しんきん世界好配当利回り株ファンド・・・ただ一言「これはダメですね」

(2018年9月17日公開)

全国の信用金庫で安定的に売れている商品のようで有るが、詳細をチェックしてみると、もうほとんど価値の無いしょーもない投資信託であると分かる。本ページを読むだけで、ダメな投資信託の大半を避ける事が出来ると思うので、楽しんで読んでいっていただきたいと思う。

しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)


  • 運用目標たる参考指標を長期的に下回るリターンしか出せていない
  • 分配金の多くが元本払戻金と思われ、利益から捻出できていない
  • 最低限「負けない投資信託」を選ぶのが、投資家への第一歩


 


まず、運用目標の参考指標に大きく劣る成績がダメすぎる


しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)は、シンプルな投資信託です。日本を除く先進各国の高配当株に投資をして、安定的に分配金を得つつも、値上がり益も享受する事を目指しています。市場平均(つまりインデックスファンド)よりも高いリターンを出す事が使命の、アクティブファンドです。

アクティブ運用の投資信託はコストが高く、しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)も購入時に2.5%の手数料と、毎年1.4%もの信託報酬がかかります。(インデックスファンドは手数料ゼロで、信託報酬も0.5%以下、最近は0.3%以下くらいです。)

となると、当然のことながら、同じ運用目標を持つインデックスファンドと比較して、リターンが買っていないと、買う価値は無いという事になります。

と言う事で、しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)の参考指標であるMSCI-KOKUSAI インデックス(除く日本)をベンチマークとしたインデックスファンドで、運用歴が長いSMT グローバル株式インデックス・オープン(信託報酬0.5%)と、リターンを比較してみます。

しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)とインデックスファンドとのリターン比較


結果は、1年で見ても長期の10年で見ても、インデックスファンドに継続的にかなりの負けを喫している事が分かります。このようなアクティブ運用の投資信託に、投資価値はありません。

仮に1000万円を投資していた場合、上記の過去3年のリターンでも、約10%もの非常に大きな差をつけられて負けていた事になり、こんなものに投資していたら、3年で100万円もの利益を取り損ねた事になります。

値上がり益の追求を第一目的の1つとして挙げていながら、かなりの体たらくです。そして、投資する前から購入手数料で2.5%、同じく1000万円を投資していたら25万円を、このダメファンドに支払った訳で、まさに踏んだり蹴ったりとはこの事です。

なお、敗北の原因は、この数年で絶好調のアメリカの株式を、参考指標よりも20%も組み入れを減らしている点に尽きます。

しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)の成績が悪い理由


完全に、ファンドマネージャーとしての「読み」が外れた格好であり、絶好調の米国株を買えなかった事による多大な機会損失は、まさに大失態と言えるでしょう。

今後の運用方針として、「引き続き、経営力に秀で、質の高い、収益見通しのより明瞭な銘柄の発掘に注力し、特に明確な配当方針を持つ企業や、株主への利益還元に真剣に取り組む姿勢を明らかにしている企業を選好して投資するとともに、投資信託財産の成長を目指して運用を行います。 」などと説明しています。

しかし、投資の世界は実績が全てであり、今回のような恥ずかしい失敗をしている投資信託に、とても資金など託すわけにはいかないというのが、当サイト管理人の感想のほとんどを占めます。



分配金も、恐らく元本の取り崩しがかなり多いと思われる


次に、同じく運用の第一目的である「安定的に分配金を得る」点について、見ていきます。これなども、運用報告書を見れば一発であり、問題点が多いと考えます。以下、分配原資の内訳をご覧ください。

赤枠の「当期の収益(毎月の収益)」に対して、青線の「当期分配金(毎月の分配金)」が多すぎる事が分かります。当期の収益とは、この投資信託が受け取る配当金や、売買益がメインになります。

つまり、ファンドが受け取る利益に対して、それをはるかに上回る分配金を出しまくっている事がはっきりしており、これは恐らく、あなたが受け取っている分配金は利益から捻出されたものではなく、単にあなたの資金を取り崩しただけの、元本払戻金の割合が多大である事を示唆しています。

しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)の分配原資の内訳


このようなものが、安定的な分配などと言えるのでしょうか? こんな分配は、金融機関側があなたから金銭をぼったくるための誤魔化しにしか過ぎませんし、あなたからしたら単に妄想の世界でしかありません。利益を受け取っているようで、実はご自身のマネーが消耗しているという事ですね。

そもそも、しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)の投資先の配当利回りは、4%しかありません(4%でも、低くないと思います)。

しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)の配当利回り


それに対してしんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)の分配金利回りは9%以上もあります。

もちろん1年のリターンが13%ありますから、そこからの売買益を分配金に充てているのかもしれませんので、単純には比較できませんが、普通に考えると数字が合いませんから、分配金は元本払戻金の可能性が高いと思います。

しんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)の分配金利回り


もしも、あなたがしんきん世界好配当利回り株ファンド (毎月決算型)に投資をしているならば、念のために、ファンドからの通知を良く見直して見る事をお勧めします。

支払われている分配金が元本払戻金(あるいは特別分配金と表示されている可能性がある)であった場合、それは完全にタコ足分配ですから、そのようなご自身の資産を食い潰すような投資信託に、全く投資価値はありません。

なお、「インデックスファンドを買ったって、分配金が出ないじゃないか」という人もいると思います。・・・簡単です。お金が必要な時に、その分を取り崩せば良いだけですから。あるいは、SBI証券を使えば、投資信託定期売却サービスを利用する事もできます。



しんきん世界好配当利回り株ファンド(毎月決算型)の基本情報


・購入手数料:上限2.5%(税抜き)
・信託報酬:年率1.4%(税抜き)
・信託財産留保額:0.3%
・償還日:無期限(設定:2005年11月15日)
・運用:しんきんアセットマネジメント投信株式会社


この投資信託の購入は、全国の信用金庫からになります。一般の銀行や証券会社、あるいはネット証券などでは買う事は出来ません。ただし、自営業の人が信用金庫との付き合いを太くするような目的以外で、このような投資信託を買う必要など、全くありません。

目標未達の状態


両方に対して、全くダメダメでしたね。残念。・・・もしも信用金庫でこのような投資信託を勧められたら、こう言い返してみて下さい。

先進国に投資できるインデックスファンドを教えて下さい。あるいは、長期的にベンチマークに勝利している優秀なアクティブファンドだけを紹介して下さい。」と

たったこれだけの一言で、あなたの投資成果は今までよりも格段に上がる可能性が大です。と言っても、負け過ぎないようになるという意味ですからね。人に「何が良いか教えて下さい」と聞いているようでは、少なくとも投資の世界では、絶対に上手くいく筈がありません。


 


みなさまにお願い当サイトが参考になりましたら、ぜひブックマークやいいねをお願い致します!
★当サイト限定企画スタート★
SBI証券



メインメニュー

投資信託と分配金に関するQ&Aコーナー

目からウロコ・当サイト人気のコラム集

分配金のもらい方