毎月分配型投資信託の重要な用語集・優先証券とは?

優先証券の中身を本当に理解しているのか?

個人投資家の皆さん、特に投資初心者の人にとって、金融機関の言葉ほど、非常に難解で意味が分かりにくいものは、他にあまり無いと思えます。

一見安全そうに見える(見えるだけで、基本的には大きなリスクを伴っている金融商品が多数存在している)、債券関連の金融用語も、非常に難解です。

なぜ難解か、理由をご存じですか? 基本的に金融業界は、我々庶民の投資家から資金を集めて、手数料を稼ぐビジネスをしています。

と言う事は、個人投資家に内容を完璧に理解してもらっては困る訳です。内容をアヤフヤにして、よく分からないけど儲かりそう、というイメージでお金を出してもらう事に、最も頭脳を使っている訳ですね。(エリートが揃っているのですから、別の事に頭脳を使って欲しいもんですね!)

下記のような事を聞いた事、ありますか? 信じるか信じないかは、あなた次第ですが、この内容を読んで、どう感じるかで、あなたの投資レベルが判明します。

・金融業界そのものが、要は客から金をだまし取るために存在
・ウォール街で働く非常に多くの人間が、自分の仕事の内容を理解していない
・債券市場の用語は、意味を正確に伝えるより、部外者を惑わせるように出来ている


⇒参考コラム:そういえばサブプライムローンってどんな仕組みだったけ?

さっそくですが、理解が非常に難しい優先証券の中身について簡単に見ていきましょう。


 


優先証券は、リスクの塊だって事を認識せよ!

下記のイメージ図を見て、細かい話を省いて理解して欲しいのは株式並の非常に大きなリスクがあるって事です。もう、債券と考えない方が良いのではないでしょうか?

預金、各証券の相対的な位置づけの関係


例えば、上記の預金にあたる箇所で最近販売されているものに、バンクローンという商品があります。巷で販売されているバンクローン関連の投資信託は、クズ債券と言われるハイ・イールド債券と同等程度のデフォルト率を誇る、危険な代物。それよりもさらに、ハイリスクがあると言う事です。

⇒参考コラム:バンクローンの仕組みとリスク


利回りが高いが価格変動が大きいと言う事は、安全資産である債券と思わない方が良いと思います。というか、思うな!!と言いたいですね。



優先証券の利回り水準を見ると、すでに債券とは言えない

次に他の債券系の金融商品の、利回りの水準を比較しましょう。安全性の高い債券投資をしようとした場合は、信用度の高い先進国ソブリン債に、分散投資をする事になります。

優先証券と主要債券との利回り水準の比較


上記を見て、「そうか!!投資適格社債より少しばかり利回りが高いだけで、危険な債券と言われるハイ・イールド債券よりも低いではないか!!安心できそうだ!!」と理解してしまうと、金融機関側の営業マンは心の中でニヤける事でしょう。これが金融業界のエリートマンお得意の、プレゼンテーション力ですね・怒 。

⇒参考コラム:ハイ・イールド債券って魅力的なのでしょうか?


おそらく図の中には記載されていませんが、投資不適格社債と同等か、それ以上の利回りになっているのだと思います。基本的に、何も知らない個人投資家が資金を突っ込んでも良いという代物ではないです

優先証券という、危なくなさそうなネーミングに惑わされない事ですね。 返済される可能が低い債券って、もう債券とは言ってはならないほどだ、と思う管理人であります。



有事の際には、シャレにならない価格の暴落が発生する

株式並のリスクがどの程度なのか、本当にリスクを認識していますか? 下記をご覧ください。リーマンショックの金融危機の時には、優先証券の価格は半分以下になっています。

優先証券の価格リスクは非常に高い


その後は、時間をかけて価格が元に戻っていますね。ですが、非常に多くの個人投資家は、暴落して価格が半分になった時に、罵声と共に金融機関に殴りこんで、大底でそれを投げ売っている事でありましょう。

株式並のリスクがあると言う事は、泥船が沈む瞬間に全力で逃げ出す判断力と、全額売却する勇気が必要だと言う事です。というか、そのような事が出来れば、普通に個別株式の売買をやれるはずですけどね・・・。



結局は、楽して儲けたいと考える、あなたの心が一番の問題

なんだか、金融機関が「悪」に見えてきますが、問題は投資家達の考え方にもある訳ですね。簡単に儲けたいという需要に対して、頭が良くてズルがしこい連中が、彼らの欲望を満たす商品を提供しているだけなのですから。

⇒ コラム:投資信託で高み掴みして凍死家への道を歩む形跡を確認


金融機関の営業マンに惑わされず、投資商品を選定する力を身につけて頂きたいと思います。




毎月分配型投資信託・必須の用語集
毎月分配型投資信託コラム


 



みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方