UBSオーストラリア債券オープンの口コミ:初心者向け解説



格付に関しては評価できる投資信託。ただしアクティブ運用の割にはベンチマークに歴史的大敗をしている為に、存在価値が無い。加えて分配金利回りの激しい粉飾を施して庶民の注目を浴び、純資産総額が1000億円の大台になって、カモ投資家向けの金融商品になり下がっている。
(2015年3月時点)

●カモ投資家から卒業するためには、銀行窓口で投資信託を購入してはならない。



 


実によろしくない投資信託だが、投資先の安全性のみ、OKです

※2014/3~2015/3の成績を元に算出

・運用(価格の上昇含む)利回り10%に対して、現時点の分配金利回りは11%
・チャートのみで判断すると分配金は不健全な状態
・分配金は投資先の配当収入では、4割程度しか補え切れていない驚きの状況
・投資先の債券利回りは2%台しか無いのに、10%を超える分配金利回り
・よく分かってない人がが殺到している模様



UBSオーストラリア債券オープン (毎月分配型)
(注:この投資信託もダメです・・・)


UBSオーストラリア債券オープン (毎月分配型)の主要な投資対象は、オーストラリアドル建ての国債、州政府債および国際機関債等です。平均格付けをAA-格相当以上を維持する事を目指しているため、非常に信頼性が高く、投資先としては評価できるかと思います。

UBSオーストラリア債券オープンの投資先ポートフォリオ


最高格付の「AAA格付債券」が7割を占めており、残りの債券はAA格付となっています。ポートフォリオ全体の平均格付自体も最高水準のトリプルAと、初心者が安全に債券投資をすると考えると、非常に紳士的と感じます



それ以外は全部ダメ。まず、運用目標に大負けしている。

さて、UBSオーストラリア債券オープンが良い投資信託なのかというと、全くダメと言わざるを得ません。

投資初心者の人に必ず最初に見てほしいのが、ベンチマーク(運用目標の事ね)に対して、勝利しているのか負けているのか、という点です。(そういう意味で、ベンチマークを設定していない投資信託というのは、判定不可能になるので全くダメです)

下記が、UBSオーストラリア債券オープンを毎月分配せずに分配金を再投資して、しかも税金を抜かれていないという机上の計算値と、ベンチマークとの対比です。

UBSオーストラリア債券オープンの基準価額の推移とベンチマークとの対比、純資産残高の増減

「ブルームバーグオーストラリア債券(Govt)インデックス(円換算ベース)」をベンチマークに設定して、これを上回る運用成績を出すのがこの投資信託の至上命題にもかかわらず、想像を絶するほどに大敗しています。投資価値無し、と判断できます。

ちなみに、オーストラリア債券に投資するのであれば、みずほ銀行のインターネット取引でしか買えませんが、i-mizuhoオーストラリア債券インデックスがあります。

ベンチマークは正確には異なるのですが、他に比較しようにもできないのでムリヤリ比べるとこんな結果になります。

UBSオーストラリア債券オープンとインデックスファンドの運用成績比較


i-mizuhoオーストラリア債券インデックスって、超コストの安いインデックスファンドです。超高コストのUBSオーストラリア債券オープンなんて購入しなくても、安くて運用成績が良好な投資信託のほうが、断然良いに決まってますね

でも残念ながら、いくら販売先の三菱東京UFJ銀行に聞いたところで教えてくれませんよ。だってi-mizuhoはみずほ銀行専用ファンドですから。

さらに言うと、みずほ銀行の店頭でも教えてくれません。こんなコストの安い投資信託を売っても儲からないので、みずほ銀行でさえこのような投資信託があるとは、自分から告白してくれないのです!

なお、UBSオーストラリア債券オープンはこんなにも運用成績が劣っているのに、なぜか純資産総額が1000億円超です。どうしてなのか?・・・それについては次のページで見てまいりましょうか。



UBSオーストラリア債券オープンの概要

購入手数料:上限2.16%(税込み)
信託報酬:年率1.08%(税込み)
信託財産留保額:0.3%

分配金の取扱:年12回
償還日:無期限(設定日 平成15年8月15日)
運用:ユービーエス・グローバル・アセット・マネジメント株式会社



UBSオーストラリア債券オープンの購入先

UBSオーストラリア債券オープンで分配金を得たい場合、三菱東京UFJ銀行とシティバンク銀行でのみ、購入することができます。買わない方が良いと思いますけど、投資は自己責任なので自由に。


 続き:UBSオーストラリア債券オープンの口コミ②
       (やや上級者向けとなります


 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方