T&D通貨トレード 新興国社債ファンド(豪ドル・ブルコース)評価

(2016年11月更新)

分配金を4倍に上げて分配金利回りが30%台に上がった後、急激な減配によって利回りが低下中。当然ながら、急激な勢いで資金が集まった時期をピークにして純資産総額の減少が止まらない。大手証券会社がカモ投資家を集めるために力を入れた後の、使い捨て状態になっていると思われる。異様なリスクを取らされた挙句、分配されている金額の大半が投資家の元本だと思われる。

T&D通貨トレード 新興国社債ファンド(豪ドル・ブルコース)

  • 運用(価格の上昇含む)利回り▲1.1%に対し、現時点の分配金利回りは19%
  • 分配金は不健全な状態で分配されている
  • 分配金の3割が安定収入源だが、運用益の積立も無く、投資原資から取り崩しが始まると思われる


 


非常に複雑な仕組みの投資信託だが、あなたは理解して買っているのか?

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)豪ドルブル・コースの大きな特徴は、新興国のハイイールド債券への投資豪ドルを利用した為替取引です。下記のように債券投資と為替取引を複合的に取り入れていますから、投資信託としてはかなり複雑なものになります。

これでは価格の暴落があった際に、何が問題なのか非常に分かりづらくなります。分かり易い投資信託に投資する事が必須です。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の仕組み


T&D通貨トレード 新興国社債ファンド(豪ドル・ブルコース)の利益の源泉を示した図です。正直、下記をパッと見せられて全貌を分かり易く説明できる人はいないと思います。初心者には無理。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の各通貨コースの収益の仕組み


また当サイトでは、何度もハイ・イールド債券の危険性について指摘してきました。詳細は下記コラムをお読みになって頂きたいのですが、証券会社の綺麗な資料ではなく、中身のリスクをしっかりと理解した上で、自分自身の投資判断を下すべきです。

【コラム】
 ⇒ハイイールド債券に魅力なんてあるのか?
 ⇒誰も教えてくれない、ハイ・イールド債券の本当の見通し


投資対象の一つである、新興国のハイイールド債券を確認してみましょう。投資先の格付ですが、当然ながらBB格以下の投機的な対象ばかりです。中身をチェックすると、デフォルト状態を示すCCC格や、格付が無い債券に10%近くも投資しています。

そもそも92%の資産が投機的な債券ですから。自分自身のお金の9割以上を、返してくれるか分からないような人に貸している、そんなイメージを持つことです。

T&D通貨トレード新興国社債ファンドの投資先ハイイールド債券の信用格付け表


新興国ハイ・イールド債券の利回り推移を見てみましょう。景気改善の影響もあってか、利回りが下落傾向ですね。その分、債券価格は上昇しています。上昇した価格は最後の買い手(カモ投資家)が居なくなれば暴落しますから、泥船から逃げ出す細心の注意は払っておく必要があります。

新興国のハイイールド社債の価格と利回りの推移


それにしてもいつも感じるのは、「一体あなたに新興国のハイイールド債券投資など必要があるのですか?」という点です。新興国のハイイールド債券投資など、投資のプロが手を出す市場です。

毎月分配型投資信託に手を出すような、ハッキリ言ってよく分かっていない人(つまりあなた)に、適切な投資判断ができるとは到底思えません。こんな資産に手を出すなんて、よほどあなたは欲の皮が突っ張っているのではないかと思います。



 


通貨トレード新興国社債ファンドの分配金の挙動が不審な件

次に、通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)豪ドルブル・コースの分配金の分配履歴をチェックしていきましょう。まず最初に、2014年の時点で「分配金の魔力を大放出している投資信託に出会った」と感じた時の画像から見て頂きましょうか。

下記は2013年1月の分配金60円から、翌月の2月には250円へと4倍の増額をしている、あり得ない分配履歴になります。これによって当初4%程度の分配金利回りが、23%まで急上昇しました。野村證券も同じようなアクドイ手法を利用していましたが、大和証券も同じ事をやっているという事です。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の分配金履歴(2014年当時)


分配金の利回りが20%を超えた2014年から人気が出てきて、純資産総額が急上昇しています。ちなみに「分配金込み(受取)の基準価額」と「基準価額」のチャートがドンドン広がっています。これは過剰な分配金を出す投資信託によくある傾向です。怪しい投資信託を見分ける目印にして頂ければと。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の基準価額と純資産の推移(2014年当時)


上記、10カ月程度で120億円近く集めています。こんなのを見ていると、価値あるアクティブ運用型投資信託であるひふみ投信が、6年かけて超苦労しながら純資産300億円を達成したのが、気の毒に思えてきます・苦笑。

さてそして純資産が増えた後に何が行われたかというと、今度も腰を抜かすレベルでの分配金の減配です。次の図のような減配を行いました。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の分配金履歴(2016年現在)


で、減配が行われた2014年末から、純資産が猛烈な勢いで減少しています。笑ってしまうくらいです。恐らくかなりの人が、この投資信託に対して「沢山の分配金を期待」してお金を出したんでしょうね。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の基準価額と純資産の推移(2016年現在)


「分配金込み(受取)の基準価額」と「基準価額」の開きが、さらに大きく広がりました。怪しすぎるチャートです・笑。こういう投資信託は、決して相手にしてはなりません。というか金融機関の思惑一つで右往左往しているしょーもない個人投資家の姿が目に浮かぶようです。




分配金がどこから支払われるのか、あなたは知っているのか??

さてこの投資信託、新興国のハイイールド債券部分の最終利回りの予測は6%程度です。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)のポートフォリオ特性値


豪ドルの為替プレミアム収入は3%程度でしょうか。投資信託として合計10%程度は安定収入として見込んでいる事になります。

豪ドルの短期金利と対円為替レートの推移


でも実際は、毎月100円も分配金を出しますから、現在の分配金利回りは19.19%です。すでに計算するまでもなく、利回りの半分ほどの辻褄が合いません。じゃあそれはどこから支払われるのかと言うと、あなたの投資原資しかありません。・・・分配金の内訳をチェックしてみましょう。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の分配原資の内訳


上記、100円の分配金(青線)のうち、安定収益である「当期の収益赤枠)」が占める割合は平均で3割程度です。残りの7割の分配金を何処から出すのかという事です。もう少し、細かい所までチェックしてみましょう。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の損益の状況


損益をチェックすると、2013年の11月以降の分配準備積立金がゼロになっています。分配金が少ない頃に、貯めこんだ運用益の積立を使い切ったという事です。最新の運用報告書には、分配準備積立金の項目すら、無くなっています。

2016年時点のT&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の損益の状況


となると、今後分配できる資源は、あなたの投資原資以外にありません。このような状況を知らないだろうと思われる人々が、高水準の分配金利回りに釣られて、群がってくるのです。

さて、過去1年間の分配状況を詳細に確認します。下記を見ると、運用成績は年率でマイナス1.1%です。それに対して分配金の利回りが19%と過剰なために、基準価額が激しく下落しています。運用益以上の分配金を出していますから、間違いなく投資資金を取り崩している状態ですね。

T&D通貨トレード新興国社債ファンド(毎月分配型)の基準価額の推移


あなたの投資原資を取り崩して分配金が支払われる、これはすなわち、あなたの元本をT&Dアセットマネジメント株式会社にお金を支払って取り崩してもらって、それを「分配金だ!利益だ!」と勘違いして喜んでいるという意味になります。まさに愚か者の投資と言えます。




T&D通貨トレード 新興国社債ファンドの概要

購入手数料:上限3.24%(税込み)
信託報酬:年率2.0124(税込み)(運用管理費用込)
信託財産留保額:なし

分配金の取扱:年12回
償還日:平成33年11月15日(設定日 平成24年6月15日)
運用:T&Dアセットマネジメント株式会社

大和証券でしか購入できないために、購入手数料が3.24%も必要であり、信託報酬が年率2%ですから、投資信託としては猛烈な高コストです



T&D通貨トレード 新興国社債ファンドの購入先

T&D通貨トレード 新興国社債ファンドを購入したい場合、下記の証券会社で取り扱っています。大和証券のみの取り扱いですね。本ページをご覧いただいた通り、全く投資価値はありませn。思いとどまる事が賢明でしょう。愚か者の投資をしたいのであれば、ご自由にどうぞ。

手数料3.24% 大和証券


 


この投資信託のお問い合わせや口コミ投稿などは、こちらからお寄せ下さい

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方