岡三証券が80歳代の母親に2000万円も投資信託などを売りつけ

●投稿者:おかちゃんさま(年代不明・女性)2018年9月

はじめまして!私は株や投資のことは何もわからない素人です。83歳になる実家の母が 岡三証券の営業マンから、銀行に預けているよりもいいからということで次の銘柄を購入しました。毎月送られてくるはがきから分配金の数字を喜んで言われるがままに2000万以上も預金から移していました。

銘柄 口数 参考時価評価額 評価損益
世界eコマース 823,317 1,065,702円 65,701円
チャイワン 12,141,818 3,913,308円 -601,020円
住金支援機構債F 488,950 494,671円 -1,467円
グローバルハイイールドF 15,062,132 10,822,142円 -289,193円
ダイワ日本国債F 1,005,897 967,170円 -4,627円
コクサイ金融公社21009 5,000 556,150円 -5,350円
近鉄グループホールデイ社債 2,000 1,999,000円 -1,000円
(2018/8/30)合計金額 19,818,143円 -836,956円


何も知識のない者に、リスクの説明もほとんど知らされないまま(営業マンは説明したといっています)。とはいえ、母が現状を理解していないのは会話の中で分かっているはずです。

今にでもすべてを売却して、いつ施設に入らなければいけないかわからない時に備えたいのですが、損失を少なくするために 今スグ売却するのは得策ですか? 本当にド素人で 藁をおつかむ思いで 投稿しました。よろしくお願いします。



 

回答:直ちにすべてを売却して縁を切りましょう

おかちゃん様、大変な目に合いましたね。金融機関、特に証券会社はこのような強引すぎる営業を頻繁に行っており、極めて不誠実な事ですし、私もかなりの憤りを感じます。お母様が一生をかけて、恐らく苦労して貯蓄した大切なお金を、いとも簡単に傷つける行為、あるいは輩は、万死に値します。

当サイトにも、今までこれと同様のご相談をいくつか受けています。そういった相談と回答のページへのリンクを設置しておきますので、参考にして下さいませ。

母が購入した「野村米国ブランド株投資(アジア通貨)」の基準価額が半値になりました(10月)
三菱UFJモルガンスタンレー証券等で数千万円購入した毎月分配型投資信託の解約に悩む(8月)
高齢者に多額の投資信託を売りつける三菱UFJモルガンスタンレー証券(2016年8月)
定期預金の代わりに投資信託を買わされました(2016年7月)
78歳の母に三菱UFJモルガンスタンレー証券が2300万も投資信託を売りつけ(16年2月)
認知症直前の母に銀行が売りつけた投資信託を解約(2016年1月)
三井住友銀行がボッタクリ投資信託を解約させてくれない(2015年12月)
投資信託での手痛い失敗事例(2015年12月)


上記でも、常に同じことを回答させていただいておるのですが、購入、あるいは保有する事自体が失敗だと感じた商品は、損しているだけでなく、利益が出ていようが、全て売却するのが鉄則です

非常に分かりやすい例えをすると、これは男女の恋愛のようなものです。お相手の選択を「間違えた!」と思ったら、たとえ相手が金を持っていようが(利益が出ていようが)、縁を切るのが唯一の正解でしょう。

岡三証券の営業マンの不誠実な態度


今のところ、2000万円に対して約4%強の損失で済んでいます。これは、買わされた商品が、たまたま価格が暴落しにくい債券を対象にしたものが多いからであって、世界eコマース、チャイワン、グローバルハイイールドFのような、非常に値動きの荒い(金融の世界ではリスクが高いと言います)ものばかりであったら、恐らくもっと非常に大きな損失が出ていた可能性もあります。

そういう意味では、まだ「不幸中の幸い」だと思いますので、傷口が広がらないうちに、ただちに損切りをしてしまって、(利益が出ている世界eコマースも売却ですよ)、岡三証券とは縁を切りましょう。

また、株や投資信託の素人と言う事であれば、なおさらですね。投資信託などに興味が出たら、勉強してからもう一度買えば良いだけで、不勉強な状態で、価格が大幅に変動するような商品を手元に置いておくのは、あまりにも危険すぎます。

ところで、今回の件で岡三証券の責任を追及したいという気持ちが強いのであれば、78歳の母に三菱UFJモルガンスタンレー証券が2300万も投資信託を売りつけのページをご覧いただき、法的に対処できるのかを検討すると宜しいでしょう。

個人的には、そんな事をやっても、よほどの証拠が無ければ責任を取ってもらうのは非常に困難だと思いますし、大企業相手に訴訟沙汰になったとしても、解決までにかなりの時間を要します。

ただでさえ忙しい毎日を送っているのに、お気持ちは分かりますが、カッとなってそんな事をやるのは負担が大きすぎて、余計に精神的な負担が増すだけだと思います。

これが2000万円が消失したとなれば話は別ですが・苦笑、4%程度の損切りで縁切りをできるのならば、サッサと縁起の悪い会社や営業マンとのつながりを断ち切り、平穏無事な生活を取り戻すのが吉だと思います。

もちろん、これは私がそう思うからそのように答えているだけと言う側面もあり、おかちゃん様が「どうしても許せない!」と考える場合は、徹底的に戦う事をお止めする事は致しません。



おかちゃん様からお返事を頂きました


返信どうもありがとうございました。ここ数日間の胸のつかえが取れ、売却の決心をすることができました。相談することがこのサイトででき、本当に助かりました。


これ以外に、投資信託の虎のFacebookページにも、以下のようなコメントがありました。本当に困った事です。もちろん、訳が分かっていないと思われる人に売りつけるほうが断然悪いのですが、私たちも、極力それに抵抗出来るような最低限の知識は身に付けたいですね。




 

みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方