株式会社


こんなしょうもない投資信託なのに、猛烈に高コストです。既に紹介した上場インデックスファンドやSMTインデックスシリーズは、比較にならないほど低コストで、あなたの元本が減るのを極限までセーブすることができます。

信託期間の10年間保有すると、投資元本の20%以上もの大金が、コストで失われます。こんなもんは投資でもなんでもなく、単なるボッタクリの世界です。決してこのような投資信託に騙されないようにしましょう。



ちょっと見方を変え、素直に株式に投資していたとすると・・・

さきほどSMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)は株式投資並みのリスクを負っている割にリターンが低い旨書きましたが、念のために、今度は先進各国の株に分散投資する投資信託、SMTグローバル株式インデックスオープンとも比べてみましょうか。

SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)とグローバル株式ファンドとの基準価額の比較


どうでしょう? リスク=価格のブレが、視覚的にも同程度であることが分かりますよね。しかし、株式投資はプラスサムゲームなので、基本的には世界経済が成長を続ける限り、ゆるやかに右肩上がりになります。

金利が高い分為替で調整されて、結局プラスマイナスゼロのようなリターンに落ち着いてしまうSMBC・日興ニューワールド債券ファンドとは、本質的に違うのです。

リスクを取れる人はシンプルに株式に投資する事、それが結局は一番報われます。金の亡者になってSMBC・日興ニューワールド債券ファンドのようなヘンテコな投資をする者は、結局は足元をすくわれる運命が待ち構えていると認識しましょう。

ちなみに少々専門的な言葉になりますが、リスクの大きさを示す標準偏差の数字を見ると、グローバル株式ファンドよりもSMBC・日興ニューワールド債券ファンドのほうが高い数字になっています。現実的にも、株式投資以上の多大なリスクを取っていたとういことの証明になります。(難しいので、ここでは数字は取り上げませんが)



SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)の購入先

SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)をどうしても買いたいのであれば、下記の金融機関から購入できます。これ以外の金融機関では最高金額の買い付け手数料を取られます。

手数料2.7%SBI証券楽天証券カブドットコム証券





みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方