損保ジャパン・グローバルREITファンドの評価

(2015/3~2016/3の成績を元に算出、2015年4月時点)

もともと多額の分配金を出していたのだが、さらにブーストをかけ分配金利回りが30%近くに上昇。表面的な高利回りに騙された庶民が集まり、純資産総額も増加し続け、600億円を超えるファンドに成長。実態は気絶しそうになるくらいの過剰分配に驚きを隠せない。

  • 運用(価格の上昇含む)利回り約▲7%に対して、現時点の分配金利回りは28%
  • 分配原資の9割近くを、我々の資産を取り崩して分配している驚愕の事実
  • ベンチマークが無いので、運用成績が良いのか悪いのか全く分からない


 


まず、猛烈な過剰分配の実態からご覧ください

まず損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)の分配金から見てみましょう。1万口当たり、毎月200円~240円もの高額分配を継続しています。

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)の分配金履歴


では次に、分配金利回りの実績を確認してみましょう。2016年度3月時点の分配金利回りは28%。去年に比べて8ポイントも上昇しています。これは、喜ばしい事でしょうか?

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)の分配金利回りの推移


しかし、最大限に注意する点は、分配金利回りは配当利回りとは全く別物だという事です。配当利回りが本当の利回りであって、分配金利回りなんぞは、金融機関の思惑1つでいとも簡単に操作できるのです。

これが分からないと、「上記の分配金利回り28%って最高!!」とぬか喜びする羽目になります。実際に、損保ジャパン・グローバルREITファンドの投資する先の配当利回りがどの程度か、運用報告書に出ていますから、ご覧ください。

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)の投資先の配当利回り


目を疑いますよね。実際は4%強の利回りしかないのです。(というか、このくらいの数字が普通なんです。30%ちかい分配金利回りを嬉しいと思うあなたが、異常なのです。)

実際の配当金が4%で、あなたに支払われる分配金が28%だとしたら、その差額の28%は、神様が天国からお金をばらまいてくれるのでしょうか? 

・・・いいえ、そんな美味しい話は、残念ながらこの世にはなくて、全てあなたがあなたのために、壮大にばら撒いているだけなのです。それについては、分配金の原資の内訳を見てみると、実態がイメージできます。。

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)の分配原資の内訳


毎期の分配金240円(青線部)に対して、配当などの就役で賄えるお金が赤枠の数字です。全くお金が足りていないことが分かり、驚愕すると思います。

足りない分はファンドマネジャーがポケットマネーで出すのではなく、あなたの財布から勝手に抜き取られて分配されている、つまり、元本を勝手に取り崩して分配しているわけです。

もちろんそんなものは利益ではありませんから、いかに毎月分配型投資信託が、詐欺まがいの仕組みを持っているのか、しっかり認識しておかないと、投資すればするほど貧乏になります。



このファンドは、運用成績が良いのか悪いのか判定できない大問題

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)は、日本を含む世界各国の不動産投資信託(REIT)に投資を行い、それらの配当金を収益源としたアクティブファンドです。世界の不動産投資信託に9割、残りの1割が日本の不動産への投資となっています。

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)の、海外不動産と国内不動産の投資比率


不動産の家賃収入は、昔から安定収入源として歴史的に実績があるため、分配金目的の投資対象としては、全く問題ありません。

アクティブファンドですから、下記のような方針をもって投資信託の運営をするのは分かります。しかし一番の問題は、この方針の結果がどうだったのか、投資家は何一つ判断不可能だという事です

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)の運用方針


投資信託の運用成績を図る最大の指標が、ベンチマークです。学校でいうと平均点、会社でいうと予算に相当します。平均点や予算が無かったら、出来が良いのか出来損ないなのか、全く分かりませんよね。

この投資信託は、全体のベンチマークが設定されていませんから、運用結果の良し悪しが、買った時点よりも値上がりしていたか値下がりしていたかと言う、超感覚的な事でしか判断できないのです。

管理人が見る限り、ベンチマークの無い投資信託はロクでもないと思っていますから、ベンチマークが無い時点で、こんな投資信託は完全無視という事でよろしいかと思います。



損保ジャパン・グローバルREITファンドはコストが高すぎる

以下が、この投資信託の概要です。購入時に最大で3.24%もの手数料を支払う必要があります。ランニングコストである信託報酬も毎年約1.5606%も必要になる、高コスト体質の投資信託です

購入単位:1万円以上1円単位
購入手数料:上限3.24%(税込み)
信託報酬:年率1.5606%(税込み)(運用管理費用込)
信託財産留保額:0.3%
分配金の取扱:年12回
償還日:平成31年3月26日(設定日 平成21年3月27日)
運用:損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社


この投資信託は、世界に9割、日本に1割の比率で投資してるんでしたよね。ベンチマークもハッキリせず、(おそらくベンチマークを導入したら、それに負けていると思います)、あなたの元本を食い潰す投資信託でしたよね?

だったらこんなクズファンドに投資するのではなくて、はるかに低コストのインデックスファンドを買っておけば十分です。以下の2つのファンドを、9対1の比率で購入すれば、はるかに低コストに全世界の不動産市場に投資できます。

たわらノーロード 先進国リート(信託報酬0.35%・税抜き)
たわらノーロード 国内リート(信託報酬0.30%・税抜き)


定期的に分配金を受け取りながら運用したいというニーズが強い場合は、下記のようなETF(上場投資信託)を使うと良いでしょう。

上場インデックスファンド豪州リート(S&PASX200 A-REIT)(0.45%)
上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型(0.3%)




損保ジャパン・グローバルREITファンドの購入先

購入手数料は証券会社で大きく変わってくるため、注意が必要ですね。下記に、購入できる代表的な証券会社を上げておきます。購入したい人はどうぞ。

手数料なしで購入できる先SBI証券楽天証券カブドットコム証券
(上記以外は3.24%取られる可能性が有るので、どうぞ注意してください)






みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方