投資信託とはどのような仕組みなのか?

投資信託とはよく聞く名前の金融商品ですが、その仕組みを知っていらっしゃらない方も多いと思います。投資信託とは何か? ・・・実は、個人投資家が一番スムーズに投資できる仕組みです。私も徹底的に利用している金融商品です。地雷を踏まなければ、これほど優れたものはありません。



投資信託のしくみ

投資信託とは、多くの個人投資家などから集められたお金をまとめて、プロのファンドマネージャーに委託、ファンドマネージャーが株や債券などの金融市場で運用、得られた成果を投資家へ還元する、というものです。

下記はそれを簡単な図にしてみたものです。楽天証券の公式サイトから図をお借りしています。

たくさんの投資家から少しずつの資金を集め(販売会社)、そのまとまったお金をファンドマネージャー(運用会社)が投資運用して利益を投資家へ戻すという流れになります。ちなみに信託銀行は、ファンドマネージャーの指示に従い、実際に株や債券の売買行為を行います。


投資信託のしくみ

投資信託の説明を動画で見てみる

こちらの動画を、よくご覧になってください。投資信託について、非常に分かりやすく解説してくれています。(リンク先をクリック)

投資信託の仕組みと活用のポイント




なお、上記の動画は「セゾン投信」のもので、10年20年といった単位で運用する長期投資ファンドになります。長期投資は若い人が老後の財産を形成するのに、非常に適した仕組みです。

(管理人も、このファンドを月々4万円購入していたことがあります。現在は不動産投資に移行してしまったので、陰ながら応援している立場です)



⇒参考:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド


⇒次:投資信託のメリット・デメリット


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方