東京海上J-REIT投信(通貨選択型)はゴミ箱行き投資信託

(2015/3~2016/3の成績を元に算出、2016年月3時点)

ギャンブルに近い為替取引を抱き合わせる事で、一見すると儲かる投資信託のように設計されているカモ向け投資信託。ベンチマークを設定しておらず当ファンドの実力が判定不能。試しに低コスト国内REITファンドと比べてみると惨敗しているクズ商品。猛烈な過剰分配も継続しており、迷いなくゴミ箱行き。

東京海上J-REIT投信(通貨選択型)

  • 運用(価格の上昇含む)利回り▲10%に対して、現時点の分配金利回りは22%
  • チャートを見ても恐ろしい勢いで基準価額が下落、青ざめてしまうレベル
  • ここ1年で分配額を4倍近くに増額、卒倒しそうな過剰分配が行われている
  • 受け取っている分配金は、自分自身の資産を取り崩したものである可能性が高い


 

J-REIT市場の平均値に劣る、能力の低い投資信託

ここでは、東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の「豪ドルコース(毎月分配型)」を取り上げることにします。豪ドルコースの解説ですが、他の通貨コースも本質的には同じことを書いていますので、ぜひ参考にして下さい

東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の投資対象は、日本国内のREIT(J-REIT)で、分配金を狙った投資対象としては非常に良いと感じます。だいたい管理人も不動産分野は大好きです。

上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型や、豪州リートである上場インデックスファンド豪州リート(S&PASX200 A-REIT)を保有して、「適切」なレベルの分配金を頂いています。(何が適切化は後述します)

さて東京海上J-REIT投信(通貨選択型)ですが、この投資信託、マトモなんですかね? いろいろ答えを導き出せますが、まず真っ先にお知らせしたいのが、この投信の運用成績はJ-REITの市場の平均値を下回る、ヘボイものだという事です

ケシカラン事に東京海上J-REIT投信(通貨選択型)にはベンチマークや参考指数が無いロクでもない投資信託です。仕方がないので、東京海上J-REIT投信よりもコストが半分以下の超お買い得投資信託である、SMT J-REITインデックス・オープンと比較してみましょう。

東京海上J-REIT投信(通貨選択型)と低コストJ-REITファンドとの基準価額の比較


アクティブ運用型の投資信託であるにもかかわらず、低コストのインデックスファンドに、たった3年間で10%以上も運用成績が劣るなど、呆れてものが言えないレベルです。運用しているファンドマネジャーをクビにしても良い状況と言えましょう。

この体たらくの投資信託に、あなたは購入時に3%以上の手数料を支払い、運用開始前にすでに3%強の資金を減らすわけです。そして運用後は毎年1.2%と、SMTのファンドの3倍もの金をかけてヘボい運用をさせるわけですから、買っているあなたの頭もおかしい可能性がある。



日本のREITに投資するのに、なぜ外国の通貨を組み込むのか?

国内のREIT、つまり不動産に投資するのに、なぜかまったく関係が無い「円売り/豪ドル買いの為替取引」を行います。 お金の流れを見ても複雑極まりなくて、基準価額が下落しても何が原因なのか、まったく分かりません。

東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の仕組み


知識が無い庶民に対して営業マンは、「為替取引を駆使するので、さらに収益が上がる」とでも説明しているのでしょうか。 しかし前の項で見たとおり、収益性は逆に下がっているといって良いでしょう。全く意味のない事をやっています。

もしもそんなに豪ドルが好きならば、外貨FXを通じて豪ドルを保有すればよいだけですし、REITが好きならば管理人同様、上場インデックスファンド豪州リート(S&PASX200 A-REIT)を買えば良いだけです。



庶民をバカにしたかのような、分配金の水準

それでは 東京海上J-REIT投信(通貨選択型)豪ドルコースの分配金の分配履歴からチェックしていきましょう。ここ数年の分配金の傾向をみると、かなり怪しい事をやっています。

2014年後半から、分配額を4倍程度に急激に増額しています。これは明らかに分配金利回りを操作して、知識のないカモの投資家を集めて、投資信託を売りさばく気満々のようです。野村證券の投資信託が詐欺まがい の記事そのもののようなことを、やっているようですね。

東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の分配金履歴


では次に、分配金の利回りとリターンの傾向を調べてみましょう。分配金を増額してから、急激に利回りが上昇しています。当初5%程度の利回り(でも異常な水準ですよ)だったのが、1年程度で20%近くにまで上昇しています。

東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の分配金利回りの推移


ここでは省略しますが、純資産総額を見ると、利回りが上昇してきたあたりから猛烈に資金が集まりだしています。野村証券のランキングにも顔を出しているところをみると、カモに売りさばく主力商品として全国で販売しているようです。



あなたが受け取る分配金は、利益ではなくてただの元本払戻

そもそも、投資対象であるREITの分配金利回り(ここでは配当利回りと表現したほうが良いでしょうね)を、チェックされましたか? 

東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の投資先J-REITの予想配当利回り

しっかりと調べてみると、予想分配金利回りが3.3%と記載してあります。という事は豪ドルの為替取引で17%近くも稼ぎだせるのですかね? そんな事は、ありえませんよね。

分配金の原資の内訳を調べてみると、想定通りなのですが、強烈な過剰分配状態です。毎月250円の分配金を出すための分配原資は、下記の赤枠の金額しかありません。

つまり、あなたが受け取っている分配金の多くは、払い戻された自分自身のお金である可能性がたいへん高いという事です。こんなのは投資とは言い難いです。

東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の分配原資の内訳


こんな元本の取り崩しを大量にやるのですから、(ただしカモにされているそこのあなたは、ぜんぶ利益だと思っているかもしれませんが)、投資信託としての基準価額は大下落する一方です。

東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の基準価額の下落


たった1年で、20%もの大幅下落です。この基準価額の下落を見て、「価格が安くて将来の値上がり期待があるのでお得!!」と思ってしまったら、往復ビンタのカモです。

既に見たような猛烈な過剰分配をしていたら、元本を取り崩しているんですから基準価額なんて、よっぽどの奇跡が起きない限り、値下がりし続けるに決まっています。

コストが異様に高くて、運用成績が非常に悪くて、自分の元本を取り崩して、基準価額が右肩下がりになる東京海上J-REIT投信(通貨選択型)、そんなものに投資しているアホさ加減が分かって頂けるかと思います。



東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の概要

購入手数料:3.24%(税込み)
信託報酬:年率1.235%(税込み)
信託財産留保額:0.3%

分配金の取扱:年12回
償還日:2020年10月26日(2010年11月26日)
運用:東京海上アセットマネジメント株式会社


・・・コストが高すぎて、話しになりませんね。



東京海上J-REIT投信(通貨選択型)の購入先

それでも東京海上J-REIT投信(通貨選択型)が欲しいという人は、購入手数料を3.24%取られながら、野村證券から購入してください。


 

この投資信託のお問い合わせや口コミ投稿などは、こちらからお寄せ下さい

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方